乳がんとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 乳がんの意味・解説 

にゅう‐がん【乳×癌】

読み方:にゅうがん

乳腺にできる癌。40歳以上の女性多く初め乳房にしこりができるが、痛みはない。早期発見による切除のほか、放射線制癌剤による治療がある。


乳がん

乳腺にできるがん。子宮がん並んで女性のがんの代表的なものです。乳房触れてわかるしこり、乳房のへこみなどが初期症状なので、セルフチェックによる早期発見が重要といわれます
治療は、切除手術主流です。


乳がん

【仮名】にゅうがん
原文breast cancer

乳房の組織通常乳管母乳乳頭に送る管)および小葉母乳作る腺)に発生するがん。乳がんは男性と女性両者起こるが、男性の乳がんまれである

乳癌

(乳がん から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/30 19:43 UTC 版)

乳癌(にゅうがん、: Breast cancer:Brustkrebs、:Carcinoma mamae、略称:BC)とは、乳房組織に発生した癌腫のことである。発症者の大半は女性だが、ごく稀に男性にも発症する。40歳代後半から60歳代後半に多い[1]


  1. ^ 乳腺外科|クリニックフラウ栄|名古屋市中区栄-乳腺外科・婦人科” (日本語). クリニックフラウ栄. 2022年8月31日閲覧。
  2. ^ Breast Cancer Treatment (PDQ®)”. NCI (2014年6月26日). 2014年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月29日閲覧。
  3. ^ a b World Cancer Report”. International Agency for Research on Cancer (2008年). 2011年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月26日閲覧。
  4. ^ SEER Stat Fact Sheets: Breast Cancer”. NCI. 2014年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月18日閲覧。
  5. ^ Cancer Survival in England: Patients Diagnosed 2007–2011 and Followed up to 2012”. Office for National Statistics (2013年10月29日). 2014年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月29日閲覧。
  6. ^ a b World Cancer Report 2014. World Health Organization. (2014). pp. Chapter 5.2. ISBN 978-92-832-0429-9 
  7. ^ Klinefelter Syndrome”. Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child Health and Human Development (2007年5月24日). 2012年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月閲覧。
  8. ^ World Cancer Report 2014. World Health Organization. (2014). pp. Chapter 1.1. ISBN 978-92-832-0429-9 
  9. ^ Male Breast Cancer Treatment”. National Cancer Institute (2014年). 2014年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月29日閲覧。
  10. ^ Fei Wang, Xiang Shu, Ingrid Meszoely, et al. "Breast Cancer in Men vs Women." JAMA Oncol. Published online September 19, 2019. doi:10.1001/jamaoncol.2019.2803
  11. ^ 男性の乳癌患者の死亡率は女性患者より高い 日経メディカル 記事:2019/10/10
  12. ^ a b 男性にもある乳がん 支援団体が交流会/少ない情報 特有の悩み『埼玉新聞』2018年2月7日(15面)。
  13. ^ a b c d e 生理・生殖要因と乳がん罹患の関連について - 独立行政法人 国立がん研究センター(がん予防・検診研究センター 予防研究部)
  14. ^ 飲酒と乳がん罹患との関係について - 独立行政法人 国立がん研究センター(がん予防・検診研究センター 予防研究部)
  15. ^ a b 喫煙・受動喫煙と乳がん発生率との関係について - 独立行政法人 国立がん研究センター(がん予防・検診研究センター 予防研究部)
  16. ^ 20歳時体重、成人後の体重の変化と乳がん - 独立行政法人 国立がん研究センター(がん予防・検診研究センター 予防研究部)
  17. ^ Shift Work - IARC Monographs、2010年、国際がん研究機関(IARC)、2016年7月18日閲覧
  18. ^ Joshi D, Quadri M, Gangane N, Joshi R, Gangane N (2009). "Association of Epstein Barr virus infection (EBV) with breast cancer in rural Indian women". ProS One. 4 (12): e8180., PMC 2782138, PMID 19997605, doi:10.1371/journal.pone.0008180.
  19. ^ He JR, Chen LJ, Su Y, Cen YL, Tang LY, Yu DD, Chen WQ, Wang SM, Song EW, Ren ZF (2012). "Joint effects of Epstein-Barr virus and polymorphisms in interleukin-10 and interferon-γ on breast cancer risk". The Journal of Infectious Disease. 205 (1): 64-71., PMID 22095765, doi:10.1093/infdis/jir710.
  20. ^ Peng J, Wang T, Zhu H, Guo J, Li K, Yao Q, Lv Y, Zhang J, He C, Chen J, Wang L, Jin Q (2014). "Multiplex PCR/mass spectrometry screening of biological carcinogenic agents in human mammary tumors". Journal of Clinical Virology. 61 (2): 255-9., PMID 25088618, doi:10.1016/j.jcv.2014.07.010.
  21. ^ Fina F, Romain S, Ouafik L, Palmari J, Ben Ayed F, Benharkat S, Bonnier P, Spyratos F, Foekens JA, Rose C, Buisson M, Gérard H, Reymond MO, Seigneurin JM, Martin PM (2001). "Frequency and genome load of Epstein-Barr virus in 509 breast cancers from different geographical areas". British Journal of Cancer. 84 (6): 783-90., PMC 2363823, PMID 11259092, doi:10.1054/bjoc.2000.1672.
  22. ^ Hachana M, Amara K, Ziadi S, Romdhane E, Gacem RB, Trimeche M (2011). "Investigation of Epstein-Barr virus in breast carcinomas in Tunisia". Pathology - Research and Practice. 207 (11): 695-700., PMID 22024152, doi:10.1016/j.prp.2011.09.007.
  23. ^ Labrecque LG, Barnes DM, Fentiman IS, Griffin BE (1995). "Epstein–Barr virus in epithelial cell tumors: a breast cancer study". Cancer Research. 55 (1): 39-45., PMID 7805038, full text.
  24. ^ Mazouni C, Fina F, Romain S, Ouafik L, Bonnier P, Brandone JM, Martin PM (2011). "Epstein–Barr virus as a marker of biological aggressiveness in breast cancer". British Journal of Cancer. 104(2): 332-7., PMC 3031896, PMID 21179039, doi:10.1038/sj.bjc.6606048.
  25. ^ Marrão G, Habib M, Paiva A, Bicout D, Fallecker C, Franco S, Fafi-Kremer S, Simões da Silva T, Morand P, Freire de Oliveira C, Drouet E (2014). "Epstein–Barr virus infection and clinical outcome in breast cancer patients correlate with immune cell TNF-alpha/IFN-gamma response". BMC Cancer. 14: 665., PMC 4171567, PMID 25213133, doi:10.1186/1471-2407-14-665.
  26. ^ Hu H, Luo ML, Desmedt C, Nabavi S, Yadegarynia S, Hong A, Konstantinopoulos PA, Gabrielson E, Hines-Boykin R, Pihan G, Yuan X, Sotirious C, Dittmer DP, Fingeroth JD, Wulf GM (2016). "Epstein-Barr Virus Infection of Mammary Epithelial Cells Promotes Malignant Transformation". EBioMedicine. 9: 148-60., PMC 4972522, PMID 27333046, doi:10.1016/j.ebiom.2016.05.025.
  27. ^ 日本HBOCコンソーシアム(2019年7月25日閲覧)。
  28. ^ CQ3.BRCA1あるいはBRCA2遺伝子変異をもつ女性にリスク低減乳房切除術は勧められるか? 日本乳癌学会 乳癌診療ガイドライン(2019年7月25日閲覧)。
  29. ^ 「がん予防切除580件 乳房・卵巣 6割が都内4施設/本紙全国調査 保険適用外で限定的」『読売新聞』朝刊2019年12月3日(1面)2019年12月4日閲覧。
  30. ^ 【医療ルネサンス】No.7177 乳がん診療の課題(5)「遺伝性」自費で予防切除『読売新聞』朝刊2019年12月3日(くらし面)2019年12月4日閲覧。
  31. ^ 小倉拓也 他, 第19回日本乳癌学会学術総会, 2011
  32. ^ Osako T, et al. Diagnostic mammography and ultrasonography for palpable and nonpalpable breast cancer in women aged 30 to 39 years. Breast Cancer. 2007;14(3):255-9.
  33. ^ https://jbcs.gr.jp/guidline/guideline/g5/g51700/ 日本乳癌学会
  34. ^ Bakker MF, and others. Supplemental MRI Screening for Women with Extremely Dense Breast Tissue. N Engl J Med 2019; 381:2091-2102. DOI: 10.1056/NEJMoa1903986
  35. ^ Kuhl CK, et al. MRI for diagnosis of pure ductal carcinoma in situ: a prospective observational study. Lancet. 2007; 370(9586): 485-92., doi:10.1016/S0140-6736(07)61232-X
  36. ^ Effectiveness of and overdiagnosis from mammography screening in the Netherlands: population based study. BMJ 2017;359:j5224
  37. ^ Women Benefit from Mammography Screening Beyond Age 75
  38. ^ Robbins and Cotran Pathologic Basis of Disease 8the edition p1079-1089
  39. ^ Q27.病理検査でどのようなことがわかりますか。 日本乳癌学会
  40. ^ 乳がんの病期(ステージ)分類 国立がん研究センター がん情報サービス
  41. ^ 乳房にキズをつけない乳がん手術 がんナビ 2007年4月17日配信 2021年9月22日閲覧。
  42. ^ mTOR阻害剤エベロリムスが乳癌に適応拡大 がんナビ 2014年3月18日配信 2021年9月22日閲覧。
  43. ^ (旧版)科学的根拠に基づく 乳癌診療ガイドライン 1 薬物療法 2004年版 Minds ガイドラインライブラリ 2021年9月22日閲覧。
  44. ^ 乳がん 再建後も私らしいブラを/岡山大病院「やっとおっぱいと再会できた」『朝日新聞』夕刊2018年11月17日(1面)2018年11月20日閲覧。
  45. ^ 余暇運動と乳がん - 独立行政法人 国立がん研究センター(がん予防・検診研究センター 予防研究部)
  46. ^ 血中イソフラボン濃度と乳がん罹患との関係について - 独立行政法人 国立がん研究センター(がん予防・検診研究センター 予防研究部)
  47. ^ 大豆・イソフラボン摂取と乳がん発生率との関係について - 独立行政法人 国立がん研究センター(がん予防・検診研究センター 予防研究部)
  48. ^ 野菜・果物摂取と乳がん罹患との関連について - 独立行政法人 国立がん研究センター(がん予防・検診研究センター 予防研究部)
  49. ^ Dietary protein sources in early adulthood and breast cancer incidence: prospective cohort study. BMJ 2014; 348 doi:10.1136/bmj.g3437
  50. ^ WHO Disease and injury country estimates”. World Health Organization (2009年). 2009年11月11日閲覧。
  51. ^ 飯野祐介『よくわかる乳癌のすべて』(永井書店)p.27
  52. ^ tajima N, et al.,Descriptive epidemiology of male breast cancer in Osaka, Japan. J Epidemiol :1-7, 2001, doi:10.2188/jea.11.1
  53. ^ がん情報サービス「がん登録・統計」 (Report). 国立がん研究センター. https://ganjoho.jp/. 
  54. ^ 患者調査 43 推計退院患者数,性・年齢階級 × 傷病大分類 × 病院-一般診療所別 (公開用データ)”. 政府統計の総合窓口. 総務省統計局. 2019年3月21日閲覧。
  55. ^ a b 『やさしい腫瘍学』小林正伸 著 南江堂 p106
  56. ^ 参考書籍『癌の歴史』(著:P.ダルモン 版:新評論 刊:1997年)


「乳癌」の続きの解説一覧

乳がん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 14:31 UTC 版)

CHEK2」の記事における「乳がん」の解説

CHEK2遺伝子遺伝的変異は、乳がんの特定の症例関連付けられている。最も特筆すべきなのは、エクソン101100ヌクレオチド一塩欠失(1100delC)である。この変異によって、キナーゼドメインが切り詰められた機能持たないCHK2タンパク質産生される。正常なCHK2タンパク質喪失によって、細胞分裂調節異常DNA損傷蓄積生じ多くの場合腫瘍形成引き起こされるCHEK2*1100delC変異東欧北欧系で最も多くみられ、これらの集団内では100人から200人に1人割合みられる。しかし、北米ではその頻度333人から500人1人程度にまで低下するスペインインドではほぼ見られないCHEK2*1100delC変異は乳がんのリスク2倍男性では10倍増加させることが研究示されている。 FHAドメインエクソン3のI157T変異も乳がんと関連付けられているが、1100delC変異よりもリスクは低い。アメリカ合衆国では乳がんの約1.2%がこの変異原因とするものである推計されている。 さらに2つ遺伝的変異、キナーゼドメインのエクソン11のS428F変異N末端領域エクソン1のP85L変異アシュケナジム集団で発見されている。ヒスパニック集団におけるCHEK2変異創始者効果存在示唆されている。

※この「乳がん」の解説は、「CHEK2」の解説の一部です。
「乳がん」を含む「CHEK2」の記事については、「CHEK2」の概要を参照ください。


乳がん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 16:11 UTC 版)

がん検診」の記事における「乳がん」の解説

マンモグラフィー検査40歳74歳受診に対して死亡率減少効果証明されており、対策型検診と任意型検診両者推奨されるまた、4064歳受診者ではマンモグラフィー検査視触診併用でも死亡率減少効果証明されており、対策型検診と任意型検診両者推奨される40歳未満では乳がんの発症自体少なく死亡率減少効果判定することが困難であるが、十分に説明の上任意検診使用することは否定されない。 視触診単独法や超音波検査死亡率減少効果評価した研究少なく現時点では有用性評価困難であるが、十分に説明の上任意検診使用することは否定されない。

※この「乳がん」の解説は、「がん検診」の解説の一部です。
「乳がん」を含む「がん検診」の記事については、「がん検診」の概要を参照ください。


乳がん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 03:51 UTC 版)

日本臨床腫瘍研究グループ」の記事における「乳がん」の解説

乳癌に対するさまざまな化学療法内分泌療法比較試験実施している。

※この「乳がん」の解説は、「日本臨床腫瘍研究グループ」の解説の一部です。
「乳がん」を含む「日本臨床腫瘍研究グループ」の記事については、「日本臨床腫瘍研究グループ」の概要を参照ください。


乳がん(乳房温存療法)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 09:53 UTC 版)

トモセラピー」の記事における「乳がん(乳房温存療法)」の解説

概ねDカップ上ではIMRTのほうが均一な照射可能であるという。

※この「乳がん(乳房温存療法)」の解説は、「トモセラピー」の解説の一部です。
「乳がん(乳房温存療法)」を含む「トモセラピー」の記事については、「トモセラピー」の概要を参照ください。


乳がん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/21 16:29 UTC 版)

Src (遺伝子)」の記事における「乳がん」の解説

EGFRはc-Srcを活性化するが、EGFもc-Srcの活性上昇させる加えて、c-Srcの過剰発現は、EGFR媒介する過程の応答高める。したがって、EGFRとc-Srcはどちらも互い効果増強する。c-Srcの発現レベルの上昇は、正常組織比較してヒト乳がん組織見られるヒト上皮成長因子受容体2 (HER2) の過剰発現は、乳がんにおける予後悪さ関連している。ゆえに、c-Srcは乳がんの悪性化において重要な役割果たしている。

※この「乳がん」の解説は、「Src (遺伝子)」の解説の一部です。
「乳がん」を含む「Src (遺伝子)」の記事については、「Src (遺伝子)」の概要を参照ください。


乳がん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 15:31 UTC 版)

H19」の記事における「乳がん」の解説

正常な乳房組織は、思春期妊娠中乳腺除いてH19 RNA発現していない。 しかし乳がんでは、乳腺がんの72.5%で正常な乳房組織比較してH19発現の上昇がみられた。H19アップレギュレーションがみられた組織のうち、92.2%は間質細胞であり、上皮細胞はわずか2.9%であったまた、他の研究でも乳がん細胞でのH19過剰発現増殖促進することが示されている。これらの細胞でのH19発現は、がん抑制タンパク質p53細胞周期マーカーKi-67依存していない。がん抑制タンパク質Rb転写因子E2F6の存在は、乳がん細胞でのH19発現抑制十分である乳腺がん細胞MCF-7H19遺伝子発現しないが、MCF-7由来多剤耐性系統MCF-7/AdrVpではH19アップレギュレーションされている興味深いことに多剤耐性失い薬剤感受性となったMCF-7/AdrVpの復帰変異細胞H19発現喪失している。薬剤耐性MCF-7/AdrVp細胞では、多剤耐性細胞一般的にみられる細胞膜排出ポンプであるP糖タンパク質過剰発現はみられず、その代わりに95 kDaの膜糖タンパク質p95(NCA-90)の過剰発現みられる。p95(NCA-90)は癌胎児性抗原関係しており、薬剤毒性低下させることが示されている。 多剤耐性を示すヒト肺癌細胞株NCI-H1688も、p95(NCA-90)とH19過剰発現している。他の多剤耐性細胞株では、p95(NCA-90)とH19の共過剰発現見つかっていない。

※この「乳がん」の解説は、「H19」の解説の一部です。
「乳がん」を含む「H19」の記事については、「H19」の概要を参照ください。


乳がん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 10:05 UTC 版)

LGBTに関連した医療テーマ」の記事における「乳がん」の解説

Katherine A. O'Hanlan によると、レズビアンは「世界中のどのサブセット女性でも、乳がんの危険因子多く含んでいた。」と述べている。加えてレズビアンにおけるマンモグラフィー継続的な検診胸部自己診断法Breast self-examination)、医療機関での胸部検査などの低さ指摘されている。

※この「乳がん」の解説は、「LGBTに関連した医療テーマ」の解説の一部です。
「乳がん」を含む「LGBTに関連した医療テーマ」の記事については、「LGBTに関連した医療テーマ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「乳がん」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「乳がん」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乳がん」の関連用語

乳がんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乳がんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2022 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乳癌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのCHEK2 (改訂履歴)、がん検診 (改訂履歴)、日本臨床腫瘍研究グループ (改訂履歴)、トモセラピー (改訂履歴)、Src (遺伝子) (改訂履歴)、H19 (改訂履歴)、LGBTに関連した医療テーマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS