ブラジャーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ブラジャーの意味・解説 

ブラジャー【brassiere】

読み方:ぶらじゃー

乳房保護し、胸の形を整えるための女性用下着ブラ

「ブラジャー」に似た言葉

ブラジャー

作者向田邦子

収載図書冬の運動会
出版社文芸春秋
刊行年月1998.1
シリーズ名文春文庫


ブラジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 07:47 UTC 版)

ブラジャー: brassiere[† 1]ケベック・フランス語brassière[† 2])は、主に女性が衣服の下に着ける下着。略してブラ: bra[† 3])とも称される。


注釈

  1. ^ イギリス英語発音:[ˈbræziə(r)] ブラーズィア、アメリカ英語発音:[brəˈzɪr] ブラズィー
  2. ^ フランス語発音: [brasjɛːr] ブラッスィエール。※注:カナダではアメリカ文化の影響で brassière はいわゆる「ブラジャー」を意味するが、フランスで brassière と言えば「(長袖で丈が短い)ベビー用シャツ」「救命胴衣」「負い紐」の意味になる。
  3. ^ 英語発音: [brɑː] ブラー
  4. ^ 「Bカップの女性の胸囲がCカップの女性よりも大きい」という場合もある。
  5. ^ 例えば、A80、B75、C70、D65は、いずれも概ね同等のカップ容量である。Library Body Navigation(ワコール)

出典

  1. ^ 立花 2010, p. 5.
  2. ^ サン=ローラン 1981, pp. 22–23.
  3. ^ “1千年前の女性下着発掘 中国、ブラジャーそっくり”. 新華社. 共同通信. (2006年4月17日). オリジナルの2014年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140808180806/http://www.47news.jp/CN/200604/CN2006041801000291.html 2011年9月17日閲覧。 
  4. ^ 立花 2010, pp. 19–20.
  5. ^ 立花 2010, pp. 54–55, 57.
  6. ^ 立花 2010, pp. 62, 67, 70–71.
  7. ^ a b c d e f ブラジャーの種類・構造とは?おすすめのブラジャーも紹介!”. San-ai Resort 三愛水着. 2022年2月22日閲覧。
  8. ^ こや (2006年2月8日). “日本女性のブラジャーの平均サイズは?”. Excite Bit コネタ - エキサイトニュース (エキサイト). オリジナルの2013年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2013-0309-1829-16/www.excite.co.jp/News/bit/00091139306492.html 2017年10月25日閲覧。 
  9. ^ “女性の胸のサイズ、Aカップ率が過去最低に - Fカップが上回る”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年6月22日). http://news.mynavi.jp/news/2015/06/22/262/ 2017年10月25日閲覧。 
  10. ^ 榎本麻衣子 (2017年6月16日). “ブラの売上「Dカップ以上」が5割超え! でも実際のカップサイズ1位はなんと…【女性3,000人調査】”. CanCam.jp. 小学館. 2017年10月25日閲覧。
  11. ^ a b 日本アパレル工業技術研究会, ed (1998-02-20). ファンデーションのサイズ. 日本工業標準調査会. JIS L4006 
  12. ^ 下着の基礎知識 不具合の原因は?
  13. ^ 女の子のための肌着教室”. グンゼ. 2020年7月6日閲覧。
  14. ^ wacoal junior”. ワコール. 2020年7月6日閲覧。
  15. ^ a b つけはじめにおすすめ”. ワコール・ウィングプリリ・ホワイトデイズ. 2020年7月17日閲覧。
  16. ^ ジュニアブラのつけ方”. ガールズばでなび. ワコール. 2020年7月6日閲覧。
  17. ^ バストの成長3STEP”. ワコールジュニア. 2020年7月6日閲覧。
  18. ^ Hijuni(ハイジュニ)”. アツギ. 2020年7月18日閲覧。
  19. ^ ナイトブラ(夜用ブラ)ってなに?”. ワコール. 2020年7月6日閲覧。
  20. ^ マタニティのバストの変化
  21. ^ 「ナイトブラでバストが大きくなる」は迷信!? ナイトブラにまつわるウソとホント キレイの知恵袋
  22. ^ Longest bra chain, Guinness World Records



ブラジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 03:51 UTC 版)

ファウンデーション (服飾)」の記事における「ブラジャー」の解説

バスト部分補正する下着

※この「ブラジャー」の解説は、「ファウンデーション (服飾)」の解説の一部です。
「ブラジャー」を含む「ファウンデーション (服飾)」の記事については、「ファウンデーション (服飾)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ブラジャー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ブラジャー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ブラジャーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブラジャーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブラジャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのファウンデーション (服飾) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS