晒とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 曲名 > の意味・解説 

さらし【晒・曝】

〔名〕 (動詞「さらす(晒)」の連用形名詞化

① 日にあててほすこと。また、薬品などで処理して布を白くすること。

仮名草子恨の介(1609‐17頃)上「宇治橋本扇の芝の島にてさらしする」

② さらして白くした木綿さらしもめんまた、さらして白くした麻布。《季・夏

延喜式(927)一「春日神四座祭神料〈略〉曝布(さらし)一端八尺

高野山文書‐(文祿元年)(1592)三月一二日・興山上応其書状「殊曝弐疋贈給候」

江戸時代刑罰一つ追放遠島・磔(はりつけ)などの罪人世人見せしめのため、高札をたててさらしものとした付加刑通常さらし場三日限度として行なわれた。

晒&wc3;〈Sketches of Japanese Manners & Customs〉の画像

旧記拾要集‐六・天和二年(1682)八月一一日(古事類苑法律三八)「江戸中引廻し日本橋三日さらし」

帷子(かたびら)をいう女房詞。〔公家言葉集存(1944)〕

(5) 上方唄・箏唄。山城京都府)の宇治川麻布晒す情景音楽化した作。歌舞伎所作事越後獅子」「晒女(さらしめ)」などの一部用いられている。

(6) =さらし(晒)の合方

歌舞伎・暫(日本古典全書所収)(1714)「幕外景政太刀をかつぎ、きっと見得、さらしになり」


さら・す【晒・曝・曬】

〔他サ五(四)

日光にあてておく。干す。

常陸風土記717‐724頃)那賀「布を浣(あら)ひ、曝(さら)し乾せり」

天草本伊曾保(1593)と烏の事「saraite(サライテ) ヲイタ ヒツジノ カワノ ウエニ」

② 布などの色を白くするために、灰汁(あく)で煮たのちで洗って日光に干す。単にで洗って日光にあてて白くすることもあり、現代では薬品で処理して白くする。

万葉(8C後)一四・三三七三「多摩川に左良須(サラス)手作りさらさらになにそこの児のここだ愛(かな)しき」

古今(905‐914)雑上・九二四「たがためにひきてさらせるぬのなれや世をへてみれどとる人もなき〈承均〉」

③ 洗う。

万葉(8C後)七・一一五一大伴の御津の浜辺を打ち曝(さらし)寄せ来る浪の行方知らずも」

屋外に置いて雨風の当たるままにしておく。

東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「東の国の人は道の辺に骸をば曝(サラシ)」

(5) あらわに人に示す。広く人々目に触れるようにする。あまねく世間知らせる。

*竹取(9C末‐10C初)「まづ射殺して外にさらさんと思ひ侍る

日葡辞書(1603‐04)「トガヲ sarasu(サラス)〈訳〉罪を人に示す」

(6) いつどうなるかわからないような、好ましくない状況に置く。

肉体の悪魔1946)〈田村泰次郎〉「これらの陣地は絶えず敵襲に曝されてゐた」

(7) 目をある物に向けて見開いたままにしている。ある物を見ることに専念する。

日葡辞書(1603‐04)「ガクモンニ マナコヲ sarasu(サラス)」

談義本風流志道軒伝(1763)一「日夜朝暮仏経に眼をさらし」

(8) さらしの刑に処する(きょう)す。

浄瑠璃傾城反魂香(1708頃)三熊野親子諸共獄門にさらさるべし

(9) 相場で、売買注文市場に出す。売買をする。


され【曝・晒】

語素〕 (ラ行下二段活用動詞「さる(曝)」の連用形から) 名詞の上に付いて長いあいだ日光風雨などに当たって変色したり形がくずれたりしているなどの意を添える。「されいた」「されがい」「されこうべ」「されまつ」など。


しゃれ【曝・晒】

語素〕 (「され(曝)」の変化した語) 名詞の上に付いて、長く天日風雨にさらされて古くなって変色したり、形がくずれたりしている、などの意を添える。「しゃれいし」「しゃれこうべ」「しゃれがい」など。


しゃ・れる【曝・晒】

〔自ラ下一〕 [文]しゃ・る 〔自ラ下二〕 (「される(曝)」の変化した語)

長い間日光風雨にさらされて色や形が変わる。さらされて白くなる

謡曲山姥(1430頃)「それが雨露に打たれ、〈略〉それがしゃれて白髪になって」

歌舞伎水滸伝(1886)「四つ金文字に曝(シャ)れ光り失せ荒寺に」

白色黒色対照がはっきりする。

浄瑠璃聖徳太子絵伝記(1717)真の立花黒白(こくびゃく)しゃれた馬取也」


さ・る【曝・晒】

1 〔自ラ四〕 長い間太陽風雨にさらされたため、色があせたり形が変じたりする。

霊異記810‐824)下「身を投げ、骨を曝(サリテ)、髑髏の中、舌を著けて爛れず。〈真福寺訓釈 曝 サリテ〉」

2 〔自ラ下二〕 ⇒される(曝)


しゃ・る【曝・晒】

〔自ラ下二〕 ⇒しゃれる(曝)


さ・れる【曝・晒】

〔自ラ下一〕 [文]さ・る 〔自ラ下二

長い間太陽風雨にさらされて、色があせたり形が変わったりする。

散木奇歌集(1128頃)雑上「かねてより思へば悲し陸奥のたてふに骨のされんとすらん」

古びたために、かえってしみじみとした趣がある

報恩録(1474)上「従は、驀白にされきった境界を取る也」

あかぬけしている。こざっぱりしている。

仮名草子都風俗鑑(1681)二「前垂のひもをしりにかけ、ひきはせたるは、中々されたる有さま也」



読み方:サラシsarashi

木綿布または麻布をさらして白くしたもの

季節

分類 人事


読み方
さらし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/18 04:44 UTC 版)

(さらし)とは織物から不純物をとりのぞき漂白する工程、また漂白された糸でできた織物[1]。現代では過酸化水素水晒粉を用いて化学的に色素を抜く手法がとられる[2]が、積雪と日光を用いた「雪晒」(ゆきざらし)、天日と水を用いた「野晒」「天日晒」などの伝統もある[3][2]。そのままでは染色に適さない木綿に対して行われる[3]。「さらし」のみで晒木綿を指す場合もある[4]


  1. ^ 六尺の長さの晒木綿を用いることから「六尺褌」とも呼ばれた[6]
  1. ^ a b 『被服学辞典』 162頁、安喰功「晒」
  2. ^ a b 『繊維の百科事典』「晒(さらし)」
  3. ^ a b c d 『きもの用語大辞典』 413頁
  4. ^ a b c d 『日本国語大辞典』「さらし-もめん」
  5. ^ 石田節子・斉藤房江『着物ことはじめ事典』マイナビ出版、2015年、29頁
  6. ^ a b 『きもの用語大辞典』 536頁
  7. ^ 菅原勇勝『柔道整復治療法 I』 ヘルス・システム研究所、2004年、58頁


「晒」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 23:46 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



晒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「晒」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||



7
100% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||


晒のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



晒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの晒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS