演奏者とは? わかりやすく解説

演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/29 02:26 UTC 版)

演奏者えんそうしゃは、楽器などの演奏を通じて音楽表現を行う者。単に奏者とも。芸術作品である楽曲を創造する作曲者およびそれを享受する聴衆(享受者)に対して、目に見えにくい芸術作品としての楽曲の再生(再生芸術)を行い、作曲者と聴衆の間を媒介する役目を担うのが演奏者である。


  1. ^ ただし、今日においても即興演奏が全く行われなくなった訳ではない。
  2. ^ ただし、それを100%表現することは困難で不完全な指示力しか有しない。


「演奏者」の続きの解説一覧

演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 09:51 UTC 版)

もう止まらない」の記事における「演奏者」の解説

小林正俊 - ボーカル 多田紀彦 - ギター 奥崇訓 - ベース井幹也 - ドラムス 奥迫博俊 - キーボード 表 話 編 歴 魔法陣グルグル メディア展開 アニメ アニメ第1作 OP1.MAGIC OF LOVE - 2.晴れてハレルヤ ED1.Wind Climbing風にあそばれて〜 - 2.もう止まらない 劇場版 OP金のトビラ EDLOVE GOES ドキドキ伝説アニメ第2作OPダイナマイトヘブン ED1.西の空へ - 2.Enjoy the party アニメ第3作 OP1.Trip Trip Trip - 2.流星ダンスフロア ED1.Round&Round&Round - 2.Magical Circle ゲーム SFC魔法陣グルグル (ゲーム) - 魔法陣グルグル2 (ゲーム) GB魔法陣グルグル勇者とククリの大冒険GBCドキドキ♡伝説 魔法陣グルグル(ゲーム) 外伝漫画舞勇伝キタキタ 登場人物魔法陣グルグルの登場人物 関連項目衛藤ヒロユキ - エニックス - スクウェア・エニックス - 朝日放送 - テレビ東京 - 日本アニメーション - Production I.G - テレ朝木曜19時台アニメ - TX平日18:00アニメ - テレビ東京の深夜アニメ枠 .mw-parser-output .asbox{position:relative;overflow:hidden}.mw-parser-output .asbox table{background:transparent}.mw-parser-output .asbox p{margin:0}.mw-parser-output .asbox p+p{margin-top:0.25em}.mw-parser-output .asbox{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox-note{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox .navbar{position:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none} この項目は、シングル関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJ 楽曲)。

※この「演奏者」の解説は、「もう止まらない」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「もう止まらない」の記事については、「もう止まらない」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/22 15:15 UTC 版)

月光蟲」の記事における「演奏者」の解説

大槻ケンヂ - ボーカル 橘高文彦 - ギター 本城聡章 - ギター 内田雄一郎 - ベース 太田明 - ドラムス 潮崎裕己 - キーボードゲスト秦野猛行(ハタノタケユキ名義) - キーボードゲスト久保田安紀AKI名義) - ボーカル(#5)、コーラスゲスト) 表 話 編 歴 筋肉少女帯大槻ケンヂ - 内田雄一郎 - 本城聡章 - 橘高文彦太田明 - 美濃介 - 関口博史 - 石塚BERA伯広 - 友森昭一サポートメンバー:三柴理 - 長谷川浩二 シングル オリジナル indies.高木ブー伝説 - 1.釈迦 - 2.元祖高木ブー伝説 - 3.サボテンとバントライン - 4.踊るダメ人間 - 5.氷の世界 - 6.バトル野郎〜100万人の兄貴〜 - 7.暴いておやりよドルバッキー - 8.君よ!俺で変われ! - 9.蜘蛛の糸 - 10.香菜、頭をよくしてあげよう - 11.リルカの葬列 - 12.トゥルー・ロマンス - 13.僕の歌を総て君にやる - 14.小さな恋のメロディ - 15.タチムカウ -狂い咲く人間の証明- - 16.221B戦記筋肉少女帯水木一郎) - 17.仲直りのテーマ - 18.ツアーファイナル - 19.混ぜるな危険 - 20.週替わりの奇跡の神話 その他 ボヨヨンロックまんが道) - 地獄のアロハ筋肉少女帯人間椅子アルバム オリジナル indies1.とろろの脳髄伝説 - indies2.ノゾミ・カナエ・タマエ - 1.仏陀L - 2.SISTER STRAWBERRY - 3.猫のテブクロ - 4.サーカス団パノラマ島へ帰る - 5.月光蟲 - 6.断罪!断罪!また断罪!! - 7.エリーゼのために - 8.UFOと恋人 - 9.レティクル座妄想 - 10.ステーシーの美術 - 11.キラキラと輝くもの - 12.最後の聖戦 - 13.新人 - 14.シーズン2 - 15.蔦からまるQの惑星 - 16.THE SHOW MUST GO ON - 17.おまけのいちにち(闘いの日々) ベスト 1.筋肉少女帯 ナゴム全曲集 - 2.筋少の大車輪 - 3.筋少の大水銀 - 4.筋少MCAビクター在籍時 BEST&CULT - 5.SAN FRANCISCO - 6.スーパー・バリュー/筋肉少女帯 - 7.GOLDEN☆BEST 筋肉少女帯〜ユニバーサルミュージック・セレクション〜 - 8.筋肉少女帯 ナゴムコレクション - 9.筋肉少女帯 復活究極ベスト 大公式 - 10.大公式2 ライブ 1.80年代筋肉少女帯 - 2.筋少の大海賊 vol.1 - 3.筋少の大海賊 vol.2 セルフカバー 1.公式セルフカバーベスト 4半世紀 サウンドトラック 1.CRAZY MAX 1st. PRODUCED BY KING-SHOW 映像作品 1.KIN-SHOWの大残酷 - 2.筋肉少女帯 at 武道館 - 3.三年殺し - 4.筋少祭りだ!90分 - 5.science fiction double feature筋肉少女帯 Live & PV-clips〜 - 6.80's筋少Live & clip - 7.THE・仲直り!復活!筋肉少女帯サーカス団パノラマ島へ帰る'06〜 - 8.SPACE SHOWER ARCHIVE 筋肉少女帯 LIVE 9103 - 9.サーカス団、武道館へ帰る - 10.三年殺し & KIN-SHOWの大残酷 - 11.どこへでも行ける切手 初期アルバム 1st〜8th曲限定ライブSP - 12.心の折れたエンジェル 2011.5.28 赤坂BLITZ再結成以降曲集ライブDVD〜 - 13.筋少動画01 - 14.筋肉少女帯メジャーデビュー25周年記念「4半世紀 LIVE」 at 中野サンプラザ 2013.6.22 - 15.THE SHOW MUST GO ONLive In OSAKA~ - 16.おまけのいちにち(闘いの日々)TOUR 初日 in TOKYO 関連項目 ナゴムレコード - トイズファクトリー - ユニバーサルミュージック (日本) - 徳間ジャパンコミュニケーションズ この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「月光蟲」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「月光蟲」の記事については、「月光蟲」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/17 21:48 UTC 版)

断罪!断罪!また断罪!!」の記事における「演奏者」の解説

大槻ケンヂ - ボーカル 橘高文彦 - ギター 本城聡章 - ギター 内田雄一郎 - ベース 太田明 - ドラムス 潮崎裕己 - キーボードゲスト久保田安紀 - コーラスゲスト) 表 話 編 歴 筋肉少女帯大槻ケンヂ - 内田雄一郎 - 本城聡章 - 橘高文彦太田明 - 美濃介 - 関口博史 - 石塚BERA伯広 - 友森昭一サポートメンバー:三柴理 - 長谷川浩二 シングル オリジナル indies.高木ブー伝説 - 1.釈迦 - 2.元祖高木ブー伝説 - 3.サボテンとバントライン - 4.踊るダメ人間 - 5.氷の世界 - 6.バトル野郎〜100万人の兄貴〜 - 7.暴いておやりよドルバッキー - 8.君よ!俺で変われ! - 9.蜘蛛の糸 - 10.香菜、頭をよくしてあげよう - 11.リルカの葬列 - 12.トゥルー・ロマンス - 13.僕の歌を総て君にやる - 14.小さな恋のメロディ - 15.タチムカウ -狂い咲く人間の証明- - 16.221B戦記筋肉少女帯水木一郎) - 17.仲直りのテーマ - 18.ツアーファイナル - 19.混ぜるな危険 - 20.週替わりの奇跡の神話 その他 ボヨヨンロックまんが道) - 地獄のアロハ筋肉少女帯人間椅子アルバム オリジナル indies1.とろろの脳髄伝説 - indies2.ノゾミ・カナエ・タマエ - 1.仏陀L - 2.SISTER STRAWBERRY - 3.猫のテブクロ - 4.サーカス団パノラマ島へ帰る - 5.月光蟲 - 6.断罪!断罪!また断罪!! - 7.エリーゼのために - 8.UFOと恋人 - 9.レティクル座妄想 - 10.ステーシーの美術 - 11.キラキラと輝くもの - 12.最後の聖戦 - 13.新人 - 14.シーズン2 - 15.蔦からまるQの惑星 - 16.THE SHOW MUST GO ON - 17.おまけのいちにち(闘いの日々) ベスト 1.筋肉少女帯 ナゴム全曲集 - 2.筋少の大車輪 - 3.筋少の大水銀 - 4.筋少MCAビクター在籍時 BEST&CULT - 5.SAN FRANCISCO - 6.スーパー・バリュー/筋肉少女帯 - 7.GOLDEN☆BEST 筋肉少女帯〜ユニバーサルミュージック・セレクション〜 - 8.筋肉少女帯 ナゴムコレクション - 9.筋肉少女帯 復活究極ベスト 大公式 - 10.大公式2 ライブ 1.80年代筋肉少女帯 - 2.筋少の大海賊 vol.1 - 3.筋少の大海賊 vol.2 セルフカバー 1.公式セルフカバーベスト 4半世紀 サウンドトラック 1.CRAZY MAX 1st. PRODUCED BY KING-SHOW 映像作品 1.KIN-SHOWの大残酷 - 2.筋肉少女帯 at 武道館 - 3.三年殺し - 4.筋少祭りだ!90分 - 5.science fiction double feature筋肉少女帯 Live & PV-clips〜 - 6.80's筋少Live & clip - 7.THE・仲直り!復活!筋肉少女帯サーカス団パノラマ島へ帰る'06〜 - 8.SPACE SHOWER ARCHIVE 筋肉少女帯 LIVE 9103 - 9.サーカス団、武道館へ帰る - 10.三年殺し & KIN-SHOWの大残酷 - 11.どこへでも行ける切手 初期アルバム 1st〜8th曲限定ライブSP - 12.心の折れたエンジェル 2011.5.28 赤坂BLITZ再結成以降曲集ライブDVD〜 - 13.筋少動画01 - 14.筋肉少女帯メジャーデビュー25周年記念「4半世紀 LIVE」 at 中野サンプラザ 2013.6.22 - 15.THE SHOW MUST GO ONLive In OSAKA~ - 16.おまけのいちにち(闘いの日々)TOUR 初日 in TOKYO 関連項目 ナゴムレコード - トイズファクトリー - ユニバーサルミュージック (日本) - 徳間ジャパンコミュニケーションズ この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「断罪!断罪!また断罪!!」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「断罪!断罪!また断罪!!」の記事については、「断罪!断罪!また断罪!!」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/10 00:08 UTC 版)

UFOと恋人」の記事における「演奏者」の解説

大槻ケンヂ - ボーカル 橘高文彦 - ギター 本城聡章 - ギター 内田雄一郎 - ベース 太田明 - ドラム 秦野猛行 - キーボードゲスト) 安紀 - コーラスゲスト) 表 話 編 歴 筋肉少女帯大槻ケンヂ - 内田雄一郎 - 本城聡章 - 橘高文彦太田明 - 美濃介 - 関口博史 - 石塚BERA伯広 - 友森昭一サポートメンバー:三柴理 - 長谷川浩二 シングル オリジナル indies.高木ブー伝説 - 1.釈迦 - 2.元祖高木ブー伝説 - 3.サボテンとバントライン - 4.踊るダメ人間 - 5.氷の世界 - 6.バトル野郎〜100万人の兄貴〜 - 7.暴いておやりよドルバッキー - 8.君よ!俺で変われ! - 9.蜘蛛の糸 - 10.香菜、頭をよくしてあげよう - 11.リルカの葬列 - 12.トゥルー・ロマンス - 13.僕の歌を総て君にやる - 14.小さな恋のメロディ - 15.タチムカウ -狂い咲く人間の証明- - 16.221B戦記筋肉少女帯水木一郎) - 17.仲直りのテーマ - 18.ツアーファイナル - 19.混ぜるな危険 - 20.週替わりの奇跡の神話 その他 ボヨヨンロックまんが道) - 地獄のアロハ筋肉少女帯人間椅子アルバム オリジナル indies1.とろろの脳髄伝説 - indies2.ノゾミ・カナエ・タマエ - 1.仏陀L - 2.SISTER STRAWBERRY - 3.猫のテブクロ - 4.サーカス団パノラマ島へ帰る - 5.月光蟲 - 6.断罪!断罪!また断罪!! - 7.エリーゼのために - 8.UFOと恋人 - 9.レティクル座妄想 - 10.ステーシーの美術 - 11.キラキラと輝くもの - 12.最後の聖戦 - 13.新人 - 14.シーズン2 - 15.蔦からまるQの惑星 - 16.THE SHOW MUST GO ON - 17.おまけのいちにち(闘いの日々) ベスト 1.筋肉少女帯 ナゴム全曲集 - 2.筋少の大車輪 - 3.筋少の大水銀 - 4.筋少MCAビクター在籍時 BEST&CULT - 5.SAN FRANCISCO - 6.スーパー・バリュー/筋肉少女帯 - 7.GOLDEN☆BEST 筋肉少女帯〜ユニバーサルミュージック・セレクション〜 - 8.筋肉少女帯 ナゴムコレクション - 9.筋肉少女帯 復活究極ベスト 大公式 - 10.大公式2 ライブ 1.80年代筋肉少女帯 - 2.筋少の大海賊 vol.1 - 3.筋少の大海賊 vol.2 セルフカバー 1.公式セルフカバーベスト 4半世紀 サウンドトラック 1.CRAZY MAX 1st. PRODUCED BY KING-SHOW 映像作品 1.KIN-SHOWの大残酷 - 2.筋肉少女帯 at 武道館 - 3.三年殺し - 4.筋少祭りだ!90分 - 5.science fiction double feature筋肉少女帯 Live & PV-clips〜 - 6.80's筋少Live & clip - 7.THE・仲直り!復活!筋肉少女帯サーカス団パノラマ島へ帰る'06〜 - 8.SPACE SHOWER ARCHIVE 筋肉少女帯 LIVE 9103 - 9.サーカス団、武道館へ帰る - 10.三年殺し & KIN-SHOWの大残酷 - 11.どこへでも行ける切手 初期アルバム 1st〜8th曲限定ライブSP - 12.心の折れたエンジェル 2011.5.28 赤坂BLITZ再結成以降曲集ライブDVD〜 - 13.筋少動画01 - 14.筋肉少女帯メジャーデビュー25周年記念「4半世紀 LIVE」 at 中野サンプラザ 2013.6.22 - 15.THE SHOW MUST GO ONLive In OSAKA~ - 16.おまけのいちにち(闘いの日々)TOUR 初日 in TOKYO 関連項目 ナゴムレコード - トイズファクトリー - ユニバーサルミュージック (日本) - 徳間ジャパンコミュニケーションズ この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「UFOと恋人」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「UFOと恋人」の記事については、「UFOと恋人」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 06:23 UTC 版)

新人 (アルバム)」の記事における「演奏者」の解説

大槻ケンヂ - ボーカル 橘高文彦 - ギター 本城聡章 - ギター 内田雄一郎 - ベース 長谷川浩二 - ドラム(ゲスト) 湊雅史 - ドラム(ゲスト) 矢野一成 - ドラム(ゲスト) 三柴理 - キーボード(ゲスト) 秦野猛行 - キーボード(ゲスト) 表 話 編 歴 筋肉少女帯大槻ケンヂ - 内田雄一郎 - 本城聡章 - 橘高文彦太田明 - 美濃介 - 関口博史 - 石塚BERA伯広 - 友森昭一サポートメンバー:三柴理 - 長谷川浩二 シングル オリジナル indies.高木ブー伝説 - 1.釈迦 - 2.元祖高木ブー伝説 - 3.サボテンとバントライン - 4.踊るダメ人間 - 5.氷の世界 - 6.バトル野郎〜100万人の兄貴〜 - 7.暴いておやりよドルバッキー - 8.君よ!俺で変われ! - 9.蜘蛛の糸 - 10.香菜、頭をよくしてあげよう - 11.リルカの葬列 - 12.トゥルー・ロマンス - 13.僕の歌を総て君にやる - 14.小さな恋のメロディ - 15.タチムカウ -狂い咲く人間の証明- - 16.221B戦記筋肉少女帯水木一郎) - 17.仲直りのテーマ - 18.ツアーファイナル - 19.混ぜるな危険 - 20.週替わりの奇跡の神話 その他 ボヨヨンロックまんが道) - 地獄のアロハ筋肉少女帯人間椅子アルバム オリジナル indies1.とろろの脳髄伝説 - indies2.ノゾミ・カナエ・タマエ - 1.仏陀L - 2.SISTER STRAWBERRY - 3.猫のテブクロ - 4.サーカス団パノラマ島へ帰る - 5.月光蟲 - 6.断罪!断罪!また断罪!! - 7.エリーゼのために - 8.UFOと恋人 - 9.レティクル座妄想 - 10.ステーシーの美術 - 11.キラキラと輝くもの - 12.最後の聖戦 - 13.新人 - 14.シーズン2 - 15.蔦からまるQの惑星 - 16.THE SHOW MUST GO ON - 17.おまけのいちにち(闘いの日々) ベスト 1.筋肉少女帯 ナゴム全曲集 - 2.筋少の大車輪 - 3.筋少の大水銀 - 4.筋少MCAビクター在籍時 BEST&CULT - 5.SAN FRANCISCO - 6.スーパー・バリュー/筋肉少女帯 - 7.GOLDEN☆BEST 筋肉少女帯〜ユニバーサルミュージック・セレクション〜 - 8.筋肉少女帯 ナゴムコレクション - 9.筋肉少女帯 復活究極ベスト 大公式 - 10.大公式2 ライブ 1.80年代筋肉少女帯 - 2.筋少の大海賊 vol.1 - 3.筋少の大海賊 vol.2 セルフカバー 1.公式セルフカバーベスト 4半世紀 サウンドトラック 1.CRAZY MAX 1st. PRODUCED BY KING-SHOW 映像作品 1.KIN-SHOWの大残酷 - 2.筋肉少女帯 at 武道館 - 3.三年殺し - 4.筋少祭りだ!90分 - 5.science fiction double feature筋肉少女帯 Live & PV-clips〜 - 6.80's筋少Live & clip - 7.THE・仲直り!復活!筋肉少女帯サーカス団パノラマ島へ帰る'06〜 - 8.SPACE SHOWER ARCHIVE 筋肉少女帯 LIVE 9103 - 9.サーカス団、武道館へ帰る - 10.三年殺し & KIN-SHOWの大残酷 - 11.どこへでも行ける切手 初期アルバム 1st〜8th曲限定ライブSP - 12.心の折れたエンジェル 2011.5.28 赤坂BLITZ再結成以降曲集ライブDVD〜 - 13.筋少動画01 - 14.筋肉少女帯メジャーデビュー25周年記念「4半世紀 LIVE」 at 中野サンプラザ 2013.6.22 - 15.THE SHOW MUST GO ONLive In OSAKA~ - 16.おまけのいちにち(闘いの日々)TOUR 初日 in TOKYO 関連項目 ナゴムレコード - トイズファクトリー - ユニバーサルミュージック (日本) - 徳間ジャパンコミュニケーションズ この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「新人 (アルバム)」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「新人 (アルバム)」の記事については、「新人 (アルバム)」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/31 08:45 UTC 版)

猫のテブクロ」の記事における「演奏者」の解説

大槻ケンヂ - ボーカル 橘高文彦 - ギター 本城聡章 - ギター 内田雄一郎 - ベース 太田明 - ドラムス 秦野猛行 - キーボードゲスト) 安紀 - コーラスゲスト伊集院光 - 「これでいいのだシャウトゲスト) 表 話 編 歴 筋肉少女帯大槻ケンヂ - 内田雄一郎 - 本城聡章 - 橘高文彦太田明 - 美濃介 - 関口博史 - 石塚BERA伯広 - 友森昭一サポートメンバー:三柴理 - 長谷川浩二 シングル オリジナル indies.高木ブー伝説 - 1.釈迦 - 2.元祖高木ブー伝説 - 3.サボテンとバントライン - 4.踊るダメ人間 - 5.氷の世界 - 6.バトル野郎〜100万人の兄貴〜 - 7.暴いておやりよドルバッキー - 8.君よ!俺で変われ! - 9.蜘蛛の糸 - 10.香菜、頭をよくしてあげよう - 11.リルカの葬列 - 12.トゥルー・ロマンス - 13.僕の歌を総て君にやる - 14.小さな恋のメロディ - 15.タチムカウ -狂い咲く人間の証明- - 16.221B戦記筋肉少女帯水木一郎) - 17.仲直りのテーマ - 18.ツアーファイナル - 19.混ぜるな危険 - 20.週替わりの奇跡の神話 その他 ボヨヨンロックまんが道) - 地獄のアロハ筋肉少女帯人間椅子アルバム オリジナル indies1.とろろの脳髄伝説 - indies2.ノゾミ・カナエ・タマエ - 1.仏陀L - 2.SISTER STRAWBERRY - 3.猫のテブクロ - 4.サーカス団パノラマ島へ帰る - 5.月光蟲 - 6.断罪!断罪!また断罪!! - 7.エリーゼのために - 8.UFOと恋人 - 9.レティクル座妄想 - 10.ステーシーの美術 - 11.キラキラと輝くもの - 12.最後の聖戦 - 13.新人 - 14.シーズン2 - 15.蔦からまるQの惑星 - 16.THE SHOW MUST GO ON - 17.おまけのいちにち(闘いの日々) ベスト 1.筋肉少女帯 ナゴム全曲集 - 2.筋少の大車輪 - 3.筋少の大水銀 - 4.筋少MCAビクター在籍時 BEST&CULT - 5.SAN FRANCISCO - 6.スーパー・バリュー/筋肉少女帯 - 7.GOLDEN☆BEST 筋肉少女帯〜ユニバーサルミュージック・セレクション〜 - 8.筋肉少女帯 ナゴムコレクション - 9.筋肉少女帯 復活究極ベスト 大公式 - 10.大公式2 ライブ 1.80年代筋肉少女帯 - 2.筋少の大海賊 vol.1 - 3.筋少の大海賊 vol.2 セルフカバー 1.公式セルフカバーベスト 4半世紀 サウンドトラック 1.CRAZY MAX 1st. PRODUCED BY KING-SHOW 映像作品 1.KIN-SHOWの大残酷 - 2.筋肉少女帯 at 武道館 - 3.三年殺し - 4.筋少祭りだ!90分 - 5.science fiction double feature筋肉少女帯 Live & PV-clips〜 - 6.80's筋少Live & clip - 7.THE・仲直り!復活!筋肉少女帯サーカス団パノラマ島へ帰る'06〜 - 8.SPACE SHOWER ARCHIVE 筋肉少女帯 LIVE 9103 - 9.サーカス団、武道館へ帰る - 10.三年殺し & KIN-SHOWの大残酷 - 11.どこへでも行ける切手 初期アルバム 1st〜8th曲限定ライブSP - 12.心の折れたエンジェル 2011.5.28 赤坂BLITZ再結成以降曲集ライブDVD〜 - 13.筋少動画01 - 14.筋肉少女帯メジャーデビュー25周年記念「4半世紀 LIVE」 at 中野サンプラザ 2013.6.22 - 15.THE SHOW MUST GO ONLive In OSAKA~ - 16.おまけのいちにち(闘いの日々)TOUR 初日 in TOKYO 関連項目 ナゴムレコード - トイズファクトリー - ユニバーサルミュージック (日本) - 徳間ジャパンコミュニケーションズ この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「猫のテブクロ」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「猫のテブクロ」の記事については、「猫のテブクロ」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/19 05:45 UTC 版)

ケン・バウ」の記事における「演奏者」の解説

Trn Thảoは著名なケン・バウ奏者である。Trn Thảoはフエニャー・ニャック楽団率いており、国際的な演奏旅行行ったTrn Thảoは宮廷音楽名家血筋である。

※この「演奏者」の解説は、「ケン・バウ」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「ケン・バウ」の記事については、「ケン・バウ」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/25 04:29 UTC 版)

公式セルフカバーベスト 4半世紀」の記事における「演奏者」の解説

大槻ケンヂ - ボーカル 橘高文彦 - ギター 本城聡章 - ギター 内田雄一郎 - ベース 長谷川浩二 - ドラム(サポート) 三柴理 - キーボード(サポート) 太田明 - ドラム(サポート) 表 話 編 歴 筋肉少女帯大槻ケンヂ - 内田雄一郎 - 本城聡章 - 橘高文彦太田明 - 美濃介 - 関口博史 - 石塚BERA伯広 - 友森昭一サポートメンバー:三柴理 - 長谷川浩二 シングル オリジナル indies.高木ブー伝説 - 1.釈迦 - 2.元祖高木ブー伝説 - 3.サボテンとバントライン - 4.踊るダメ人間 - 5.氷の世界 - 6.バトル野郎〜100万人の兄貴〜 - 7.暴いておやりよドルバッキー - 8.君よ!俺で変われ! - 9.蜘蛛の糸 - 10.香菜、頭をよくしてあげよう - 11.リルカの葬列 - 12.トゥルー・ロマンス - 13.僕の歌を総て君にやる - 14.小さな恋のメロディ - 15.タチムカウ -狂い咲く人間の証明- - 16.221B戦記筋肉少女帯水木一郎) - 17.仲直りのテーマ - 18.ツアーファイナル - 19.混ぜるな危険 - 20.週替わりの奇跡の神話 その他 ボヨヨンロックまんが道) - 地獄のアロハ筋肉少女帯人間椅子アルバム オリジナル indies1.とろろの脳髄伝説 - indies2.ノゾミ・カナエ・タマエ - 1.仏陀L - 2.SISTER STRAWBERRY - 3.猫のテブクロ - 4.サーカス団パノラマ島へ帰る - 5.月光蟲 - 6.断罪!断罪!また断罪!! - 7.エリーゼのために - 8.UFOと恋人 - 9.レティクル座妄想 - 10.ステーシーの美術 - 11.キラキラと輝くもの - 12.最後の聖戦 - 13.新人 - 14.シーズン2 - 15.蔦からまるQの惑星 - 16.THE SHOW MUST GO ON - 17.おまけのいちにち(闘いの日々) ベスト 1.筋肉少女帯 ナゴム全曲集 - 2.筋少の大車輪 - 3.筋少の大水銀 - 4.筋少MCAビクター在籍時 BEST&CULT - 5.SAN FRANCISCO - 6.スーパー・バリュー/筋肉少女帯 - 7.GOLDEN☆BEST 筋肉少女帯〜ユニバーサルミュージック・セレクション〜 - 8.筋肉少女帯 ナゴムコレクション - 9.筋肉少女帯 復活究極ベスト 大公式 - 10.大公式2 ライブ 1.80年代筋肉少女帯 - 2.筋少の大海賊 vol.1 - 3.筋少の大海賊 vol.2 セルフカバー 1.公式セルフカバーベスト 4半世紀 サウンドトラック 1.CRAZY MAX 1st. PRODUCED BY KING-SHOW 映像作品 1.KIN-SHOWの大残酷 - 2.筋肉少女帯 at 武道館 - 3.三年殺し - 4.筋少祭りだ!90分 - 5.science fiction double feature筋肉少女帯 Live & PV-clips〜 - 6.80's筋少Live & clip - 7.THE・仲直り!復活!筋肉少女帯サーカス団パノラマ島へ帰る'06〜 - 8.SPACE SHOWER ARCHIVE 筋肉少女帯 LIVE 9103 - 9.サーカス団、武道館へ帰る - 10.三年殺し & KIN-SHOWの大残酷 - 11.どこへでも行ける切手 初期アルバム 1st〜8th曲限定ライブSP - 12.心の折れたエンジェル 2011.5.28 赤坂BLITZ再結成以降曲集ライブDVD〜 - 13.筋少動画01 - 14.筋肉少女帯メジャーデビュー25周年記念「4半世紀 LIVE」 at 中野サンプラザ 2013.6.22 - 15.THE SHOW MUST GO ONLive In OSAKA~ - 16.おまけのいちにち(闘いの日々)TOUR 初日 in TOKYO 関連項目 ナゴムレコード - トイズファクトリー - ユニバーサルミュージック (日本) - 徳間ジャパンコミュニケーションズ この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「公式セルフカバーベスト 4半世紀」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「公式セルフカバーベスト 4半世紀」の記事については、「公式セルフカバーベスト 4半世紀」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 14:23 UTC 版)

ビー・ヒア」の記事における「演奏者」の解説

姓のアルファベット順記載する。 ティム・エイカース – アコーディオン(曲番1、7)、キーボード(1-36-710)、ハモンド・オルガン(9)ピアノ(3) チャーリー・ビシャレット – ヴァイオリン(8-9) ブルース・ボートン – ドブロ・ギター(9)スティール・ギター(11) ポール・バックマスター弦楽指揮弦楽アレンジ(8-9) デイス・バファム – ヴィオラ(8-9) トム・ブコヴァック – アコースティック・ギター(12)エレクトリック・ギター(2-7, 10)、スライド・ギター(7)、ワウワウ・ギター(7)その他のギター(1, 3, 8-9, 11, 13) ポール・バシェル – ベース・ギター(3, 5, 9, 11) マット・チェンバレンドラム(3, 5, 9, 11)、パーカッション(3, 5, 9) ラリー・コーベット – チェロ(8-9) エリック・ダークン – パーカッション(1-2, 6-8, 10-11, additional: 3) ブルース・デュコイ – ヴァイオリン(8-9) マット・フューンズ – ヴィオラ(8-9) アーメン・ガラベディアン – ヴァイオリン(8-9) ベリ・ガラベディアン – ヴァイオリン(8-9) エンドレ・グラナット – ヴァイオリン(8-9) ポーラ・ホッチホルター – チェロ(8-9) ダン・ハフ – アコースティック12弦ギター(3)エレクトリック・ギター(6)マンドリン(1, 11) スージー・カタヤマ – チェロ(8-9) ピーター・ケントヴァイオリン(8-9) スティーヴン・キングアコーディオン(13) ナタリー・レジェット – ヴァイオリン(8-9) クリス・マクヒュー – ドラム(1-2, 4, 6-8, 10, 12-13)、パーカッション(4, 12) ロバート・マツダ – ヴァイオリン(8-9) スティーヴ・ネイサン – ピアノ(8) ジミー・ニコルズ – キーボード(5)ピアノ(11)、シンセサイザー・ストリングス(9) サラ・パーキンス – ヴァイオリン(8-9) ボブ・ピーターソンヴァイオリン(8-9) スティーヴ・リチャーズチェロ(8-9) ジミー・リー・スロアス – ベース・ギター(1-2, 4, 6-8, 10, 12-13) ダン・スミスチェロ(8-9) チャールズ・ステギマン – ヴァイオリン(8-9) レイチェル・ステギマン – ヴァイオリン(8-9) ルディ・スタイン – チェロ(8-9) ラッセル・テレル – バック・ヴォーカル(1-3, 5-7, 9-10, 13) クリス・シーリマンドリン(9) キース・アーバンバンジョー(2, 4, 6-7, 11-13)、イーボウ(1, 5)、アコースティック12弦ギター(3)アコースティック・ギター(1-7, 9-13)、エレクトリック・ギター(1-7, 9-12)、ハンド・クラッピング・マンドリン(7, 13)、スライド・ギター(4)リード・ヴォーカル(全曲)、バック・ヴォーカル(1-10, 12-13, ハーモニー: 11) ジョセフィーナ・ヴァーガラ – ヴァイオリン(8-9) イーヴァン・ウィルソン – ヴィオラ(8-9) ジョナサン・ユドキン – チェロ(3)フィドル(1, 13)

※この「演奏者」の解説は、「ビー・ヒア」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「ビー・ヒア」の記事については、「ビー・ヒア」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/07 06:49 UTC 版)

人間椅子 (アルバム)」の記事における「演奏者」の解説

和嶋慎治 - ギターボーカル 鈴木研一 - ベースボーカル 上館徳芳 - ドラムス 表 話 編 歴 人間椅子和嶋慎治(ギター・ヴォーカル) 鈴木研一(ベース・ヴォーカル) ナカジマノブ(ドラムス・ヴォーカル) 旧メンバー 上館徳芳 後藤マスヒロ 土屋シングル 1.夜叉ヶ池 - 2.幸福のねじ - 3.もっと光を! - 4.刀と鞘 - 5.泥の - 6.針の山 アルバム オリジナル indies.人間椅子 - 1.人間失格 - 2.桜の森の満開の下 - 3.黄金の夜明け - 4.羅生門 - 5.踊る一寸法師 - 6.無限の住人 - 7.頽廃芸術展 - 8.二十世紀葬送曲 - 9.怪人二十面相 - 10.見知らぬ世界 - 11.修羅囃子 - 12.三悪道中膝栗毛 - 13.瘋痴狂 - 14.真夏の夜の夢 - 15.未来浪漫派 - 16.此岸礼讃 - 17.萬燈籠 - 18.無頼豊饒 - 19.怪談 そして死とエロス - 20.異次元からの咆哮 - 21.新青年 ベスト 1.ペテン師と空気男〜人間椅子傑作選〜 - 2.押絵と旅する男〜人間椅子傑作選 第2集〜 - 3.人間椅子傑作選 二十周年記念ベスト盤 - 4.現世は夢 〜25周年記念ベストアルバム〜 ライブ 1.疾風怒濤〜人間椅子ライブ!ライブ!! - 2.威風堂々〜人間椅子ライブ!! 関連項目 徳間ジャパンコミュニケーションズ 三宅裕司のいかすバンド天国 大日本仏像連合 この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「人間椅子 (アルバム)」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「人間椅子 (アルバム)」の記事については、「人間椅子 (アルバム)」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 09:16 UTC 版)

踊る一寸法師 (アルバム)」の記事における「演奏者」の解説

和嶋慎治 - ギターボーカル 鈴木研一 - ベースボーカル 土屋巌 - ドラムスボーカル 表 話 編 歴 人間椅子和嶋慎治(ギター・ヴォーカル) 鈴木研一(ベース・ヴォーカル) ナカジマノブ(ドラムス・ヴォーカル) 旧メンバー上館徳芳 後藤マスヒロ 土屋シングル1.夜叉ヶ池 - 2.幸福のねじ - 3.もっと光を! - 4.刀と鞘 - 5.泥の - 6.針の山 アルバム オリジナルindies.人間椅子 - 1.人間失格 - 2.桜の森の満開の下 - 3.黄金の夜明け - 4.羅生門 - 5.踊る一寸法師 - 6.無限の住人 - 7.頽廃芸術展 - 8.二十世紀葬送曲 - 9.怪人二十面相 - 10.見知らぬ世界 - 11.修羅囃子 - 12.三悪道中膝栗毛 - 13.瘋痴狂 - 14.真夏の夜の夢 - 15.未来浪漫派 - 16.此岸礼讃 - 17.萬燈籠 - 18.無頼豊饒 - 19.怪談 そして死とエロス - 20.異次元からの咆哮 - 21.新青年 ベスト1.ペテン師と空気男〜人間椅子傑作選〜 - 2.押絵と旅する男〜人間椅子傑作選 第2集〜 - 3.人間椅子傑作選 二十周年記念ベスト盤 - 4.現世は夢 〜25周年記念ベストアルバム〜 ライブ1.疾風怒濤〜人間椅子ライブ!ライブ!! - 2.威風堂々〜人間椅子ライブ!! 関連項目徳間ジャパンコミュニケーションズ 三宅裕司のいかすバンド天国 大日本仏像連合 この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「踊る一寸法師 (アルバム)」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「踊る一寸法師 (アルバム)」の記事については、「踊る一寸法師 (アルバム)」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/06 15:53 UTC 版)

浅川マキ (アルバム)」の記事における「演奏者」の解説

浅川マキ - 歌 東芝レコーディング・オーケストラ - 演奏実際に参加した演奏者の詳細は、各々の当該記事を参照。)浅川マキの世界#演奏者 「夜が明けたら「かもめ」ちっちゃな時から」 MAKI_II#演奏者 「港の彼岸花

※この「演奏者」の解説は、「浅川マキ (アルバム)」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「浅川マキ (アルバム)」の記事については、「浅川マキ (アルバム)」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 08:16 UTC 版)

夏.インストール」の記事における「演奏者」の解説

mono - キーボードプログラミングコーラス の子 - ボーカルギター12弦ギタープログラミングパーカッション みさこ - ドラムスコーラス ちばぎん - ベースコーラス メジャーデビュー以降作品マスタリング前作まで全て菊池功担当していたが、今作滝瀬真代が担当している。

※この「演奏者」の解説は、「夏.インストール」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「夏.インストール」の記事については、「夏.インストール」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 05:02 UTC 版)

ペダルピアノ」の記事における「演奏者」の解説

近年ではオルガンに対しペダルピアノ公演仕事増加している。最近のペダルピアノの演奏者はジャン・ドゥベ、オリヴィエ・ラトリー、アメリカオルガン奏者であるピーター・サイクス、ドイツのオルガン奏者マルティン・シュメディング、スロベニアオルガン奏者かつハープシーコード奏者のダリボル・ミクラヴィッチ、アメリカピアニストであるジョン・コウリ、ジャン・ギユーキャメロン・カーペンターロベルト・プロッセダである。 もちろん今日MIDIコントローラーキーボードMIDIのフットボードは、本来のペダルピアノ装置大きさ機械器具費用がなくても再現できるこれによりだれでも簡単にペダルピアノ曲目演奏できるうになる

※この「演奏者」の解説は、「ペダルピアノ」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「ペダルピアノ」の記事については、「ペダルピアノ」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:11 UTC 版)

メロトロン」の記事における「演奏者」の解説

ロック界でメロトロンの音が最初に録音されたのは、1965年のグレアム・ボンドのシングルLease On Love/ My Heart's In Little Places」であるとされている1960年代後半ロック黄金時代には、ビートルズストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」(1967年2月発売)他、ローリング・ストーンズ2000光年のかなたに」、デヴィッド・ボウイスペイス・オディティ」、ムーディー・ブルースサテンの夜」などでメロトロン使用された。 1970年代には、コンパクトなM400発売もあってユーザー一気増えた。特にキング・クリムゾンイエスジェネシスフォーカスといったプログレッシヴ・ロックアーティストが多いが、ユーライア・ヒープ10ccなど、使用歴のあるアーティストは実に多い。代表的なものユーライア・ヒープの「カム・アウェイ・メリンダ」、フォーカスの「ル・クロシャール」、キング・クリムゾンクリムゾン・キングの宮殿」などがあげられる短気なリック・ウェイクマン言うことを聞かないメロトロン腹を立て、庭で焼き払った後に後悔した伝えられた。また、ヤン・ハマーリターン・トゥ・フォーエヴァーなど、ジャズのクロスオーヴァー分野でも使用された例がある。BBCなどの放送局には全ての鍵盤効果音仕込んだFXコンソール」というものが導入された。生放送収録などの際、リアルタイムで効果音を出すことができ、ラジオ番組ドクター・フーなどの制作利用された。

※この「演奏者」の解説は、「メロトロン」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「メロトロン」の記事については、「メロトロン」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 13:49 UTC 版)

SISTER STRAWBERRY」の記事における「演奏者」の解説

大槻ケンヂ - ボーカル 内田雄一郎 - ベース 太田明 - ドラム 三柴江戸蔵 - キーボード 横関敦 - ギターゲスト) 安紀 - コーラスゲストみのすけ - Talk(#4)(ゲスト) 表 話 編 歴 筋肉少女帯 大槻ケンヂ - 内田雄一郎 - 本城聡章 - 橘高文彦太田明 - 美濃介 - 関口博史 - 石塚BERA伯広 - 友森昭一サポートメンバー:三柴理 - 長谷川浩二 シングル オリジナルindies.高木ブー伝説 - 1.釈迦 - 2.元祖高木ブー伝説 - 3.サボテンとバントライン - 4.踊るダメ人間 - 5.氷の世界 - 6.バトル野郎〜100万人の兄貴〜 - 7.暴いておやりよドルバッキー - 8.君よ!俺で変われ! - 9.蜘蛛の糸 - 10.香菜、頭をよくしてあげよう - 11.リルカの葬列 - 12.トゥルー・ロマンス - 13.僕の歌を総て君にやる - 14.小さな恋のメロディ - 15.タチムカウ -狂い咲く人間の証明- - 16.221B戦記筋肉少女帯水木一郎) - 17.仲直りのテーマ - 18.ツアーファイナル - 19.混ぜるな危険 - 20.週替わりの奇跡の神話 - 21.人から箱男 (筋少×カラオケDAMコラボ曲) その他ボヨヨンロックまんが道) - 地獄のアロハ筋肉少女帯人間椅子アルバム オリジナルindies1.とろろの脳髄伝説 - indies2.ノゾミ・カナエ・タマエ - 1.仏陀L - 2.SISTER STRAWBERRY - 3.猫のテブクロ - 4.サーカス団パノラマ島へ帰る - 5.月光蟲 - 6.断罪!断罪!また断罪!! - 7.エリーゼのために - 8.UFOと恋人 - 9.レティクル座妄想 - 10.ステーシーの美術 - 11.キラキラと輝くもの - 12.最後の聖戦 - 13.新人 - 14.シーズン2 - 15.蔦からまるQの惑星 - 16.THE SHOW MUST GO ON - 17.おまけのいちにち(闘いの日々) - 18.Future! - 19.ザ・シサ - 20.LOVE - 21.君だけ憶えている映画 ベスト1.筋肉少女帯 ナゴム全曲集 - 2.筋少の大車輪 - 3.筋少の大水銀 - 4.筋少MCAビクター在籍時 BEST&CULT - 5.SAN FRANCISCO - 6.スーパー・バリュー/筋肉少女帯 - 7.GOLDEN☆BEST 筋肉少女帯〜ユニバーサルミュージック・セレクション〜 - 8.筋肉少女帯 ナゴムコレクション - 9.筋肉少女帯 復活究極ベスト 大公式 - 10.大公式2 ライブ1.80年代筋肉少女帯 - 2.筋少の大海賊 vol.1 - 3.筋少の大海賊 vol.2 セルフカバー1.公式セルフカバーベスト 4半世紀 サウンドトラック1.CRAZY MAX 1st. PRODUCED BY KING-SHOW 映像作品 1.KIN-SHOWの大残酷 - 2.筋肉少女帯 at 武道館 - 3.三年殺し - 4.筋少祭りだ!90分 - 5.science fiction double feature筋肉少女帯 Live & PV-clips〜 - 6.80's筋少Live & clip - 7.THE・仲直り!復活!筋肉少女帯サーカス団パノラマ島へ帰る'06〜 - 8.SPACE SHOWER ARCHIVE 筋肉少女帯 LIVE 9103 - 9.サーカス団、武道館へ帰る - 10.三年殺し & KIN-SHOWの大残酷 - 11.どこへでも行ける切手 初期アルバム 1st〜8th曲限定ライブSP - 12.心の折れたエンジェル 2011.5.28 赤坂BLITZ再結成以降曲集ライブDVD〜 - 13.筋少動画01 - 14.筋肉少女帯メジャーデビュー25周年記念「4半世紀 LIVE」 at 中野サンプラザ 2013.6.22 - 15.THE SHOW MUST GO ONLive In OSAKA~ - 16.おまけのいちにち(闘いの日々)TOUR 初日 in TOKYO - 17.橘高文彦デビュー30周年記念LIVE筋肉少女帯” - 18.再結成10周年パーフェクトベストTOUR FINAL六本木! - 19.筋少シングル盤大戦SP映像大戦 - 20.Future! ツアーfinalライブ & 猫のテブクロ再現ライブ 完全版!! - 21.メジャーデビュー30周年記念オリジナルNew Album「ザ・シサ」リリース・ツアー final ライブ 完全版!! - 22.筋少フル尺2LIVES!!突入!」&「ザ・サン」 - 23.LOVE ~筋肉少女帯LIVE 2019 関連項目ナゴムレコード - トイズファクトリー - ユニバーサルミュージック (日本) - 徳間ジャパンコミュニケーションズ この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「SISTER STRAWBERRY」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「SISTER STRAWBERRY」の記事については、「SISTER STRAWBERRY」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/07 18:40 UTC 版)

ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック」の記事における「演奏者」の解説

ピーター・グリーン - ボーカル, ギター, ハーモニカ ジェレミー・スペンサー - ボーカル, スライドギター ジョン・マクヴィー - ベース ミック・フリートウッド - ドラム ボブ・ブラニング - ベース オン "ロング・グレイ・メアー" 表 話 編 歴 フリートウッド・マックミック・フリートウッド - ジョン・マクヴィー - リンジー・バッキンガム - スティーヴィー・ニックス - クリスティン・マクヴィーピーター・グリーン - ボブ・ウェルチ - ダニー・カーワン - ジェレミー・スペンサー - リック・ビトー - ビリー・バーネット - ベッカ・ブラムレット - デイブ・メイスン スタジオ・アルバム ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック - ミスター・ワンダフル - 英吉利薔薇 - ゼン・プレイ・オン - ブルーズ・ジャム・イン・シカゴ - キルン・ハウス - フューチャー・ゲーム - 枯れ木 - ペンギン - 神秘の扉 - クリスタルの謎 - ファンタスティック・マック - 噂 - 牙 (タスク) - ミラージュ - タンゴ・イン・ザ・ナイト - ビハインド・ザ・マスク - タイム - セイ・ユー・ウィル ライブ・アルバム フリートウッド・マック・ライヴ - ライヴ・アット・BBC - ザ・ダンス - ライブ・イン・ボストン(1970年) - ライブ・イン・ボストン(2004年) ベスト・アルバム 聖なる - ブルース・ジャム・アット・チェス - グレイテスト・ヒッツ1971年) - グレイテスト・ヒッツ(1988年) - 25イヤーズ・ザ・チェイン - ヴェリー・ベスト・オブ・フリートウッド・マック - ザ・コンプリート・ブルー・ホライズン・セッションズ 主な楽曲 ブラック・マジック・ウーマン - アルバトロス (あほうどり) - ランドスライド - オーヴァー・マイ・ヘッド - リアノン - セイ・ユー・ラヴ・ミー - シルヴァー・スプリングス - ドリームス - ドント・ストップ - アイ・ドント・ウォント・トゥ・ノウ - 愛のジプシー 関連項目 ディスコグラフィ - ジョン・メイオール - ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ - マーティン・バーチ - バッキンガム・ニックス この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック」の記事については、「ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/22 06:42 UTC 版)

頽廃芸術展」の記事における「演奏者」の解説

和嶋慎治 - ギターボーカル 鈴木研一 - ベースボーカル 後藤マスヒロ - ドラムス 表 話 編 歴 人間椅子和嶋慎治(ギター・ヴォーカル) 鈴木研一(ベース・ヴォーカル) ナカジマノブ(ドラムス・ヴォーカル) 旧メンバー 上館徳芳 後藤マスヒロ 土屋シングル 1.夜叉ヶ池 - 2.幸福のねじ - 3.もっと光を! - 4.刀と鞘 - 5.泥の - 6.針の山 アルバム オリジナル indies.人間椅子 - 1.人間失格 - 2.桜の森の満開の下 - 3.黄金の夜明け - 4.羅生門 - 5.踊る一寸法師 - 6.無限の住人 - 7.頽廃芸術展 - 8.二十世紀葬送曲 - 9.怪人二十面相 - 10.見知らぬ世界 - 11.修羅囃子 - 12.三悪道中膝栗毛 - 13.瘋痴狂 - 14.真夏の夜の夢 - 15.未来浪漫派 - 16.此岸礼讃 - 17.萬燈籠 - 18.無頼豊饒 - 19.怪談 そして死とエロス - 20.異次元からの咆哮 - 21.新青年 ベスト 1.ペテン師と空気男〜人間椅子傑作選〜 - 2.押絵と旅する男〜人間椅子傑作選 第2集〜 - 3.人間椅子傑作選 二十周年記念ベスト盤 - 4.現世は夢 〜25周年記念ベストアルバム〜 ライブ 1.疾風怒濤〜人間椅子ライブ!ライブ!! - 2.威風堂々〜人間椅子ライブ!! 関連項目 徳間ジャパンコミュニケーションズ 三宅裕司のいかすバンド天国 大日本仏像連合 この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「頽廃芸術展」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「頽廃芸術展」の記事については、「頽廃芸術展」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 17:10 UTC 版)

サーカス団パノラマ島へ帰る」の記事における「演奏者」の解説

大槻ケンヂ - ボーカル 橘高文彦 - ギター 本城聡章 - ギター 内田雄一郎 - ベース 太田明 - ドラムス ホッピー神山 - キーボードゲスト徳家敦 - キーボードゲスト坂田明 - サックスゲスト久保田安紀 - コーラスゲスト) 表 話 編 歴 筋肉少女帯 大槻ケンヂ - 内田雄一郎 - 本城聡章 - 橘高文彦太田明 - 美濃介 - 関口博史 - 石塚BERA伯広 - 友森昭一サポートメンバー:三柴理 - 長谷川浩二 シングル オリジナルindies.高木ブー伝説 - 1.釈迦 - 2.元祖高木ブー伝説 - 3.サボテンとバントライン - 4.踊るダメ人間 - 5.氷の世界 - 6.バトル野郎〜100万人の兄貴〜 - 7.暴いておやりよドルバッキー - 8.君よ!俺で変われ! - 9.蜘蛛の糸 - 10.香菜、頭をよくしてあげよう - 11.リルカの葬列 - 12.トゥルー・ロマンス - 13.僕の歌を総て君にやる - 14.小さな恋のメロディ - 15.タチムカウ -狂い咲く人間の証明- - 16.221B戦記筋肉少女帯水木一郎) - 17.仲直りのテーマ - 18.ツアーファイナル - 19.混ぜるな危険 - 20.週替わりの奇跡の神話 - 21.人から箱男 (筋少×カラオケDAMコラボ曲) その他ボヨヨンロックまんが道) - 地獄のアロハ筋肉少女帯人間椅子アルバム オリジナルindies1.とろろの脳髄伝説 - indies2.ノゾミ・カナエ・タマエ - 1.仏陀L - 2.SISTER STRAWBERRY - 3.猫のテブクロ - 4.サーカス団パノラマ島へ帰る - 5.月光蟲 - 6.断罪!断罪!また断罪!! - 7.エリーゼのために - 8.UFOと恋人 - 9.レティクル座妄想 - 10.ステーシーの美術 - 11.キラキラと輝くもの - 12.最後の聖戦 - 13.新人 - 14.シーズン2 - 15.蔦からまるQの惑星 - 16.THE SHOW MUST GO ON - 17.おまけのいちにち(闘いの日々) - 18.Future! - 19.ザ・シサ - 20.LOVE - 21.君だけ憶えている映画 ベスト1.筋肉少女帯 ナゴム全曲集 - 2.筋少の大車輪 - 3.筋少の大水銀 - 4.筋少MCAビクター在籍時 BEST&CULT - 5.SAN FRANCISCO - 6.スーパー・バリュー/筋肉少女帯 - 7.GOLDEN☆BEST 筋肉少女帯〜ユニバーサルミュージック・セレクション〜 - 8.筋肉少女帯 ナゴムコレクション - 9.筋肉少女帯 復活究極ベスト 大公式 - 10.大公式2 ライブ1.80年代筋肉少女帯 - 2.筋少の大海賊 vol.1 - 3.筋少の大海賊 vol.2 セルフカバー1.公式セルフカバーベスト 4半世紀 サウンドトラック1.CRAZY MAX 1st. PRODUCED BY KING-SHOW 映像作品 1.KIN-SHOWの大残酷 - 2.筋肉少女帯 at 武道館 - 3.三年殺し - 4.筋少祭りだ!90分 - 5.science fiction double feature筋肉少女帯 Live & PV-clips〜 - 6.80's筋少Live & clip - 7.THE・仲直り!復活!筋肉少女帯サーカス団パノラマ島へ帰る'06〜 - 8.SPACE SHOWER ARCHIVE 筋肉少女帯 LIVE 9103 - 9.サーカス団、武道館へ帰る - 10.三年殺し & KIN-SHOWの大残酷 - 11.どこへでも行ける切手 初期アルバム 1st〜8th曲限定ライブSP - 12.心の折れたエンジェル 2011.5.28 赤坂BLITZ再結成以降曲集ライブDVD〜 - 13.筋少動画01 - 14.筋肉少女帯メジャーデビュー25周年記念「4半世紀 LIVE」 at 中野サンプラザ 2013.6.22 - 15.THE SHOW MUST GO ONLive In OSAKA~ - 16.おまけのいちにち(闘いの日々)TOUR 初日 in TOKYO - 17.橘高文彦デビュー30周年記念LIVE筋肉少女帯” - 18.再結成10周年パーフェクトベストTOUR FINAL六本木! - 19.筋少シングル盤大戦SP映像大戦 - 20.Future! ツアーfinalライブ & 猫のテブクロ再現ライブ 完全版!! - 21.メジャーデビュー30周年記念オリジナルNew Album「ザ・シサ」リリース・ツアー final ライブ 完全版!! - 22.筋少フル尺2LIVES!!突入!」&「ザ・サン」 - 23.LOVE ~筋肉少女帯LIVE 2019 関連項目ナゴムレコード - トイズファクトリー - ユニバーサルミュージック (日本) - 徳間ジャパンコミュニケーションズ この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「サーカス団パノラマ島へ帰る」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「サーカス団パノラマ島へ帰る」の記事については、「サーカス団パノラマ島へ帰る」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 09:10 UTC 版)

THE ROOSTERS (アルバム)」の記事における「演奏者」の解説

大江慎也 - ボーカルギター 花田裕之 - ギター 井上富雄 - ベース 池畑潤二 - ドラムス この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「THE ROOSTERS (アルバム)」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「THE ROOSTERS (アルバム)」の記事については、「THE ROOSTERS (アルバム)」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 05:25 UTC 版)

ゴジラ伝説」の記事における「演奏者」の解説

※『ゴジラ伝説BOX』(2014年版)のもの。強調した人物ヒカシューメンバー シンセサイザープログラミング:井上誠(I・IIIIIIV) ドラム&パーカッション高木利夫(I・IIIII)、友田真吾(IIIII)、泉水敏郎(II)、谷口勝(III) ハイリーズドラム:友田真吾(IV) エレクトリックベース沖山優司(I・IIIII)、坂出雅海(IIIII)、渡辺等(II)、 エレクトリック・ギター鈴木賢司(I)立花ハジメ(II)、海琳正道(II) エレクトリックハープ:上野耕路 ピアノ上野耕路(II) サックスジミー中山(II)、矢口博康(II) シタール&タブラ若林忠宏(III) ボーカルザ・リリーズ(III)、高畑和美(III)、巻上公一(III)・八尋史(IV) コーラス戸川純巻上公一、三琳正道高木完坂本ミツワ岩本エスオ、開田裕治菊地優子不気味社(IV)ほか 「俺ら宇宙パイロットコーラス破李拳竜和田慎二みうらじゅん

※この「演奏者」の解説は、「ゴジラ伝説」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「ゴジラ伝説」の記事については、「ゴジラ伝説」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 14:42 UTC 版)

星空への旅立ち (コーリング・オキュパンツ)」の記事における「演奏者」の解説

カレン・カーペンターリードボーカルバックコーラス リチャード・カーペンターリードボーカルバックコーラスピアノハモンドオルガン、フェンダー・ローズ・エレクトリック・ピアノ、 ARP Odysseyシンセサイザーオーケストレーション ジョー・オズボーンバスギター トニー・ペルーソ - エレクトリック・ギターDJ ロン・タット - ドラムス アール・ダムラー - オーボエ グレッグ・スミス - バックコーラス ピーター・ナイト指揮オーケストラ - オーケストラ編曲 その他(クレジットなし) - パーカッション

※この「演奏者」の解説は、「星空への旅立ち (コーリング・オキュパンツ)」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「星空への旅立ち (コーリング・オキュパンツ)」の記事については、「星空への旅立ち (コーリング・オキュパンツ)」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 18:22 UTC 版)

ポスト・ディスコ」の記事における「演奏者」の解説

「 「Thanks To You」と「Don't Make Me Wait」がダブ最初であるシェップ・ペティボーンラリー・レヴァンは、アンダーグラウンド彼自身グループであるピーチ・ボーイズを含む、様々なポスト・ディスコ・アーティストをプロデュース・リミックスする際に、ダブ技術を使う。シナモンの「Thanks To You」、D・トレインの「You're the One for Me」、ピーチ・ボーイズの「Don't Make Me Wait」といったポスト・ディスコの曲達は、これまでにない新し音楽スタイルハウス・ミュージック)だった。 DJミキサープロデューサーとして新し音楽創造した音楽家は、例えアーサー・ベイカーラリー・レヴァンフランキー・ナックルズシェップ・ペティボーンカシーフなどである。 ポスト・ディスコ続いたポップ・ロック電子音楽R&Bミュージシャンは、例えテレックスD・トレイン、シャロン・レッド、Musique、ゲイル・アダムス、パトリース・ラッシェンエムトゥーメイオーラスカイ、インナー・ライフ、ラファエル・キャメロン、エドウィン・バードソング、アンリミテッド・タッチ、カーティス・ブロウウォズ (ノット・ウォズ)リキッド・リキッドイマジネーションボビー・O、シャノン、タイメックス・ソーシャル・クラブ、S.O.S.バンドシャラマーレイクサイドミッドナイト・スターウィスパーズ、インスタント・ファンクなどである。 ポスト・ディスコアルバムには、マイケル・ジャクソンの『スリラー』(1982年)、パトリース・ラッシェンの『ハート泥棒』(1982年)、マドンナの『バーニング・アップ』(1983年)などがある。

※この「演奏者」の解説は、「ポスト・ディスコ」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「ポスト・ディスコ」の記事については、「ポスト・ディスコ」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 04:05 UTC 版)

サマータイム・ブルース (エディ・コクランの曲)」の記事における「演奏者」の解説

演奏者は推定含め以下のとおりである。 エディ・コクラン - リード・ボーカル、ベース・ボーカル、ギター コニー・スミス - ベース アール・パーマー - ドラムズ シャロン・シーリー - ハンドクラッピング(推定) ジェリー・ケープハート - ハンドクラッピング(推定

※この「演奏者」の解説は、「サマータイム・ブルース (エディ・コクランの曲)」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「サマータイム・ブルース (エディ・コクランの曲)」の記事については、「サマータイム・ブルース (エディ・コクランの曲)」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/04/30 11:31 UTC 版)

短篇集 (中島みゆき)」の記事における「演奏者」の解説

中島みゆき - Vocals 表・話・編・歴 中島みゆき シングル アザミ嬢のララバイ - 時代 - こんばんわ - 夜風の中から - わかれうた - おもいで河 - りばいばる - かなしみ笑い - ひとり上手 - あした天気になれ - 悪女 - 誘惑 - 横恋慕 - あの娘 - ひとり - 孤独の肖像 - つめたい別れ - あたいの夏休み - 見返り美人 - やまねこ - 御機嫌如何 - 仮面 - 涙-Made in tears- - あした - with - トーキョー迷子 - 誕生/Maybe - 浅い眠り - ジェラシー・ジェラシー - 時代/最後の女神 - 空と君のあいだに/ファイト! - 旅人のうた - たかが愛 - 愛情物語 - 命の別名/糸 - 瞬きもせず - 地上の星/ヘッドライト・テールライト - 銀の龍の背に乗って - 帰れない者たちへ - 一期一会 - 愛だけを残せ オリジナルアルバム 私の声が聞こえますか - みんな去ってしまった - あ・り・が・と・う - 愛していると云ってくれ - 親愛なる者へ - おかえりなさい - 生きていてもいいですか - 臨月 - 寒水魚 - 予感 - はじめまして - 御色なおし - miss M. - 36.5℃ - 中島みゆき - グッバイ ガール - 回帰熱 - 夜を往け - 歌でしか言えない - EAST ASIA - 時代-Time goes around- - LOVE OR NOTHING - 10 WINGS - パラダイス・カフェ - わたしの子供になりなさい - 日-WINGS - 月-WINGS - 短篇集 - 心守歌-こころもりうた - おとぎばなし-Fairy Ring- - 恋文 - いまのきもち - 転生 TEN-SEI - ララバイSINGER - I Love You, 答えてくれ - DRAMA! ベストアルバム 中島みゆき THE BEST - Singles - 中島みゆき PRESENTS BEST SELECTION 16 - 中島みゆき BEST SELECTION II - Singles II - 大吟醸 - 大銀幕 - Singles 2000 - 元気ですか ライブアルバム 歌暦 - 中島みゆきライヴ! Live at Sony Pictures Studios in L.A. - 歌旅 -中島みゆきコンサートツアー2007- 夜会 VIDEO & DVD 夜会1990 - KAN TAN邯鄲)- 金環蝕 - 花の色はうつりにけりないたづらわが身世にふる ながめせし間に - シャングリラ - 2/2 - 問う女 - 海嘯 - 夜会軌跡 19892002 - 24時0時発 - 24時00時ライブDVD 中島みゆきライヴ! Live at Sony Pictures Studios in L.A. - 歌旅 -中島みゆきコンサートツアー2007- プロモーションビデオ集 VIDEO & DVD A FILM of Nakajima Miyuki - FILM of Nakajima Miyuki II - THE FILM of Nakajima Miyuki - 歌姫 LIVE in L.A. ラジオ番組 中島みゆきのオールナイトニッポン - ジョイフルポップ - 中島みゆき お時間拝借 - 中島みゆき ほのぼのしちゃうのね この「短篇集 (中島みゆき)」は、アルバム関連した書きかけ目です加筆訂正などして下さ協力者求めてます。(P:音楽/PJアルバム

※この「演奏者」の解説は、「短篇集 (中島みゆき)」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「短篇集 (中島みゆき)」の記事については、「短篇集 (中島みゆき)」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 07:42 UTC 版)

人間椅子傑作選 二十周年記念ベスト盤」の記事における「演奏者」の解説

和嶋慎治 - ギターボーカル 鈴木研一 - ベースボーカル 上館徳芳 - ドラムス 後藤マスヒロ - ドラムスボーカル 土屋厳 - ドラムスボーカル ナカジマノブ - ドラムスボーカル 表 話 編 歴 人間椅子和嶋慎治(ギター・ヴォーカル) 鈴木研一(ベース・ヴォーカル) ナカジマノブ(ドラムス・ヴォーカル) 旧メンバー上館徳芳 後藤マスヒロ 土屋シングル1.夜叉ヶ池 - 2.幸福のねじ - 3.もっと光を! - 4.刀と鞘 - 5.泥の - 6.針の山 アルバム オリジナルindies.人間椅子 - 1.人間失格 - 2.桜の森の満開の下 - 3.黄金の夜明け - 4.羅生門 - 5.踊る一寸法師 - 6.無限の住人 - 7.頽廃芸術展 - 8.二十世紀葬送曲 - 9.怪人二十面相 - 10.見知らぬ世界 - 11.修羅囃子 - 12.三悪道中膝栗毛 - 13.瘋痴狂 - 14.真夏の夜の夢 - 15.未来浪漫派 - 16.此岸礼讃 - 17.萬燈籠 - 18.無頼豊饒 - 19.怪談 そして死とエロス - 20.異次元からの咆哮 - 21.新青年 ベスト1.ペテン師と空気男〜人間椅子傑作選〜 - 2.押絵と旅する男〜人間椅子傑作選 第2集〜 - 3.人間椅子傑作選 二十周年記念ベスト盤 - 4.現世は夢 〜25周年記念ベストアルバム〜 ライブ1.疾風怒濤〜人間椅子ライブ!ライブ!! - 2.威風堂々〜人間椅子ライブ!! 関連項目徳間ジャパンコミュニケーションズ 三宅裕司のいかすバンド天国 大日本仏像連合 この項目は、アルバム関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJアルバム)。

※この「演奏者」の解説は、「人間椅子傑作選 二十周年記念ベスト盤」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「人間椅子傑作選 二十周年記念ベスト盤」の記事については、「人間椅子傑作選 二十周年記念ベスト盤」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/28 09:28 UTC 版)

チャラパルタ」の記事における「演奏者」の解説

チャラパルタの演奏者はチャラパルタリアク(Txalapartariak)と呼ばれる1980年代以降に何組もの著名な演奏者生まれている。アリゴリアガ出身のホス・ゴイリは演奏にとても神秘的なアプローチ導入し話題呼んだ何冊かの書籍出版した1980年代におけるもう一組重要な演奏者はアスペレナ出身のヘルラ・ベティ、ペルディ、ルベンであり、彼らはチャラパルタ新素材導入試みた1984年以降、トマス・サン・ミゲル(バスク語版)はヘルラ・ベティとともにピアノ&アコーディオンデュオ組んで演奏している。1994年には、アルバムLesao』を発表して称賛された。1996年には『Ten』、2005年には『Dan-Txa』と、さらに2枚チャラパルタアルバム発表しており、これらは三部作としてまとめられている。『Dan-Txa』では、マイカサラゴメス姉妹双子からなるスウィングデュオのトトゥクナック(Ttukunak)が、ヘルラ・ベティからスティック引き継いだ。 8人で構成されるトゥタクンパは、2003年に『トゥタクンパ』(グループ名と同名)というアルバム発表した。彼らは木と石でできたチャラパルタを、マリセネガルなどのアフリカの様々な打楽器ジャンベやケンケニ)、歌、要素組み合わせている。フェリペとイマノルのウガルテ兄弟1990年代初頭チャラパルタ演奏を始め兄のフェリペは弟のウガルテ指導して、すぐにストリートフェスティバルでの演奏開始した夏期サン・セバスティアンブールバール通り並木道通り)で演奏することで知られており、何度か世界中で演奏旅行行ったほか、自身のレーベルから2枚アルバム発表している。 オレカTX1990年代末からケパ・フンケラバンド加わってコンサートアルバム参加しトリキティシャ他の民俗楽器との合奏行っている2006年には世界中旅する演奏旅行の様子を記録したドキュメンタリー映画遊牧チャラパルタ バスク幻の伝統打楽器奏者オレカTXの旅』(原題 : Nomadak TX)が公開されサン・セバスティアン国際映画祭のCICAE賞特別な視点部門ダーバン国際映画祭審査員特別賞など、世界中映画祭で8部門ノミネートされて7部門受賞したオレカTX2000年2013年日本訪れて公演行っており、日本スペイン交流400周年記念イベントの一環として開催され2013年コンサートではガイタ英語版)(ガリシアバグパイプ奏者のカルロス・ヌニェス(英語版)やフラメンコ・ピアニストのP・リカルド・ミーニョとともに公演行った。 トトゥクナック アマチュアの演奏者 アマチュアの演奏者 アマチュアの演奏者

※この「演奏者」の解説は、「チャラパルタ」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「チャラパルタ」の記事については、「チャラパルタ」の概要を参照ください。


演奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/17 11:53 UTC 版)

ハバ・ナギラ」の記事における「演奏者」の解説

歌手ハリー・ベラフォンテが歌うバージョン知られていて、1959年アルバムBelafonte at Carnegie Hall』に収録されている。しかし、ベラフォンテはこの曲をコンサートではめったに歌わなかった。代表曲である「バナナ・ボートと「ハバ・ナギラ」の2曲についてベラフォンテは「人生はそれがなければ価値がないアメリカユダヤ人ほとんどは、この歌を私で知ることになった」と語った。 アーヴィング・フィールズ チャビー・チェッカー コニー・フランシス ディック・デイル・アンド・デル・トーンズ グレン・キャンベル ボブ・ディラン レナ・ホーン ダリダ ニール・ダイアモンド フィンランドのパワーメタルバンドのソナタ・アークティカは、「ハバ・ナギラ」を歌った後に「The Vodka Song」という曲鳴らしてショー終える。* 2009年6月16日イスラエルのテルアビブアメリカのプログレッシブ・メタルバンドのドリーム・シアターが「ハバ・ナギラ」を演奏したチャラン・ポ・ランタン愉快なカンカンバルカン

※この「演奏者」の解説は、「ハバ・ナギラ」の解説の一部です。
「演奏者」を含む「ハバ・ナギラ」の記事については、「ハバ・ナギラ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「演奏者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

演奏者

出典:『Wiktionary』 (2021/10/09 14:46 UTC 版)

名詞

   (えんそうしゃ)

  1. 歌曲において演奏をする人。奏者

関連語

翻訳


「演奏者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「演奏者」の関連用語

演奏者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



演奏者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの演奏者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのもう止まらない (改訂履歴)、月光蟲 (改訂履歴)、断罪!断罪!また断罪!! (改訂履歴)、UFOと恋人 (改訂履歴)、新人 (アルバム) (改訂履歴)、猫のテブクロ (改訂履歴)、ケン・バウ (改訂履歴)、公式セルフカバーベスト 4半世紀 (改訂履歴)、ビー・ヒア (改訂履歴)、人間椅子 (アルバム) (改訂履歴)、踊る一寸法師 (アルバム) (改訂履歴)、浅川マキ (アルバム) (改訂履歴)、夏.インストール (改訂履歴)、ペダルピアノ (改訂履歴)、メロトロン (改訂履歴)、SISTER STRAWBERRY (改訂履歴)、ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック (改訂履歴)、頽廃芸術展 (改訂履歴)、サーカス団パノラマ島へ帰る (改訂履歴)、THE ROOSTERS (アルバム) (改訂履歴)、ゴジラ伝説 (改訂履歴)、星空への旅立ち (コーリング・オキュパンツ) (改訂履歴)、ポスト・ディスコ (改訂履歴)、サマータイム・ブルース (エディ・コクランの曲) (改訂履歴)、短篇集 (中島みゆき) (改訂履歴)、人間椅子傑作選 二十周年記念ベスト盤 (改訂履歴)、チャラパルタ (改訂履歴)、ハバ・ナギラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの演奏者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS