一期一会とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > > 数字 > 一期一会の意味・解説 

一期一会

読み方:いちごいちえ

一期一会とは、一期一会の意味

一期一会とは、一生に一度出会いであり、二度とないという意味である。「一期」とは「一生」を表し、「一会」とは「一度出会い」という意味を持つ。一期一会の語は茶道由来し、茶会一生に一度のものと心得誠意尽くし臨むべきであるという考えからきている。千利休弟子が「山上宗二記」という文献著し言葉語源である。

一期一会の語は座右の銘として使われることの多いことわざである。英語では once in a whileonce in a lifetime chance などと訳され、「一生に一度チャンス」というような意味を持つ。

一期一会の類語、反対語

一期一会の類語としては「千載一隅」や「後生一生」があり、どちらも二度とないこと、一生に一度という意味である。反対語は「一生何度も起こること」というよう表現になってしまうため、四字熟語ことわざ存在しないが、あえて表現するのであれば日常茶飯事」などが挙げられる。

一期一会の例文、使い方

一期一会を使った例文は「旅先で出会いは一期一会である」「どの仕事も一期一会だと考え取り組む」などがある。どちらも使い方としては「一生に一度出会い」という意味で使われているが、「一期一会」は人に対してだけではなく、ものや状況に対しても使うことができる。意識をして世の中を見れば、すべてのことは一生に一度しかないことと言え出会った人や体験したことすべてを「一生に一度」と捉え大切にしていくということが本来の意味であり、使い方である。

いちご‐いちえ〔‐イチヱ〕【一期一会】

《「山上宗二記」の中の「一期一度の会」から》茶の湯で、茶会毎回一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。転じて、一生に一度しかない出会い一生に一度かぎりであること。

[補説] 書名別項。→一期一会


いちごいちえ〔イチゴイチヱ〕【一期一会】


いちご‐いちえ ‥イチヱ 【一期一会】

〔名〕 (安土桃山時代茶人で、千利休弟子であった宗二の著「山上宗二記茶湯者覚悟十体」にある「一期一度の会」から) 一生に一度会うこと。また、一生に一度限りであること。

茶湯一会集(1845頃)「抑茶湯交会は、一期一会といひて〈略〉実に我一世一度の会なり」

[語誌]茶道書で、茶室での交会心構え態度を示す語句として発生し、後、人との出会い大切にするという意の一般語として用いようになった


一期一会

作者網野菊

収載図書日本短篇
出版社文芸春秋
刊行年月1989.3

収載図書昭和文学全集 7
出版社小学館
刊行年月1989.5

収載図書一期一会・さくらの花
出版社講談社
刊行年月1993.7
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書網野菊芝木好子中里恒子
出版社角川書店
刊行年月1999.5
シリーズ名女性作家シリーズ


一期一会

作者郡順史

収載図書士魂 死狂い
出版社春陽堂書店
刊行年月1991.5
シリーズ名春陽文庫


一期一会

作者豊田穣

収載図書豊田穣文学戦記全集15
出版社光人社
刊行年月1994.4


一期一会

作者北原亜以子

収載図書贋作 天保六花撰
出版社徳間書店
刊行年月1997.4

収載図書贋作天保六花撰
出版社講談社
刊行年月2000.6
シリーズ名講談社文庫


一期一会

作者ドリアン・T.助川

収載図書げろりん
出版社集英社
刊行年月1999.8


一期一会

作者牛島富美

収載図書村祭りの夜牛島富美小説
出版社竹林
刊行年月2000.1


一期一会

作者星野明子

収載図書さなぎ
出版社新風舎
刊行年月2007.7


一期一会

作者市井

収載図書蓮に乗った蛙―あるホームレスの死
出版社新風舎
刊行年月2007.8


一期一会

読み方:イチゴイチエichigoichie

作者 網野菊

初出 昭和42年

ジャンル 小説


一期一会


一期一会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/05 00:53 UTC 版)

一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来する日本ことわざ四字熟語。茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する[1]。茶会に限らず、広く「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」という含意で用いられ、さらに「これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい」と言う言葉。


  1. ^ a b 「一期一会」『茶の湯用語集』 表千家不審菴、2005年、2015年1月3日閲覧
  2. ^ a b 『スーパー大辞林』三省堂、2013年
  3. ^ 竹鼻 圭子「観光と茶の湯に見られる非日常の洗練と成熟 : 希求される『もう一つの日常』」『観光学』和歌山大学、2009年、2巻、23-33頁、NAID 110007568990
  4. ^ 活字は奥田正造編『茶湯一会集』1936年、NDLJP:1185983に従い、ルビは適宜省略し、ルビのみ現代仮名遣いに改めた
  5. ^ 母利 美和「井伊直弼の著述活動と片桐宗猿 : 石州流相伝の師系をめぐって」『史窓』2005年、62巻、1-44頁、NAID 110004475962


「一期一会」の続きの解説一覧

一期一会

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 01:50 UTC 版)

成句

いちごいちえ

  1. 人と人との出会いは、一生一度のものである心得思い残すことの無いように接するべきであるとの教え。元は、茶道におけるもの。「一期」は一生意味

関連語

翻訳




一期一会と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一期一会」の関連用語

一期一会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一期一会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一期一会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの一期一会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS