座右の銘とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 格言 > 座右の銘の意味・解説 

ざゆう‐の‐めい〔ザイウ‐〕【座右の銘】

読み方:ざゆうのめい

いつも自分の座る場所のそばに書き記しておいて、戒めとする文句


座右の銘

作者滝沢美恵子

収載図書ドンツク囃子
出版社角川書店
刊行年月1995.3


座右の銘

作者北原亜以子

収載図書傷―慶次郎縁側日記
出版社新潮社
刊行年月1998.9

収載図書傷―慶次郎縁側日記
出版社新潮社
刊行年月2001.4
シリーズ名新潮文庫


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 04:26 UTC 版)

鹿児島県立川辺高等学校」の記事における「座右の銘」の解説

弘毅正大心 競進期優越 不断刺我新 忠実自学制定時期不詳旧制川辺中学であった大正7年頃には講堂正面に掲げられていた。全校生徒学生生活指針として朝礼斉唱する。神戈陵精神の中核という位置づけである。

※この「座右の銘」の解説は、「鹿児島県立川辺高等学校」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「鹿児島県立川辺高等学校」の記事については、「鹿児島県立川辺高等学校」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 09:24 UTC 版)

井上幸一 (実業家)」の記事における「座右の銘」の解説

知識ではなく知恵】を求めよう知識】は今を生き抜くことができるが 【知恵】は未来を創造することができる さあ腕を撒くって 汗をかこう 机の上考えるのは 似合わない 挑戦出来ることは 【幸せなコトなのです

※この「座右の銘」の解説は、「井上幸一 (実業家)」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「井上幸一 (実業家)」の記事については、「井上幸一 (実業家)」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 10:17 UTC 版)

福島祥郎」の記事における「座右の銘」の解説

身心一如私たちは、日常生活において視触などの性質から、人は心身二つ要素によって構成されていると考えがちである。しかし、実際に人の本質理解するためには、分離せず同一のものとしてとらえ、その生命根本真理一つ原器から生じていると考え哲学観表している。

※この「座右の銘」の解説は、「福島祥郎」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「福島祥郎」の記事については、「福島祥郎」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 02:56 UTC 版)

高橋尚子」の記事における「座右の銘」の解説

「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く。」

※この「座右の銘」の解説は、「高橋尚子」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「高橋尚子」の記事については、「高橋尚子」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 09:55 UTC 版)

渡辺直由 (政治家)」の記事における「座右の銘」の解説

我以外皆我師(私以外の皆が私の師であるという謙虚さ失わないための言葉)、剣豪 宮本武蔵言葉とされている

※この「座右の銘」の解説は、「渡辺直由 (政治家)」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「渡辺直由 (政治家)」の記事については、「渡辺直由 (政治家)」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 02:49 UTC 版)

辻泰弘」の記事における「座右の銘」の解説

泰山は土壌を譲らず故に能くその大を為す

※この「座右の銘」の解説は、「辻泰弘」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「辻泰弘」の記事については、「辻泰弘」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 07:30 UTC 版)

中村比呂志」の記事における「座右の銘」の解説

初心忘るべからず 何を行うにしても3年程度はかかるので、3年やってみて判断するようにしている。 石の上にも3年 人生の岐路迎えるたびに初心に帰って自分振り返るようにしている。そうすることで、最初の考えら変わっていないか、変わってても良い方向か悪い方向かを自分の中で検証することが重要だ考えている愛するものは愛される中村氏作った座右の銘) 相手愛情注ぎ相手を思うことで、相手こちらに心を開いてくれるという意味。愛をテーマ生きたジョン・レノン参考となっている。

※この「座右の銘」の解説は、「中村比呂志」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「中村比呂志」の記事については、「中村比呂志」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 02:40 UTC 版)

バーディー (歌手)」の記事における「座右の銘」の解説

バーディー人生哲学以下のものだと都度述べている。 「ただあなた自身たれ。あなたの愛すること行い人々どう思うかは問題でない。」 「地に足を着けていなさい。」 「していることを楽しんでいること、それを確かとすることは重要です。それは自然に来るものでなければなりません。とにかくそれが私がそのようにしようと試みていることです。」

※この「座右の銘」の解説は、「バーディー (歌手)」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「バーディー (歌手)」の記事については、「バーディー (歌手)」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 18:16 UTC 版)

鈴木敏文」の記事における「座右の銘」の解説

座右の銘は「変化対応」である。中学1年時に太平洋戦争敗戦経験し戦争には勝つと思っていたのが玉音放送1日全て覆った社会変化するから適応していかなければならない。しかし、どう変化するかは常にわからない。だから他人に依存せず自分大切にすることが出発点になる、と考えている

※この「座右の銘」の解説は、「鈴木敏文」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「鈴木敏文」の記事については、「鈴木敏文」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 05:33 UTC 版)

谷川真理」の記事における「座右の銘」の解説

忍耐苦しい けれどもその実は甘い」 かつてまだ無名OL業を務めていた谷川が、都民マラソン(12km)での優勝目指してトレーニングしていた頃、新宿走っていた時にふと立ち寄った熊野神社入り口近くに、「今月言葉」が掲げられていたのが上記だった。これを見たときに谷川自身「なんて今の自分にぴったりの言葉なんだろう」と感激したという。実際谷川は、苦しトレーニング重ねた結果その都民マラソン優勝果たしシドニーマラソン大会への無料招待という「甘い実」を手に入れた、とのエピソードを自らよく語っている。

※この「座右の銘」の解説は、「谷川真理」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「谷川真理」の記事については、「谷川真理」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 04:15 UTC 版)

塩谷茂樹」の記事における「座右の銘」の解説

モンゴル語ことわざより、以下の2つである。 ・Санаж явбал бүтдэг, Сажилж явбал хүрдэг (Sanaj yawbal bütdeg, Sajilj yawbal khürdeg) 「思って行けば実現する、ゆっくり行けば到着する」 -日本語の「志ある者は事竟(つい)に成る」、「有志竟成(ゆうしきょうせい)」に相当する。 ・Эдээр биеэ чимэхээр Эрдмээр биеэ чим (Edeer biyee chimekheer Erdmeer biyee chim) 「物で自らを飾るよりも学で自らを飾れ」 -日本語の「学問一生の宝」に相当する上記の2つは、塩谷大阪大学外国語学部モンゴル語や、豊中キャンパスの共通教育等の授業の中で学生たちに必ず紹介することわざとして知られている

※この「座右の銘」の解説は、「塩谷茂樹」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「塩谷茂樹」の記事については、「塩谷茂樹」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 08:11 UTC 版)

孫暁剛」の記事における「座右の銘」の解説

Seeing is believing. Think globally, act locally」。

※この「座右の銘」の解説は、「孫暁剛」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「孫暁剛」の記事については、「孫暁剛」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 00:44 UTC 版)

小宮久 (起業家)」の記事における「座右の銘」の解説

ズボンは、2枚履けない。足は、2本しかない胴体は、1つしかない人生は、自分主人公この人生は、誰の人生でもなく自分本人人生なのだから、一生懸命に謳歌しなくてはいけない人間は、思ったことが必ず起こる。悪く考えれば悪くなり、良く考えれば良くなるこうなると思ったことがこうなる。できなかったことは思い足りなかったと言うこと

※この「座右の銘」の解説は、「小宮久 (起業家)」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「小宮久 (起業家)」の記事については、「小宮久 (起業家)」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 13:18 UTC 版)

斎藤外市」の記事における「座右の銘」の解説

わが大日本国をして世界最強たらしむるには、軍機精良なるもの待たざるべからず然してわが国には、世界征服し軍機精良なるものありや。 遺憾ながら無し、ゆえに吾は世界征服し、わが大日本国をして、世界強国たらしむ軍機発明ざるべからず

※この「座右の銘」の解説は、「斎藤外市」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「斎藤外市」の記事については、「斎藤外市」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 14:55 UTC 版)

三野重和」の記事における「座右の銘」の解説

学びて思わざれば則ち罔し思ひ学ばざれば則ち殆し 外からいくら学んで自分で考えなければ物事本当にわからない自分でいくら考えていても外から学ばなければ独断的になって誤る危険がある学問でも「学習」と「自分で考える」の両方大切なのです。

※この「座右の銘」の解説は、「三野重和」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「三野重和」の記事については、「三野重和」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 07:21 UTC 版)

立岡脩二」の記事における「座右の銘」の解説

災い転じて福となす。常にプラス思考

※この「座右の銘」の解説は、「立岡脩二」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「立岡脩二」の記事については、「立岡脩二」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/27 08:52 UTC 版)

標語」の記事における「座右の銘」の解説

座右の銘(ざゆうのめい)とは、集団ではなく、個人自らの行動戒めとするために日常的に心に留めておくための言葉。『文選』に収められ後漢の崔瑗(崔子玉)による文章座右銘」に由来する

※この「座右の銘」の解説は、「標語」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「標語」の記事については、「標語」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 01:14 UTC 版)

伊瀬芳吉」の記事における「座右の銘」の解説

Where there is a will,there is a way. 努力あるところに 必ず道はひらけてくるものです

※この「座右の銘」の解説は、「伊瀬芳吉」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「伊瀬芳吉」の記事については、「伊瀬芳吉」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 03:34 UTC 版)

梶川武志」の記事における「座右の銘」の解説

「忍之一字自身の使用ボールには必ずプリントしている。

※この「座右の銘」の解説は、「梶川武志」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「梶川武志」の記事については、「梶川武志」の概要を参照ください。


座右の銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 15:44 UTC 版)

田中隆造」の記事における「座右の銘」の解説

PUT YOURESELF INTO HIS POSITION 他人立場尊重も亦勝れた社会人必須条件であることも忘れてはならない

※この「座右の銘」の解説は、「田中隆造」の解説の一部です。
「座右の銘」を含む「田中隆造」の記事については、「田中隆造」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「座右の銘」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

座右の銘

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 12:09 UTC 版)

成句

座右ざゆうのめい

  1. いつも身辺置いて戒め励ましとする言葉

発音(?)

ざ↗ゆーのめ↘ー

翻訳


「座右の銘」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



座右の銘と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「座右の銘」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



座右の銘のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの鹿児島県立川辺高等学校 (改訂履歴)、井上幸一 (実業家) (改訂履歴)、福島祥郎 (改訂履歴)、高橋尚子 (改訂履歴)、渡辺直由 (政治家) (改訂履歴)、辻泰弘 (改訂履歴)、中村比呂志 (改訂履歴)、バーディー (歌手) (改訂履歴)、鈴木敏文 (改訂履歴)、谷川真理 (改訂履歴)、塩谷茂樹 (改訂履歴)、孫暁剛 (改訂履歴)、小宮久 (起業家) (改訂履歴)、斎藤外市 (改訂履歴)、三野重和 (改訂履歴)、立岡脩二 (改訂履歴)、標語 (改訂履歴)、伊瀬芳吉 (改訂履歴)、梶川武志 (改訂履歴)、田中隆造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの座右の銘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS