心とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > の意味・解説 

ここり【心】

「こころ」の上東国方言という。

群玉のくるにくぎ鎖(さ)し固めとし妹(いも)が—は動(あよ)くなめかも」〈四三九〇〉

[補説] 例歌の原文「去去里」の「里」は「ろ」の乙類仮名にも用いるので、「こころ」の誤読とする説がある。


うら【心】

《「裏」と同語源で、表に見えないものの意から》

こころ。思い内心。→心(うら)もなし

形容詞動詞に付いて、心の中で、心の底からの意を表し、さらにその意が弱まって、何ということなく、何とはわからず、おのずからそのよう感じられるの意を表す。「心悲しい」「心寂しい」「心荒(さ)ぶ」


しん【心】

[音]シン(呉)(漢) [訓]こころ

学習漢字2年

[一]シン

五臓の一。心臓。「心悸心筋心室腹心狭心症

こころ。精神。「心境心魂心情心身・心配・心理/安心・一心改心・感心・疑心苦心細心執心小心傷心専心童心内心・熱心・変心・放心発心(ほっしん)・本心民心無心野心用心(ようじん)・良心

まん中物事のかなめ。「心棒核心湖心重心中心天心都心灯心

[二]〈こころ(ごころ)〉「心得気心下心真心

名のり]うち・きよ・ご・ごり・さね・なか・み・むね・もと

難読心地(ここち)・心算(つもり)・灯心(とうしみ)・心太(ところてん)・稈心(みご)


こころ【心】

人間理性知識感情意志などの働きのもとになるもの。また、働きそのものひっくるめていう。精神心情。「心の豊かな人」「心に浮かぶ思い」「心と心触れ合い」「心を痛める」「心の晴れる時もない」

偽り飾りのない本当の気持ち本心。「心が顔に現れる」「心から感謝する」「心にもないほめ言葉」「口と心の違う人」

㋑身についた感じ方考え方傾向性分性根。「生まれついての心は変わらない」「ねじけた心」「心を入れ替える

物事について考え判断する働き考え思慮分別。「心を決めたら迷わず進む」「会社再建心を砕く

他人状況察していたわる気持ち思いやり情け人情味。「心のこもった贈り物」「心をこめて編んだセーター

㋔あることをしようとする気持ち意志。「やるしかない心を決める」「行こうという心が起こらない」

物事対す関心興味。「遊び心を奪われる

自分と異なるものを認め受け入れ余裕度量。「広い心持ち主」「心の狭い人」

物事美しさおもしろさのわかる感覚風流心。「詩の心にふれる」「美を求める心」

覚えていること。記憶。「心に深く刻まれた痛み」「心に残る名演技

気をつけること。注意留意。「心が行き届く」「隅々にまで心を配る

物事本質をなす意味。また、芸術上の理念。「演技の心を会得する」「能の心は幽玄にある」

なぞ解きなどで、その理由。わけ。「田舎便りとかけて豆腐ととく。心はまめ(豆)で稼いでいる

全く異なる他の物事見立てること。つもり。

「まだ蓬莱(ほうらい)は飾らねども、まづ正月の—」〈浄・阿波の鳴門

おもしろくない思いまた、分け隔てする気持ち

「かく親しき御仲らひにて、—あるやうならむも便なくて」〈源・若菜上

[下接句] 気は心口は口心は心犬馬の心旅は情け人は心二千里の外(ほか)故人心・人見目(みめ)よりただ心

[補説] 書名別項。→こころ

[補説]  
2015年実施した「あなたの言葉辞書に載せよう。2015キャンペーンでの「心」への投稿から選ばれた優秀作品。

漢字で書くのは簡単だが、読むのは極めて難しいもの。
へいしょさん

体の中にある細いのようなもの。強いストレスがかかるとポキッと折れことがある
ちいちゃんパパさん

◆ある者にとっては鋼であり、ある者にとってはガラスであるもの。
Kentaさん

世の中で一番売ってはいけないもの。
Shinさん

誰も見た事がないのに、誰もがその存在確信しているもの。
saraさん

◆無限のエネルギー。しかし時には熱を持ちすぎ制御不能になるときもある。二つ使用するときは特に注意恋愛など)。
まなぶさん

人間。不安定で常に変化しており、脆く弱く壊れやすく、ときに自分生死をも左右しうるもの。しかし、苦境乗り越えるたびに強くなる。
bunbunさん

せかいいち性格の悪いともだち
ホンダマリコさん

人間存在する原点。目に見えないが、感情思考、それに伴う行動などの人間には不可欠なものを動かす、なくてはならないもの。
水泳部マネージャーさん

人間部分存在するようで存在せず、存在しないようで存在する。
ゆいおさん

◆目に見えず触れることもできず、あったりなかったり、強かったり細かったり、人によっては頻繁に折れたりする。なのに、時々、すべてに打ち克つ力になる
ふくにゃさん

◆頭の良きライバル
カリカリさん

◆簡単には開かない箱の中存在する世界。「心友」にだけ合鍵渡しておく。
かぐやさん

他者感じるときにその存在初め気づくもの。
スエルテさん


けけれ【心】

「こころ」の音変化東国方言

甲斐が嶺(ね)をさやにも見しが—なく横ほり伏せる小夜(さや)の中山」〈古今東歌


しん【心】

精神。こころ。また、こころの奥底。「心、技、体のそろった力士」「心の強い人」→心(しん)から

多くと書く)もののなか。中央中心

内部奥深いところ。「からだの心まで冷える」

中央にあって、重要な役割をになう部分。「鉛筆の心」「蝋燭(ろうそく)の心」「一家心となって働く」

㋒火が通っていない飯粒や麺の、中央の硬い部分。「心のある御飯

物の形状を保つために、その内部に入れるもの。「襟に心を入れる

1宿るとされたところから》心の臓心臓。「心不全

二十八宿の一。東方第五宿。蠍座(さそりざ)のアンタレスほか二星をさす。なかごぼし心宿

⇒真(しん)7

仲間友だち

「おいらも—に入れねえな」〈滑・浮世風呂・前〉


こころ

[一](心)《原題Kokoro小泉八雲著作明治29年(1896)刊。副題は「日本内面生活暗示影響」。

[二](こゝろ)夏目漱石小説大正3年(1914)発表罪悪感孤独感人間憎悪の念がついには自己否定に至るという、個人主義思想極致を描く。


しん【真】

うそや偽りでないこと。にせものでないこと。本当真実ほんもの。「真の芸術」「真の勇気

まじりけがないこと。本来の意味どおりであること。「真の紅」「真の正方形

道理として正しいこと。真理。「真を究める

まじめなこと。真剣なこと。また、そのさま。「真になって相談にのる

論理学で、ある命題事実一致すること。また、そのさま。⇔偽(ぎ)。「逆もまた真なり」

楷書」に同じ。「真、行、

(「心」とも書く)

華道で、構成中心となる役枝(やくえだ)。

㋑「真打(しんうち)」の略。


うら【心】

1⃣ 〔名〕 (「裏」「浦」と同語源。上代では、「うらもなし」という慣用的表現中に見られるにすぎず、多く語素としての用法である) 心。心のうち

2⃣ 〔語素形容詞およびその語幹動詞の上に付いて「心の中で」「心から」「心の底からしみじみと」の意を添える。「うらあう」「うらがなし」「うらぐわし」「うらごい」「うらさびし」「うらどい」「うらなき」「うらまつ」「うらもう」「うらやす」など。

[語誌](1)上代において同じく「心」の意をもつ「うら」と「した」のちがいは、「うら」が、意識して隠すつもりはなくても表面にはあらわれ隠れている心であるのに対し、「した」は、表面にあらわすまいとしてこらえ隠している心であるという。
(2)語素としての「うら」の結合範囲は、中古以後ほとんど形容詞に限られ、「うら」の意味も弱まって「おのずと心のうちそのような感情わいてくる」意となる。その結果ものがなしい」などの「もの」と類似した意味にとれるが、「もの」は情意、状態の対象漠然と示し外的であるのに対し、「うら」は内面的である。
(3)古今集」をはじめ、和歌では、「うら」が「心」の意と「浦」や「裏」の意味を掛けて使われることがあるが、すでに「古事記‐上歌謡」の「わが心浦渚(うらす)のぞ」や「万葉三三三六」の「いさなとり海の浜辺に浦も無くふしたる人は」などでも、「うら」に「心」と「浦」が掛けられている。


ここり【心】

〔名〕 誤読によって「こころ(心)」の上東国方言とされていた語。

[補注]万葉四三九〇」の「群玉のくるにくぎさし固めとし妹が去々里はあよくなめかも」の「去々里」を「ここり」と訓んだことによる。「里」は、「ろ」の乙類仮名にも用いる。


こころ【心・情・意】

1⃣ 〔名〕 人間理知的情意的な精神機能つかさどる器官また、その働き。「からだ」や「もの」と対立する概念として用いられ、また、比喩的に、いろいろな事物の、人間の心に相当するものにも用いられる。精神。魂。

[一] 人間精神活動総合していう。

人間理性知識感情意志など、あらゆる精神活動のもとになるもの。また、そうした精神活動総称

古事記(712)下・歌謡「大君の 許許呂(ココロ)をゆらみ 臣(おみ)の子八重柴垣 入り立たずあり」

万葉(8C後)一二二九〇七「大夫(ますらを)の聰(さと)き神(こころ)も今は無し恋の奴(やつこ)にあれは死ぬべし」

表面からはわからない本当気持精神気持ありのままの状態。本心

古事記(712)上「然らば汝(いまし)の心の清く明きは何(いかに)して知らむ」

古今(905‐914)春上・四二「人はいさ心もしらずふるさとは花ぞむかしの香ににほひける〈紀貫之〉」

先天的、または習慣的そなわっている精神活動傾向性格性分気立て

万葉(8C後)一二二九八三「高麗剣(こまつるぎ)己(わ)が景迹(こころ)からよそのみに見つつや君を恋ひ渡りなむ」

伊勢物語(10C前)二「その人、かたちよりは心なんまさりたりける」

人知れず考え感情などを抱くところ。心の中内心

霊異記810‐824)下「猶、願を果さむと、睠(かへり)みて常に懐(こころ)に愁ふ真福寺訓釈 懐 心也〉」

俳諧三冊子(1702)わすれ水「人の方に行に、発句心に持行在り

[二] 人間精神活動のうち、知・情・意いずれか方面を特にとり出していう。

物事秩序だてて考え行動決定する精神活動思慮分別また、かなところまで行きとどいた気の配り周到配慮

万葉(8C後)一四・三四六三「ま遠く野にも逢はなむ己許呂(ココロ)なく里のみ中に逢へる背なかも」

源氏100114頃)薄雲「心の至る限りは、おろかならず思ひ給ふるに」

② とっさの気の配りまた、事に臨んで物事を処理してゆく能力機転気働き臨機応変の心。

(10C終)八三「さらば、かくなんと聞えよと侍りしかども、よも起きさせ給はじとてふし侍りにきと語る。心もなの事や、と聞く程に

自分気持異なったものを受け入れるときの精神的許容性。度量

源氏100114頃)夕顔我がいとよく思ひ寄りぬべかりし事を、譲り聞えて、心広さよ」

感情気分など、外界条件などに反応して心理内で微妙にゆれ動くもの。情緒

万葉(8C後)二・一四四磐代野中立て結び松情(こころ)も解けずいにしへ思ほゆ

古今(905‐914)春上・五三世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし〈在原業平〉」

(5) 他に対す思いやり他人に対して暖か反応する気持情け人情味情愛

万葉(8C後)一・一八「三輪山をしかも隠すかだにも情(こころ)有らなも隠さふべしや」

(6) 詩歌文学芸術情趣もののあわれなどを理解し、それを生み出すことのできる感性風流心

大和(947‐957頃)一四四「この在次君〈略〉心ある者にて、人の国のあはれに心細き所々にては歌よみて書きつけなどしける」

山家集(12C後)上「こころなき身にも哀はしられけりたつ沢の秋の夕暮

(7) ことばの発想のもとになる、人間意識感情言語表現支え精神活動

古事記(712)序「上古の時、言(ことば)意(こころ)、並びに(すなほ)にして、文を敷き句を構ふること、字に於きて即ち難し已にに因りて述べたるは詞(ことば)心に逮ばず」

古今(905‐914)仮名序「やまと歌は、人のこころを種として、よろづのことの葉とぞなれりける」

(8) ある物事意図し、その実現を望む気持考え企てること。また、その考え企て意向意志

万葉(8C後)三・四八一「結びてし 言(こと)は果さず 思へりし 心は遂げず

(9) 気持持ち方心構えまた、意図実現させるのに必要な意気ごみ精神力

源氏100114頃)若菜下「心によりなん、人はともかくもある」

(10) 構えてそういう気持になること。わざと、そのものとは違った見立てをすること。つもり。

浄瑠璃夕霧阿波鳴渡(1712頃)上「これかかまだ蓬莱はかざらね共、先正月の心三ばうかざってもっておじゃ」

(11) あらかじめ事の成りゆき想定または予定しておくこと。また、その予想予期想像覚悟常識的想定

(10C終)三一九「よう隠し置きたりと思ひしを、心よりほかにこそ漏り出でにけれ」

読本椿説弓張月(1807‐11)前「われ心ありて来たれども、終に索め得ず。今心なくしてを見るこそうれしけれ

[三] 人間にある特定の分野関わりの深い精神活動を特にとり出していう。

相手に逆らうような気持ひそかに抱くこと、また、その気持相手反逆したり、分け隔てをするような気持水くさい心。二心。異(こと)心。あだし心。隔意

万葉(8C後)四・五三八人言繁みこちたみ逢はざりき心あるごとな思ひ吾が背子

宗教方面進んでいる気持道心宗教心信仰心信心

(10C終)一二〇「などて、この月ごろ詣でで過しつらんと、まづ心もおこる」

大鏡(12C前)六「さばかり道心なき者の、はじめて心起る事こそ候はざりしか」

世俗的なものに執着する気持迷いのままで悟れない心。雑念妄念我執煩悩俗情

ささめごと(1463‐64頃)下「ひとへに放埒を先として、身を軽くなす歌人世に多し。心を捨てたる人にまぎれ侍るべし」

[四] 事物について、人間の「心」に相当するものを比喩的にいう。

① 人に美的感興などを起こさせるもの。事物の持つ情趣風情おもむき

(10C終)三七濃くあをきに、花のいと白う咲きたるが、うち降りたるつとめてなどは、世になう心あるさまにをかし」

② あまりおおやけにされていない事情また、詳しいいきさつ内情実情

源氏100114頃)若紫「門うちたたかせ給へば、心知らぬ者の開けたるに」

物事本質的なあり方中心的すじみち物事道理

古今(905‐914)仮名序「ここに、古へのことをも、歌のこころをも知れる人、わづかにひとりふたりなりき」

内々でたくまれた、物事趣向。くふう。

源氏100114頃)帚木九日の宴にまづ難き詩の心を思ひめぐらし、いとまなきをりに」

(5) ことばの意味。わけ。語義また、詩歌文章などの含んでいる意味内容

古今(905‐914)仮名序ちはやぶる神世には、歌の文字も定まらず、すなほにして、言の心わきがたかりけらし」

平家13C前)六「たとへば此の朗詠の心は、昔、堯の御門二人姫宮ましましき」

(6) 事柄成り立たせている根拠物事理由また、謎ときなどの根拠。わけ。

海道記(1223頃)逆川より鎌倉法師は詣らずと聞けば、其の心を尋ぬるに」

(7) 歌論連歌論用語。

(イ) 和歌連歌主題表現意図。意味内容

古今(905‐914)仮名序「この歌、いかにいへるにかあらん、その心、えがたし

(ロ) 和歌連歌情趣感動余情などをいう。

新撰髄脳(11C初)「凡そ歌は心ふかく、姿きよげに、こころにをかしき所あるをすぐれたりといふべし」

(ハ) 和歌連歌表現の上にみられる、すぐれた感覚美的センス

永承年女御延子歌絵合(1050)「末いまめかしくこころありなど侍るは、ゆかぬことにぞ」

[五] 人体または事物について「心」にかかわりのある部位や「心」に相当する位置をいう。

物の中心物の中央。特に池についていうことが多い。まんなか。なかご。

躬恒集924頃)「散りぬともかげをやとめぬ藤の花池のこころのあるかひもなき」

人体で、心の宿ると考えられたところ。心臓。胸のあたり。胸さき。

古事記(712)下・歌謡「大猪子が 腹にある 肝向ふ 許許呂(ココロ)をだにか 相思はずあらむ」

(10C終)二九こころときめきするもの。雀の子飼ひ。ちご遊ばする所の前わたる」

2⃣ (こゝろ) 小説夏目漱石作。大正三年一九一四)発表友人Kを死に追いやった「先生」の心理的過程を、学生である「私」の目と、「先生」の遺書通して描く。近代知識人エゴイズム問題追究した作品


こり【心】

〔名〕 =こころ(心)

[補注]書紀神代上(水戸本訓)」の「所生(う)まるる神を号(なつ)けて田心姫(たコリひめ)と曰ふ」は、神名一部として用いられている。


しん【心】

1⃣ 〔名〕

① こころ。精神

伝光録(1299‐1302頃)伏駄密多尊者「たとひ衆生といふとも心意別称也。心を勝れたりとして、意を劣れりとすることなかれ

集成本狂言釣狐室町末‐近世初)「扨(さて)も扨もあの猟師といふ者は、疑ひのしんの深いものぢゃなあ」〔孟子告子・上〕

心臓心の臓。〔十巻本和名抄(934頃)〕 〔礼記‐少儀〕

胸部。むね。〔荘子天運篇〕

④ (「」とも書く) 物の中央また、中心構成する部分

(イ) まん中にあるもの。物の中心。〔日葡辞書(1603‐04)〕

女重宝記元祿五年)(1692)一「のさねを のみ又しん」〔南史孝義上・江泌〕

(ロ) 生け花で、中心になるや花。

仙伝抄(1445)「をしんにたてべからず

(ハ) 衿や帯、また、屏風や襖(ふすま)などに入れて形を整えるもの。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「おむすさんのお聞(きき)の下帯(さげおび)といふのはネ。心(シン)の厚く這入た」

(ニ) 飯などの煮えきらないで固い部分

思出の記190001)〈徳富蘆花〉九「尤も薩摩芋だけは、確かに鈴江君の手際と見へて大(おほい)に心(シン)があった」

(5) 中心となって活動するもの。一群の中での主要なもの。

(イ) 行動中心となるもの。主脳

洒落本多佳余宇辞(1780)「おまへを今夜のしんにして、遊ぶのだ」

(ロ) =しん(真)(14)

(6) 根拠基礎

2⃣ 二十八宿東方第五宿。さそり座中央部にあたる主星アンタレスほか二星をいう。心宿(しんしゅく)。商星なかごぼし。〔文明本節用集室町中)〕 〔史記天官書〕


こころ‐・する【心】

〔自サ変〕 [文]こころ・す 〔自サ変

気をつける気をつかう注意する。

後撰(951‐953頃)雑二・一一三八「心してまれに吹きつる秋風山おろしにはなさじとぞ思〈大輔〉」

徒然草1331頃)八七「下部酒飲まする事は、心すべきことなり

② その気持になる。そのつもりになる。心づもりをする。

源氏100114頃)総角中納言は、ひとり臥し給へるを、心しけるにやとうれしくて、心ときめき給ふに」


作者夏目漱石

収載図書新・ちくま文学 2 奇想天外
出版社筑摩書房
刊行年月1994.10

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2003.4
シリーズ名岩波文庫

収載図書明治大正小品
出版社おうふう
刊行年月2006.4

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2007.1
シリーズ名ワイド版岩波文庫


作者横溝正史

収載図書双生児は囁く横溝正史未収録」短編集
出版社角川書店
刊行年月1999.9
シリーズ名カドカワ・エンタテインメント

収載図書双生児は囁く
出版社角川書店
刊行年月2005.5
シリーズ名角川文庫


作者朝比奈敦

収載図書方先生
出版社編集工房ノア
刊行年月2003.3


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 23:23 UTC 版)

(こころ)は非常に多義的・抽象的な概念であり文脈に応じて多様な意味をもつ言葉であり、人間(や生き物)の精神的な作用や、それのもとになるものなどを指し、感情意志知識思いやり[注釈 1]などを含みつつ指している。


注釈

  1. ^ 他人の心情や身の上などに心を配ることやその気持ちを指すこと
  2. ^ 翻訳としては、アリストテレス著、桑子敏雄訳『心とは何か』 講談社学術文庫、1999年 ISBN 978-4061593633 など。
  3. ^ 発音を正しく表記するにはeの上に横棒を書く

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 新カトリック大事典 第2巻』研究社、2002年。
  2. ^ 申命記』 4:9
  3. ^ ヨシュア記』14:7
  4. ^ ローマ人への手紙』10:9-10
  5. ^ エゼキエル書』 36:25-26
  6. ^ 並川孝儀『スッタニパータ ―仏教最古の世界』岩波書店、ISBN 4000282859
  7. ^ 中村元『ブッダのことば―スッタニパータ』岩波文庫、1958、ISBN 4003330110
  8. ^ アントニオ・ダマシオ『生存する脳―心と脳と身体の神秘』講談社、2000。など
  9. ^ アレグザンダー & 白川 2013, p. 108
  10. ^ NHKBSプレミアム「ザ・プレミアム超常現象 さまよえる魂の行方」
  11. ^ a b モーガン・フリーマン 時空を超えて 第2回「死後の世界はあるのか?」
  12. ^ ダニエル・ゴールマン『EQ こころの知能指数』講談社、1998
  13. ^ http://www-formal.stanford.edu/jmc/whatisai/whatisai.html



出典:『Wiktionary』 (2019/11/16 11:01 UTC 版)

発音

名詞

  1. こころ
  2. シン心臓

熟語

手書きの字形について

第3画の終筆ははねても止めてもよい。[1]


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



心と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「心」に関係したコラム

  • FXのレバレッジ規制とは

    FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ規制とは、2009年8月3日に公布された「金融商品取引業等に関する内閣府令」を根拠法として、金融庁がFX業者のレバレッジを規制することです。金融商品取引業等に関す...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「心」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



心のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS