心房とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > 心房 > 心房の意味・解説 

心房

同義/類義語:右心房, 左心房
英訳・(英)同義/類義語:atrium of heart, atria

心臓内部空洞で、ほ乳類では右心房左心房の2室。右心房右心室に肺から送られた静脈血送り出し左心房は肺からの肺静脈左心室送り出す右心房とう房結節から心臓拍動信号発生する。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  心内膜  心肺部圧受容器  心皮  心房  心門  新皮質  真皮

心臓

(心房 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/14 05:17 UTC 版)

心臓(しんぞう)とは、血液循環の原動力となる器官のこと[1]血液循環系の中枢器官のこと[2]




[ヘルプ]
  1. ^ a b 大辞泉【心臓】
  2. ^ 広辞苑 第五版 p.1386【心臓】
  3. ^ a b c d e f g h 生化学辞典第2版、p.674 【心臓】
  4. ^ a b 佐々木(2010)、p.235-236、第3章 軟体部の解剖、3.7 循環器系、(1)軟体動物の循環器系
  5. ^ a b 佐々木(2010)、p.236、第3章 軟体部の解剖、3.7 循環器系、(2)腹足綱
  6. ^ 佐々木(2010)、p.237、第3章 軟体部の解剖、3.7 循環器系、(3)頭足綱
  7. ^ 佐々木(2010)、p.237、第3章 軟体部の解剖、3.7 循環器系、(4)二枚貝綱
  8. ^ a b 佐々木(2010)、p.238-239、第3章 軟体部の解剖、3.7 循環器系、(5)その他の軟体動物
  9. ^ a b c d e 解剖学第2版、p40-44、循環器系 2.心臓
  10. ^ ごく稀に左右が逆になるものもいる。詳細は右胸心を参照
  11. ^ a b c d e f g h i j 佐藤・佐伯(2009)、p.44-47、第3章 循環、2.心臓heart、1)心臓の構造と機能
  12. ^ a b 小室(2004)、p.2-7、I.循環器を深く知るための基本講義、A.構造と機能を学ぶ、心臓の構造
  13. ^ a b c d e 佐藤・佐伯(2009)、p.48-52、第3章 循環、2.心臓heart、2)心臓の活動と検査
  14. ^ Terry J. DuBose Sex, Heart Rate and Age
  15. ^ a b 小室(2004)、p.5、I.循環器を深く知るための基本講義、A.構造と機能を学ぶ、心臓の発生
  16. ^ a b c 小室(2004)、p.3、I.循環器を深く知るための基本講義、A.構造と機能を学ぶ、心臓発生研究と疾患治療
  17. ^ R.Flindt 『数値で見る生物学』 浜本哲郎訳、ジュプリンガー・ジャパン、2007年、66-68頁。ISBN 978-4-431-10014-0


「心臓」の続きの解説一覧





心房と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

心房に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「心房」の関連用語

心房のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

長谷川優貴

八丈島

ラリー・ウォール

フェアレディ

ナイルオオトカゲ

ヒロヒダタケ

チャーシュー

ディープ フェース





心房のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの心臓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS