薬物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > 薬物 > 薬物の意味・解説 

やく‐ぶつ【薬物】

読み方:やくぶつ

薬理作用有する化学物質。くすり。

特に、麻薬覚醒剤のこと。「—に手を出す

「薬物」に似た言葉

薬物


医薬品、薬物

【仮名】いやくひん
原文medication

疾患症状または異常な状態を予防治療軽減するために用いられる合法的薬物。「medicine(医薬品)」とも呼ばれる

薬物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/20 03:21 UTC 版)

薬物(やくぶつ、: drug)とは、生物が摂取することでその生理心理に変化をもたらす物質のことである[3][4]。一般に薬物は、食品や栄養サポートのための物質とは区別される。薬物の摂取には、吸入英語版注射英語版喫煙摂取、皮膚に貼るパッチ英語版を介した吸収英語版座薬、または舌下で溶かす英語版などの方法がある。


  1. ^ Geoffrey Burchfield (1997年). “What's your poison: caffeine”. Australian Broadcasting Corporation. オリジナルの2009年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090726194701/http://www.abc.net.au/quantum/poison/caffeine/caffeine.htm# 2014年1月15日閲覧。 
  2. ^ Richard Lovett (2005年9月24日). “Coffee: The demon drink?”. 2014年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月1日閲覧。
  3. ^ a b "Drug". Dictionary.com Unabridged. v 1.1. Random House. 20 September 2007. 2007年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。Dictionary.comより。
  4. ^ Drug Definition”. Stedman's Medical Dictionary. 2014年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月1日閲覧。
  5. ^ H.P., Rang; M.M, Dale; J.M., Ritter; R.J., Flower; G., Henderson (2011). “What is Pharmacology”. Rang & Dale's pharmacology (7th ed.). Edinburgh: Churchill Livingstone. p. 1. ISBN 978-0-7020-3471-8. "a drug can be defined as a chemical substance of known structure, other than a nutrient of an essential dietary ingredient, which, when administered to a living organism, produces a biological effect" 
  6. ^ “Discovery and resupply of pharmacologically active plant-derived natural products: A review”. Biotechnol Adv 33 (8): 1582–614. (December 2015). doi:10.1016/j.biotechadv.2015.08.001. PMC 4748402. PMID 26281720. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4748402/. 
  7. ^ "Drug". The American Heritage Science Dictionary. Houghton Mifflin Company. 2007年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。dictionary.comより2007年9月20日閲覧
  8. ^ “Comparing drug classification systems”. AMIA Annual Symposium Proceedings: 1039. (6 November 2008). PMID 18999016. 
  9. ^ World Health Organization (2003). Introduction to drug utilization research. Geneva: World Health Organization. p. 33. ISBN 978-92-4-156234-8. オリジナルの2016-01-22時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160122115651/http://apps.who.int/medicinedocs/pdf/s4876e/s4876e.pdf 
  10. ^ Bergström, CA; Andersson, SB; Fagerberg, JH; Ragnarsson, G; Lindahl, A (16 June 2014). “Is the full potential of the biopharmaceutics classification system reached?”. European Journal of Pharmaceutical Sciences 57: 224–31. doi:10.1016/j.ejps.2013.09.010. PMID 24075971. 
  11. ^ An overview of alcohol and other drug issues”. 2015年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月16日閲覧。
  12. ^ Crocq MA (June 2003). “Alcohol, nicotine, caffeine, and mental disorders”. Dialogues Clin. Neurosci. 5 (2): 175–185. PMC 3181622. PMID 22033899. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3181622/. 
  13. ^ Recreational Drug”. The Free Dictionary. 2015年3月16日閲覧。
  14. ^ "MHRA Side Effects of Medicines." Archived 2014-05-02 at the Wayback Machine. MHRA Side Effects of Medicines,
  15. ^ Fox, Thomas Peter; Oliver, Govind; Ellis, Sophie Marie (2013). “The Destructive Capacity of Drug Abuse: An Overview Exploring the Harmful Potential of Drug Abuse Both to the Individual and to Society”. ISRN Addiction 2013: 450348. doi:10.1155/2013/450348. PMC 4392977. PMID 25938116. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4392977/. 
  16. ^ Harper, Douglas. "drug". Online Etymology Dictionary.
  17. ^ Tupper KW (2012). “Psychoactive substances and the English language: "Drugs," discourses, and public policy.”. Contemporary Drug Problems 39 (3): 461–492. doi:10.1177/009145091203900306. 
  18. ^ About Registration: Medicines and Prescribing”. Health and Care Professions Council. 2016年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月22日閲覧。
  19. ^ Glossary of MHRA terms – P”. U.K. Medicines and Healthcare products Regulatory Agency. 2008年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月5日閲覧。
  20. ^ "Generic Drugs", Center for Drug Evaluation and Research, U.S. Food and Drug Administration”. Fda.gov. 2017年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月11日閲覧。
  21. ^ Entheogen, [dictionary.com], オリジナルの2012-02-13時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120213200629/http://dictionary.reference.com/browse/entheogen 2012年3月13日閲覧。 
  22. ^ Valdés, Díaz & Paul 1983, p. 287.
  23. ^ Sobiecki, Jean-Francois (July 2012). “Psychoactive Spiritual Medicines and Healing Dynamics in the Initiation Process of Southern Bantu Diviners”. Journal of Psychoactive Drugs 44 (3): 216–223. doi:10.1080/02791072.2012.703101. PMID 23061321. 
  24. ^ “Prehistoric peyote use: alkaloid analysis and radiocarbon dating of archaeological specimens of Lophophora from Texas”. J Ethnopharmacol 101 (1–3): 238–42. (October 2005). doi:10.1016/j.jep.2005.04.022. PMID 15990261. 
  25. ^ A Brief History of the San Pedro Cactus”. Mescaline.com. 2016年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月11日閲覧。
  26. ^ Terry M (2013). “Lophophora williamsii”. IUCN Red List of Threatened Species 2013. doi:10.2305/IUCN.UK.2013-1.RLTS.T151962A581420.en. https://www.iucnredlist.org/species/151962/581420 2018年10月29日閲覧。. 
  27. ^ Bloomquist, Edward (1971). Marijuana: The Second Trip. California: Glencoe 
  28. ^ Souza, Rafael Sampaio Octaviano de; Albuquerque, Ulysses Paulino de; Monteiro, Júlio Marcelino; Amorim, Elba Lúcia Cavalcanti de (October 2008). “Jurema-Preta (Mimosa tenuiflora [Willd.] Poir.): a review of its traditional use, phytochemistry and pharmacology”. Brazilian Archives of Biology and Technology 51 (5): 937–947. doi:10.1590/S1516-89132008000500010. 
  29. ^ a b Abelman, D (6 October 2017). “Mitigating risks of students use of study drugs through understanding motivations for use and applying harm reduction theory: a literature review”. Harm Reduct J 14 (1): 68. doi:10.1186/s12954-017-0194-6. PMC 5639593. PMID 28985738. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5639593/. 
  30. ^ a b Smith, M; Farah, M (September 2011). “Are prescription stimulants "smart pills"? The epidemiology and cognitive neuroscience of prescription stimulant use by normal healthy individuals.”. Psychol. Bull. 137 (5): 717–41. doi:10.1037/a0023825. PMC 3591814. PMID 21859174. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3591814/. 
  31. ^ Sharma, R. “Ritalin lung”. Radiopedia.org. 2019年7月1日閲覧。
  32. ^ Discovery And Synthesis Of LSD: What You Probably Did Not Know About It - Chemistry Hall” (2017年6月13日). 2017年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月13日閲覧。
  33. ^ “Impact of the emergence of designer drugs upon sports doping testing”. Bioanalysis 4 (1): 71–88. (2012). doi:10.4155/bio.11.291. PMID 22191595. 
  34. ^ Lingeman. Drugs from A–Z: A Dictionary. Penguin. ISBN 978-0-7139-0136-8 
  35. ^ DrugFacts: Hallucinogens - LSD, Peyote, Psilocybin, and PCP”. National Institute on Drug Abuse (2014年12月). 2015年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月17日閲覧。
  36. ^ World Drug Report 2012”. UNODC. pp. 69 (2012年). 2012年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月9日閲覧。
  37. ^ Al-Mugahed, Leen (2008). “Khat Chewing in Yemen: Turning over a New Leaf: Khat Chewing Is on the Rise in Yemen, Raising Concerns about the Health and Social Consequences”. Bulletin of the World Health Organization 86 (10): 741–2. doi:10.2471/BLT.08.011008. PMC 2649518. PMID 18949206. オリジナルの10 March 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160310045753/https://www.questia.com/library/journal/1G1-188738635/khat-chewing-in-yemen-turning-over-a-new-leaf-khat 2016年1月22日閲覧。. 
  38. ^ The administration of medicines”. Nursing Times. EMAP Publishing Limited (2007年11月19日). 2010年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月11日閲覧。
  39. ^ Animal Food & Feeds”. Fda.gov. 2015年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月14日閲覧。
  40. ^ Narcotics Control Bureau” (2009年4月10日). 2009年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月12日閲覧。



薬物

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 05:05 UTC 版)

名詞

やくぶつ

  1. 病気治療などに使われる身体何らかの影響及ぼ物質医薬品
  2. 強い依存性などにより心身健康害するとして取り締まり対象となっている物質依存性薬物、違法薬物麻薬

発音(?)

や↗く↘ぶつ
や↗くぶつ

複合語

関連語


「薬物」の例文・使い方・用例・文例




薬物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

薬物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



薬物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの薬物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの薬物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS