摂取とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 摂取の意味・解説 

しょう‐しゅ〔セフ‐〕【摂取】

読み方:しょうしゅ

「摂取(せっしゅ)」に同じ。

念仏の人を―して浄土帰せしむるなり」〈三帖和讃


せっ‐しゅ【摂取】

読み方:せっしゅ

[名](スル)

取り入れて自分のものにすること。また、栄養物などを体内に取入れること。「新知識を―する」「ビタミンCを―する」

仏語。仏が衆生(しゅじょう)をおさめとって救うこと


おくし・せっしゅ 【抑止・摂取】

仏教教義の語。抑止は〈抑え止める〉こと、摂取は〈摂め取る〉ことで、仏が、衆生犯しそうな悪をあらかじめ抑えるのが抑止、すでに犯した悪を許容してくれるのが摂取。その教えを抑止門・摂取門ともいう。弥陀第十八願に「五逆正法誹謗するものを除く」とあるのは、すでに犯したものは摂取し、まだ犯してないものは抑止しておく、との意味があるという。なお摂取は摂取不捨摂取して捨てず)・摂取照護(摂取し照らし護る)などの語としても用いられる

摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/09 07:25 UTC 版)

摂取(せっしゅ)とは、生物が物質を食べたり飲んだり吸い込むなどして体内に吸収すること。




「摂取」の続きの解説一覧

摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/07 14:18 UTC 版)

このは (ゲームキャラクター)」の記事における「摂取」の解説

『2』から登場それ以前属性効果無かった)。溜め成立攻撃ヒットすると、相手体力吸収して回復する

※この「摂取」の解説は、「このは (ゲームキャラクター)」の解説の一部です。
「摂取」を含む「このは (ゲームキャラクター)」の記事については、「このは (ゲームキャラクター)」の概要を参照ください。


摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 04:13 UTC 版)

ビタミンC」の記事における「摂取」の解説

ヒトを含む類人猿アスコルビン酸体内で合できないため、必要量をすべて食事などによって外部から摂取する必要があるビタミン一種類として扱われている。一方多くの動物にとっては、アスコルビン酸生体内生合成できる物質あるため、必ずしも外界から摂取する必要はない体内アスコルビン酸合成できないのは、ヒトを含むサル目一部モルモットなどだけである。 風邪インフルエンザその他の感染症に対してアスコルビン酸粉末などとして医薬品併用される。その理由としては、これらの肉体的ストレス治癒に際してはアスコルビン酸要求量が増大するからというものである喫煙等のストレスによっても血中濃度低下するため、結果的にアスコルビン酸要求量が増大する

※この「摂取」の解説は、「ビタミンC」の解説の一部です。
「摂取」を含む「ビタミンC」の記事については、「ビタミンC」の概要を参照ください。


摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 14:24 UTC 版)

人体へのエタノールの作用」の記事における「摂取」の解説

人間エタノール摂取するケースは主に経口であるが、まれに経皮注射などもある。 経口 酒のほか、発酵食品や、料理酒等を使った食品でも摂取される飲食物外では、急性グリコール中毒を防ぐために服用されことがあるまた、誤飲事故も多い。経口摂取したアルコールは、主に胃と小腸粘膜吸収される経皮 化粧品化粧水など)やヘアケア製品育毛剤整髪料シャンプーなど)に、薬効成分吸収促進するなどの目的で使われ一部吸収される。ごく少量のため酩酊健康上の問題引き起こすことはないが、皮膚悪影響を及ぼすことがある皮膚使用した際の毒性の詳細湿潤療法概説を参照注射 肝癌治療で、患部エタノール注射することがある

※この「摂取」の解説は、「人体へのエタノールの作用」の解説の一部です。
「摂取」を含む「人体へのエタノールの作用」の記事については、「人体へのエタノールの作用」の概要を参照ください。


摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 10:22 UTC 版)

リン」の記事における「摂取」の解説

多くの食品にはリン含まれ、その存在形態には無機リン有機リンがある。無機リン例としてリン酸があり、牛乳比較多く含まれる加工食品によっては無機リンpH調整剤として添加されることもある。有機リンタンパク質や糖、脂質リン酸とが結合している。肉ではその多く有機リンであり、たとえば、キナーゼによりリン酸化されたタンパク質であったりホスファチジルコリンなどのリン脂質として存在している。一方穀類豆類などではリンは糖と結合していることが多く例としてフィチン酸挙げることができる。 体内での存在 骨に一番多くヒドロキシアパタイトとして存在する血液中では7割が有機リンとして存在している。 摂取基準 リン食事摂取基準2015年年齢男性目安量)女性目安量)18歳以上 1000 mg 800 mg

※この「摂取」の解説は、「リン」の解説の一部です。
「摂取」を含む「リン」の記事については、「リン」の概要を参照ください。


摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 06:49 UTC 版)

」の記事における「摂取」の解説

食事摂取基準(日本2015)属性推奨量(RDA)mg/日耐容上限量(UL)mg/日男性(18歳以上) 0.9–1.0 10 女性(18歳以上) 0.8 10 食事摂取基準(米国2001)属性推奨量(RDA)mg/日耐容上限量(UL)mg/日NOAELmg/日男性(19歳以上) 0.9 10 10 女性(19歳以上) 0.9 10 10 2001年出されアメリカ報告書 によると、成分なしの輸液では一日あたり250–1850 μgの失われる。また損失ゼロ(0)とするには一日あたり510 μgの補給することが(計算上)必要としている。

※この「摂取」の解説は、「銅」の解説の一部です。
「摂取」を含む「銅」の記事については、「銅」の概要を参照ください。


摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/13 03:55 UTC 版)

エンプティカロリー」の記事における「摂取」の解説

全ての人一定量必須栄養素必要とするが、食物エネルギーの摂取は、適正体重維持するために、活動とのバランス保たれていなければならない肉体的重労働従事する人々は、燃料として食物エネルギー必要で、それは必須栄養素含む食品エンプティカロリー足して供給することが出来るデスクワークの人や減量のために食事量少なくしている人は、十分な栄養摂らずにエンプティカロリー食事食べて栄養失調苦しでしょう栄養学者栄養士は、患者ニーズ沿った食事プログラム計画食習慣改善奨めることで、病気の予防治療行なう毎日さまざまな食品から栄養摂ることは、慢性的な病気から身守り健康な免疫系維持役立つ。 USDA は、毎日30分下の適度な運動をする人は、下記レベルエンプティカロリー消費するアドバイスしている。 性別年齢必要カロリー一日エンプティカロリー制限男性 2〜3 1000 135 4〜8 12001400 120 9〜13 1800 160 1418 2200 265 1930 2400 330 3150 2200 265 512000 260 女性 2〜3 1000 135 4〜8 12001400 120 9〜13 1600 120 1418 1800 160 1930 2000 260 3150 1800 160 511600 120

※この「摂取」の解説は、「エンプティカロリー」の解説の一部です。
「摂取」を含む「エンプティカロリー」の記事については、「エンプティカロリー」の概要を参照ください。


摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/13 02:49 UTC 版)

脂溶性ビタミン」の記事における「摂取」の解説

脂溶性ビタミン水洗い加熱調理による損失少なく、油と一緒に調理し摂取することにより吸収率高まる。なお、過剰に摂取した場合水溶性ビタミンのように尿で排出されないので人体害を及ぼす場合がある

※この「摂取」の解説は、「脂溶性ビタミン」の解説の一部です。
「摂取」を含む「脂溶性ビタミン」の記事については、「脂溶性ビタミン」の概要を参照ください。


摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/03 16:37 UTC 版)

ドコサヘキサエン酸」の記事における「摂取」の解説

日本人の食事摂取基準2010年版)」ではエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸については1日に合計で1g以上の摂取が望ましいとされている。魚油食品タラニシンサバサケイワシナンキョクオキアミは、エイコサペンタエン酸ドコサヘキサエン酸のようなω-3脂肪酸富んでいる1日3g以上のDHAの摂取で、凝血能が低下し出血傾向起きことがある魚介類100g中の主な脂肪酸については魚介類の脂肪酸を参照のこと。

※この「摂取」の解説は、「ドコサヘキサエン酸」の解説の一部です。
「摂取」を含む「ドコサヘキサエン酸」の記事については、「ドコサヘキサエン酸」の概要を参照ください。


摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/07 00:58 UTC 版)

フィトエストロゲン」の記事における「摂取」の解説

下の食品比較多く含まれている。 食材種別主なフィトエストロゲン出典大豆大豆製品(きな粉豆腐味噌納豆豆乳など) イソフラボン ダイゼインダイジンゲニステインゲニスチン英語版)、グリシテイン 日本カナダ ドーナツ イソフラボン ダイゼインゲニステイン カナダ プロテインバー イソフラボン ダイゼインゲニステイン カナダ フラックスシード リグナン ラリシレシノール英語版)、セコイソラリシレシノール英語版カナダ ごま リグナン ピノレシノールラリシレシノール英語版カナダ ブラックベリークランベリーストロベリー リグナン セコイソラリシレシノール英語版イタドリ スチルベノイド レスベラトロール 米国 アルファルファ() イソフラボンクメスタン ダイゼインゲニステインクメストロール

※この「摂取」の解説は、「フィトエストロゲン」の解説の一部です。
「摂取」を含む「フィトエストロゲン」の記事については、「フィトエストロゲン」の概要を参照ください。


摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/24 07:51 UTC 版)

サルベストロール」の記事における「摂取」の解説

サルベストロール野菜、果物ハーブの多皮・内皮・種・根部分多く含まれ、皮の場合は黒い斑点として現れることもある。熱に強いが水溶性のため、溶けだしてしまう傾向がある。 【特に多い野菜・果物ハーブ】 ■野菜 サルベストロール様々な野菜含まれるが、特にアブラナ科の野菜などに多い。 アボカドキャベツメキャベツブロッコリーカリフラワーニンニクオリーブタマネギアスパラガスゴボウエンドウソラマメセロリマメキュウリクレソンパセリなど。 ■果実 特にベリー系や柑橘類多く含まれるリンゴブルーベリーラズベリーオレンジ、タンジェリンオレンジ、イチジクブドウヨウナシプラムなど。 ■ハーブ バジルルイボスローズヒップローズマリーパクチーセイジカモミールタイムミントなどのハーブ類など。

※この「摂取」の解説は、「サルベストロール」の解説の一部です。
「摂取」を含む「サルベストロール」の記事については、「サルベストロール」の概要を参照ください。


摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 03:31 UTC 版)

ビタミンD」の記事における「摂取」の解説

ビタミンD2前駆物質であるプロビタミンD2エルゴステロール)はシイタケに、ビタミンD3魚類肝臓多く含有される紫外線浴びれば体内でも合成されるが、一般的に不足するので食品から摂取する必要がある平成16年国民健康・栄養調査では、男性平均8.3µg女性平均7.5µg摂取しており、必要量摂取している。 ビタミンDは、大部分植物性食品には含まれない

※この「摂取」の解説は、「ビタミンD」の解説の一部です。
「摂取」を含む「ビタミンD」の記事については、「ビタミンD」の概要を参照ください。


摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 08:47 UTC 版)

ナイアシン」の記事における「摂取」の解説

生体内においてはナイアシントリプトファンから生合成される。ヒトの場合は、さらに腸内細菌トリプトファンからのナイアシン合成行っているこのため通常の食生活を送る上では欠乏症陥ることは少ない。 トウモロコシ主食とする場合トウモロコシトリプトファン含量少ないため、ナイアシントリプトファンがともに欠乏しペラグラなどの欠乏症状呈する場合があるまた、ロイシンを非常に多く含むモロコシ主食とする場合過剰のロイシンにより(トリプトファンニコチン酸変換する際に重要な役目持った酵素である)キノリン酸ホスホリボシルトランスフェラーゼの阻害起こり結果として欠乏症陥る可能性があるまた、ビタミンB6欠乏ナイアシン欠乏促進しうる。 ナイアシンは、熱、酸、アルカリ、光いずれに対して安定ではあるが、水溶性である。調理の際、煮汁などへの損失注意しなければならない

※この「摂取」の解説は、「ナイアシン」の解説の一部です。
「摂取」を含む「ナイアシン」の記事については、「ナイアシン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「摂取」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

摂取

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:29 UTC 版)

名詞

せっしゅ

  1. 何かを取り入れること。

発音(?)

せっ↘しゅ

動詞

活用

サ行変格活用
摂取-する

「摂取」の例文・使い方・用例・文例




摂取と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「摂取」の関連用語

摂取のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



摂取のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの摂取 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのこのは (ゲームキャラクター) (改訂履歴)、ビタミンC (改訂履歴)、人体へのエタノールの作用 (改訂履歴)、リン (改訂履歴)、銅 (改訂履歴)、エンプティカロリー (改訂履歴)、脂溶性ビタミン (改訂履歴)、ドコサヘキサエン酸 (改訂履歴)、フィトエストロゲン (改訂履歴)、サルベストロール (改訂履歴)、ビタミンD (改訂履歴)、ナイアシン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの摂取 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS