念仏とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 念仏 > 念仏の意味・解説 

ね‐ぶつ【念仏】

ねんぶつ」の撥音無表記。

「僧ども—のひまに物語するを聞けば」〈かげろふ・上〉


ねん‐ぶつ【念仏】

[名](スル)仏の姿や徳を心中思い浮かべること。また、仏の名を口に唱えること。観仏称名浄土教では、阿弥陀仏思い浮かべまた、南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と口に唱えること。特に後者をいう。


ね‐ぶち【念仏】

〔名〕 =ねんぶつ(念仏)


ね‐ぶつ【念仏】

〔名〕 (「ねんぶつ(念仏)」の撥音「ん」の無表記) =ねんぶつ(念仏)

蜻蛉(974頃)上「僧ども、ねぶつのひまに、ものがたりするをきけば」


ねん‐ぶつ【念仏】

〔名〕 仏語

① 仏を憶念すること。三念六念などの一つ。〔大智度論六一

② 特に、阿彌陀仏念ずるもので、これに理観と事観と口称三つ含まれるが、通常南無阿彌陀仏六字を口に唱える口称の意に用いられる。ねぶち。ねぶつ。

観智院三宝絵(984)下「念仏は慈覚大師の唐(もろこし)より伝へて貞観七年より始め行なへるなり」

源氏100114頃)夕顔法師ばらの二三ものがたりしつつ、わざとの声たてぬねん仏ぞする」

苦言説教などを、いつも同じ調子一方的述べ立てること。また、その苦言説教

偽原始人1976)〈井上ひさし穴ぐらぐらし「東大空手部をめざして勉強しろ、と同じおねんぶつがはじまるよ」


念仏(ねんぶつ)

浄土信仰阿弥陀仏の名を唱える行為。口に出し唱える場合称名念仏口称念仏呼ばれる。 

もともと仏教における「修行」の一つであるが、わが国では密教陀羅尼などと同じく呪文」としてひろく受け入れられ、特にその「死霊鎮送機能」への期待大きかった。
初期盆踊りにおいても、念仏は歌詞採用されていた。

念仏講」「念仏踊り」など、「念仏」は人々集団化するはたらき持ち結集中心であった。 


念仏 【ねんぶつ】

南無阿弥陀仏」の名号唱えること。

念仏

作者小泉吉宏

収載図書四月天才
出版社文藝春秋
刊行年月2002.11

収載図書四月天才
出版社文藝春秋
刊行年月2005.11
シリーズ名文春文庫


念仏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 02:42 UTC 版)

念仏(ねんぶつ)とは、仏教におけるのひとつで、の姿や功徳を思い描いたり、その名号を口に出して呼ぶこと。サンスクリット語では"Buddhānusmṛti(英語: Buddhānusmṛti"で、仏陀に対する帰敬、礼拝、讃嘆、憶念などの意である。元来は仏(ブッダ)を思い描く等しながらの瞑想修行を指していたが、日本では、浄土宗浄土真宗が広く普及した結果、一般的には、浄土教系の宗派において合掌礼拝時に「南無阿弥陀仏」(なむあみだぶつ)と声に出して称える「称名念仏」を指すことが多い。


注釈

  1. ^ (略)東アジアの浄土教において憶念の語は、殊に、阿弥陀仏や阿弥陀仏の功徳、あるいはその本願を、思って忘れぬこと、しばしばそれを思い起こすことの意に用いられる事が多い[1]
  2. ^ 仏、法、僧(三宝)を心に思いとどめること、念仏、念法、念僧のこと[2][3]
  3. ^ 念仏、念法、念僧、念戒、念施(念捨)、念天[2][3]
  4. ^ 六隨念に念休息(念滅)、念安般(念出入息)、念身非常(念身)、念死を加える[2][3]
  5. ^ 一切の諸仏が目の前に現われること
  6. ^ 仏の持つ諸得性を澄みきった理知のはたらきによって観察すること。
  7. ^ 仏やその仏国土(浄土)のすぐれた様相を心に想い描き念ずる事をいう。
  8. ^ これを隠元は「病に応じて薬を与える」と表現している[4]
  9. ^ 「王舎城の悲劇」を導入部に観想念仏と称名念佛が説かれている。この経典は、サンスクリット原典が発見されておらず、中国もしくは中央アジア編纂説がある。

出典

  1. ^ 中村元 2002, p. 114.
  2. ^ a b c 中村元 2002, p. 1070.
  3. ^ a b c 多屋頼俊 1995, p. 359.
  4. ^ 森三樹三郎 2003, pp. 159-160.
  5. ^ 中村元 2002, p. 108.
  6. ^ きょうのことば”. 大谷大学 (2000年8月). 2004年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月18日閲覧。
  7. ^ 中村元 2002, pp. 107-108.
  8. ^ 「青鉛筆」『朝日新聞』、1978年2月4日、朝刊、第13版、19面。
  9. ^ 岩下の踊り念仏(信州の文化財)”. 八十二文化財団. 2021年6月18日閲覧。
  10. ^ 岸田緑渓 2013, pp. 121-123.
  11. ^ 峰島旭雄 1961.
  12. ^ 坂本要 1992.


「念仏」の続きの解説一覧

念仏

出典:『Wiktionary』 (2018/11/01 15:18 UTC 版)

発音

ね↗んぶつ

名詞

ねんぶつ

  1. (仏教) 自身の(主としての)救済または死後の救済を願って、または故人供養のために、に祈ること、または仏の姿または存在強く思い描く念じる)こと。多く場合阿弥陀仏阿弥陀如来に対してそのような行為をする。特に「南無阿弥陀仏なむあみだぶつ)」と声出し唱えること(口称くしょう念仏)を指していうことが多い。
江戸時代歌舞伎人形浄瑠璃では「ねぶつ」と、つづめた発音で語られることも多い。

動詞

活用

サ行変格活用
念仏-する



念仏と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「念仏」の関連用語

念仏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



念仏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2021 bonodori.net
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2021 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの念仏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの念仏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS