ねんぶつとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 念仏 > ねんぶつの意味・解説 

ねん ぶつ [0] 【念仏】

( 名 ) スル
〘仏〙
仏の姿や功徳を心に思い描くこと。
阿弥陀仏の名を唱えること。浄土教では阿弥陀仏の名を唱えることにより浄土救済されると説く。ねぶつ。 「 -を唱える」 → 題目

念仏(ねんぶつ)

浄土信仰阿弥陀仏の名を唱える行為。口に出し唱える場合称名念仏口称念仏呼ばれる。 

もともと仏教における「修行」の一つであるが、わが国では密教陀羅尼などと同じく呪文」としてひろく受け入れられ、特にその「死霊鎮送機能」への期待大きかった。
初期盆踊りにおいても、念仏は歌詞採用されていた。

念仏講」「念仏踊り」など、「念仏」は人々集団化するはたらき持ち結集中心であった。 


念仏 【ねんぶつ】

南無阿弥陀仏」の名号唱えること。



ねんぶつと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ねんぶつ」の関連用語

ねんぶつのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ねんぶつのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2019 bonodori.net
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2019 葬儀の相談センター All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS