中心とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 中心 > 中心の意味・解説 

ちゅう‐しん【中心】

まんなか中央。「町の中心に公民館がある」「地域の中心」

物事集中する場所。また、最も重要な位置にある物や人。また、その位置。「中心となって組織とりしきる」「政治経済の中心をなす」

心のなか。心中胸中

「我—に満足を与えんも定かならず」〈鴎外舞姫

重心のこと。「うまく中心をとって歩く」

円周上・球面上のすべての点から等距離にある点。

図形点対称であるときの、その点。


なか‐ご【中子/中心】

物の中央部。中心。また、しん。

「—のできた飯を噛んで食べた」〈嘉村途上

ウリ類の中心の種子を含んだ柔かな部分

(「」とも書く)刀剣類の、柄(つか)に入っている部分

入れ子づくりのもので、中に入るもの。「重箱の—」

中空鋳物作る際に、中空となる部分に入れる鋳型外形鋳型は主型(おもがた)という。

鏃(やじり)の根もと。篦(の)の中に入る部分

三味線胡弓(こきゅう)の棹(さお)の下端で、胴の中に隠れている部分中木(なかぎ)。

《堂の中央安置することから》斎宮の忌み詞で、仏。

釈迦の—金銅(かね)の像」〈北野欽明紀〉


ちゅう‐しん【中心】

〔名〕

まんなか中央

作庭記(1040頃か)「門の中心にあたる所に木をうふることはばかるべし」〔白居易雲居寺詩〕

こころのそこむねのうち心中(しんちゅう)。胸中内心

権記長保二年(1000一二月二〇日「被仰之事甚多、中心難忍者也」

太平記14C後)一二伝奏諸の憤を恐て、終に奏聞せざりければ、上天听を隔て中心の訴へ啓けず」〔詩経小雅・隰

主だったものが集中する場所。また、非常に重要な所、もの、人。枢要

吾妻鏡治承五年(1181)閏二月二三日「雖無勢、中心之所之在武衛

④ =ちゅうしん衷心

文華秀麗集818)中・奉和春閨怨朝野鹿取〉「賤妾中心歓未尽、良人上馬遠従征」〔論語‐学而〕

(5) 数学用語。

(イ) 円周上、または、球面上のすべての点から等距離にある点。

窮理通(1836)一「日は緯星輪中心に在りて、而して小界の中心に在らず」

(ロ) 楕円双曲線楕円体などをある点に関して対称図形見たときのその点。

(ハ) 群のすべての要素交換可能な要素全体作る群。

(6) 重心のこと。

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「稍ともすると中心を失って倒れかかる


なか‐ご【中子・中心】

〔名〕

物の中央部。中心。しん。〔観智院本名義抄(1241)〕

途上(1932)〈嘉村礒多〉「火鉢炭火で炊いた行平の中子のできた飯を」

② (堂の中央安置するところから) 斎宮(さいぐう)の忌詞(いみことば)で、仏をいう。

書紀720欽明一三年一〇月(北野本訓)「釈迦の仏(ナカコ)の金銅像一躯

瓜類の種のある肉の部分また、柑橘類の肉の部分

白氏文集天永四年点(1113)三「杜若心(ナカコ)を抽(ぬ)きいで長し

浮世草子貧人太平記(1688)中「瓜のなかご数百荷」

④ 転じて、物の中にあるもの。中身

読本椿説弓張月(1807‐11)後「瓢(ひさご)に中子(ナカゴ)を入れて、一方には毒ある酒を(おさ)め」

(5) 刀剣の柄(つか)の中にはいる部分目釘の穴や、銘のある部分

大内問答(1509)「中心(なかご)きりたる刀、又無銘の太刀

(6) 鏃(やじり)の篦被(のかずき)より内側篦中にはいる部分

太平記14C後)一五「筈本迄中子(ナカゴ)を打徹(とほ)しにして」

(7) 入子(いれこ)作りになっているものの中のもの。重箱飯盒などの容器中にはめこんである小さいうつわ。

笹まくら(1966)〈丸谷才一〉四「飯盒の中子(ナカゴ)に」

(8) 葦のの中の柔らかいのような皮。

(9) 空洞鋳物作る時、空洞となる部分に入れる鋳型


中心

読み方:ナカゴ(nakago)

入れ子に作った器物の、内部入る方のもの


中心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 16:52 UTC 版)

中心(ちゅうしん)とは、一般に図形のちょうど真ん中に位置する1点のことをいい、楕円などの図形では重心に一致する。




「中心」の続きの解説一覧

中心

出典:『Wiktionary』 (2020/03/08 12:07 UTC 版)

名詞

ちゅうしん

  1. 図形において両端等から等距離となる
    1. 一次元空間においては、ある2点から等距離である点。
    2. 周・面の全ての点から等しい距離にある点。
    3. 点対称ある図形において、180回転となる点。
    4. それを始点として、外周表面等へ伸ばしすべてのベクトル総和が0となる点。重心
  2. 2個以上のものの相対的位置であって語義1に比較的近い場所。真ん中
  3. 事態集中して発生する場所。
  4. ある組織活動において、他を率いるなど最重要地位にあること。

翻訳




中心と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「中心」に関係したコラム

  • FXやCFDの線形回帰トレンドとは

    FXやCFDの線形回帰トレンドとは、2つの期間におけるトレンドのラインを描画するテクニカル指標のことです。線形回帰トレンドは指定した期間の価格の中心ラインを通ります。上の図は日経平均株価(日経225)...

  • FXのモメンタムとは

    FX(外国為替証拠金取引)のモメンタム(momentum)とは、為替レートの勢いやトレンドの転換点などを調べる時に用いられるテクニカル指標の1つです。モメンタムの計算方法は次の通りです。計算期間をn日...

  • FXのエンベロープとは

    FX(外国為替証拠金取引)のエンベロープ(envelope)とは、移動平均線を応用したテクニカル指標の1つです。エンベロープは、移動平均線を中心にして、上値と下値に平行線を描画します。そして、上値を超...

  • 株式の小型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • FXやCFDのシャンデモメンタムとは

    FXやCFDのシャンデモメンタムとは、相場の売られ過ぎや買われ過ぎを判断するためのテクニカル指標のことです。シャンデモメンタムは、0を中心に-100から100までの値で推移します。シャンデモメンタムで...

  • FXやCFDの相場のトレンドを知るには

    FXやCFDの相場のトレンドは、さまざまなテクニカル指標により知ることができます。その中でよく用いられる線形回帰トレンドを例に、相場のトレンドを見てみることにします。上の図は、大豆先物の1時間足に線形...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中心」の関連用語

中心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中心のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの中心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS