北野とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 都市 > 北野 > 北野の意味・解説 

きたの【北野】

京都市上京区北西部地名北野天満宮がある。名は大内裏の北の野の意。


きたの【北野】

[一] 京都市上京区紙屋川天神川)と七本松通一条通神明町の間の地区平安京大内裏(だいだいり)の北端にあたり古く大内裏の上流れていたため、庶民居住が禁じられていたという。北野神社北野天満宮)があり、中世にはその神領だった。

[二] 「きたのてんまんぐう北野天満宮)」の略。


きたの【北野】

姓氏一つ


北野【キタノ】(観賞樹)

※登録写真はありません 登録番号 第707号
登録年月日 1984年 9月 5日
農林水産植物の種類 ばら
登録品種の名称及びその読み 北野
 よみ:キタノ
品種登録の有効期限 18 年
育成者権の消滅 1993年 9月 6日
品種登録者の名称 京阪園芸株式会社
品種登録者の住所 大阪府枚方市伊加賀寿町1番5号
登録品種の育成をした者の氏名 柴田
登録品種の植物体の特性の概要
 
登録品種の育成経過概要
 



北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野


北野

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

北野


北野

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒359-1152  埼玉県所沢市北野
〒352-0003  埼玉県新座市北野
〒356-0007  埼玉県ふじみ野市北野
〒181-0003  東京都三鷹市北野
〒953-0134  新潟県新潟市西蒲区北野
〒936-0806  富山県滑川市北野
〒938-0015  富山県黒部市北野
〒939-1807  富山県南砺市北野
〒939-0276  富山県射水市北野
〒919-0748  福井県あわら市北野
〒501-0403  岐阜県本巣市北野
〒481-0034  愛知県北名古屋市北野
〒520-2361  滋賀県野洲市北野
〒590-0532  大阪府泉南市北野
〒664-0007  兵庫県伊丹市北野
〒669-2824  兵庫県丹波篠山市北野
〒679-0205  兵庫県加東市北野
〒666-0234  兵庫県川辺郡猪名川町北野
〒630-2211  奈良県山辺郡山添村北野
〒639-3125  奈良県吉野郡大淀町北野
〒649-6331  和歌山県和歌山市北野
〒640-1201  和歌山県海草郡紀美野町北野
〒682-0857  鳥取県倉吉市北野

北野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 10:08 UTC 版)

北野(きたの)




「北野」の続きの解説一覧



北野と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北野」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北野のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北野 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS