黒部市とは? わかりやすく解説

くろべ‐し【黒部市】

読み方:くろべし

黒部


黒部市

読み方:クロベシ(kurobeshi)

所在 富山県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

黒部市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 11:50 UTC 版)

黒部市(くろべし)は、富山県東部に位置する黒部川下流域にあり、日本海に面している。直線距離で約40km南東の黒部川上流には黒部ダム中新川郡立山町)がある。


  1. ^ 北日本新聞』2022年1月17日付6面『空からわが町 黒部市三日市』より。
  2. ^ 『黒部市誌』(1964年11月1日、黒部市役所発行)885 - 886ページ。
  3. ^ 「富山で大火 台風下230戸焼く」『日本経済新聞』昭和29年9月27日3面
  4. ^ a b 『黒部市史 歴史民俗編』(1992年3月25日、黒部市発行)1056ページ。
  5. ^ 『黒部市制30周年 30年見つめ直して新世紀 黒部』(1984年4月、黒部市発行)7 - 8ページ。
  6. ^ ひた隠しの県当局 黒部市のカドミウム禍 検査、三回したのに『朝日新聞』1970年(昭和45年)5月21日朝刊 12版 3面
  7. ^ 黒部市市旗
  8. ^ 図典 日本の市町村章 p102
  9. ^ 2015年10月10日付北日本新聞23面「黒部市合併10年の歩み」より
  10. ^ 富山新聞 2015年10月14日付30面より
  11. ^ 第48回中部建築賞 中部建築賞協議会
  12. ^ ももクロ、富山県黒部市にて笑顔で溢れる「春の一大事2019」開催 - Musician-net
  13. ^ 旧黒部市年表 - 黒部市
  14. ^ 『富山いで湯風土記』(1989年9月1日、岡田正二著、北日本新聞社出版部発行)435ページ。
  15. ^ 萩原研郎「三日市製錬所の亜鉛製錬」『日本鉱業会誌』第84巻第963号、資源・素材学会、1968年、2018年3月13日閲覧。
  16. ^ かけがえのない農地-その復元に向けて- 公害防除黒部地区地域事業誌編纂委員会編パンフレット
  17. ^ 北日本新聞』2020年10月9日付6面『プラント黒部店 開店 県内2店目 予定より1年遅く』
  18. ^ 北日本新聞 2017年1月13日付1面『アピタ黒部店閉店』より
  19. ^ 北日本新聞 2017年7月22日付28面『アピタ跡地「入居の協議聞いている」』より。
  20. ^ 『映画年鑑 1960年版 別冊 映画便覧 1960』時事通信社、1960年。1960年の映画館(北陸・甲信越地方)「消えた映画館の記憶」を参照した。
  21. ^ 『保存版 魚津・黒部・下新川今昔写真帖』(2007年4月15日、郷土出版社発行)93ページ。
  22. ^ “「ももクロ春の一大事」開催地3市が協定結ぶ、高城れに「地域の素晴らしさを味わって」”. Yahoo!ニュース. (2019年2月14日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000083-natalien-musi 2019年4月23日閲覧。 
  23. ^ ANSWER!Twitterのおへんじ。”. Ameda、荻野葉月のブログ『きらきら』. 2021年9月14日閲覧。
  24. ^ 『魚津・黒部・下新川写真帖』(2007年4月15日、郷土出版社発行)p93より。
  25. ^ 映画「カノン」富山ロケ!比嘉愛未、ミムラ、佐々木希が黒部市の生地海岸で撮影(2016年2月23日閲覧)


「黒部市」の続きの解説一覧

「黒部市」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

黒部市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黒部市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒部市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS