富山市とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 地名 > 富山市の意味・解説 

富山市

読み方:トヤマシ(toyamashi)

所在 富山県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

富山市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/04 07:19 UTC 版)

富山市(とやまし)は、富山県の中央部から南東部にかけて位置するである。富山県の県庁所在地であり、国から中核市の指定を受けている。




注釈

  1. ^ 2015年平成27年)10月1日時点、1位は静岡市
  2. ^ 富山県を陸路で東西に移動する場合、必ず富山市を経由することになった
  3. ^ 藤居山富山寺 富山市古鍛冶町4-17

出典

  1. ^ a b 富山県 富山市農林水産省「市町村の姿」)
  2. ^ 富山市郷土博物館所蔵、富山市指定文化財
  3. ^ 荻原大輔「〈慶長富山火災〉をめぐる言説と実相」(初出:『富山史壇』第174号(2014年)/所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』(戎光祥出版、2016年) ISBN 978-4-86403-207-0))
  4. ^ 富山市郷土博物館だより第5号
  5. ^ 人事行政の運営等の状況」『広報とやま』No.66、2007年12月20日。
  6. ^ 10年で職員500人削減 富山市行革計画」 北日本新聞、2006年2月23日。
  7. ^ 289. 歴代市長」『第37回富山市統計書(平成16年度版)』
  8. ^ 304. 歴代市長」『第3回富山市統計書(平成19年度版)』
  9. ^ とやま市議会だより 平成29年(2017年)6月5日発行
  10. ^ 富山市国際交流センター - 富山市
  11. ^ 「日本の道100選」研究会 2002, p. 9.
  12. ^ a b c d 「日本の道100選」研究会 2002, pp. 96–97.
  13. ^ 北日本新聞 2017年4月6日付16面『富山市出身の声優 上田麗奈さん 「頼られる存在」目指す』より。



富山市

出典:『Wiktionary』 (2007/11/20 01:53 UTC 版)

固有名詞

(とやまし)

  1. 富山県都市であり、県庁所在地


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「富山市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

富山市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



富山市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの富山市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの富山市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS