中部地方とは? わかりやすく解説

ちゅうぶ‐ちほう〔‐チハウ〕【中部地方】


中部地方


中部地方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 13:54 UTC 版)

中部地方(ちゅうぶちほう)は、日本の地域の1つで、近代以降における本州中央部の地方[1]。その範囲に法律上の明確な定義はないが[注釈 2]一般的に、名古屋市を最大都市とする地方を指す。


注釈

  1. ^ a b 統計日は、新潟県が2022年4月1日、富山県が2022年4月1日、石川県が2022年4月1日、福井県が2022年4月1日、山梨県が2022年4月1日、長野県が2022年4月1日、岐阜県が2022年3月1日、静岡県が2022年4月1日、愛知県が2022年3月1日、三重県が2022年3月1日。
  2. ^ 「そもそも『〜地方』といわれる範囲に、法律上の明確な定義はない(総務省)」 首都圏と関東地方・山梨県を含むか含まないか 『日本経済新聞』 平成24年6月16日S3面
  3. ^ 「中部地方」の項目[4]によれば、「「本州の中央部、新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知9県の総称。8地方区分の一。北陸・東山(中央高地)・東海の3地方に区分される」と記されている。
  4. ^ 東側・西側に関する内容は「東日本」②③の項目[4]
  5. ^ 「中部地方」の項目[4]によれば「新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知9県の総称」となっている一方、「近畿」の項目によれば「明治になって、畿内と周辺の近江伊賀伊勢志摩紀伊丹波丹後但馬播磨淡路の各国をまとめてよんだ。畿は都のこと、近畿はすなわち都に近い地方の意」と記され、さらに「近畿地方」の項目によれば「三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山の2府5県の総称。」と定義している。

出典

  1. ^ a b 中部地方は東海地方とどう違うのか。 レファレンス協同データベース 国立国会図書館
  2. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “中部地方”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年6月28日閲覧。
  3. ^ 大辞林第三版、ブリタニカ国際大百科事典より
  4. ^ a b c d 谷岡武雄山口恵一郎監修・三省堂編集所編『コンサイス日本地名事典 第3版』(三省堂、1989年12月第3版発行、ISBN 4385153280
  5. ^ 中学校学習指導要領解説 社会編 P52 - 文部科学省のウェブサイト
  6. ^ 東京学芸大学 2010 年度重点研究 教員養成課程における「小学校社会科」教育プログラムの開発 報告書 P18 - 東京学芸大学のウェブサイト
  7. ^ 三重県は中部地方?近畿地方? 三重県
  8. ^ 中部圏開発整備計画の実施に関する状況 国土交通省都市局 2014年1月
  9. ^ a b 伊藤敏安「国土計画からみた地方(その2)」『リサーチ中国 : 中国地方の経済と地域開発情報誌』第51巻第617号、中国地方総合研究調査会、2000年12月、 1-17頁、 NAID 1200017420062022年3月18日閲覧。


「中部地方」の続きの解説一覧

中部地方

出典:『Wiktionary』 (2020/10/18 11:06 UTC 版)

固有名詞

中部地方 ちゅうぶちほう

  1. 日本の地域分類一つ本州中央部にあり、愛知県岐阜県静岡県山梨県長野県福井県石川県富山県新潟県三重県10県を言う.

歴史的・地縁一体性があるわけではなく本州から関東関西といった強いつながりのある地域取り去った残り地域であるとも言える。この区分重複して、東海地方北陸地方信越地方など区分することも多いが、扱いが定まっていわけではない

同族語


「中部地方」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



中部地方と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中部地方」の関連用語

中部地方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中部地方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中部地方 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの中部地方 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS