新潟焼山とは?

にいがた‐やけやま〔にひがた‐〕【新潟焼山】

焼山[一]


新潟焼山(新潟県)

2400m 北緯365515秒 東経1380249秒 (焼山) (世界測地系

新潟焼山地図

概 要

 新潟焼山火山新潟県西部位置し、標高2000m前後山地基盤とする比高約400mのドーム状の小型成層火山である。第三紀層(標高約2000m)を基盤とする安山岩デイサイト(SiO2 5864%)の火山山頂部は溶岩ドーム北方溶岩流火砕流流下している。山体形成新しく1773年噴火でも火砕流発生その後噴火水蒸気爆発らしい。泥流を生じやすい。山頂部には噴気孔がある。別名、茶臼岳

山頂付近の状況
山頂付近状況1996年8月19日撮影

新潟焼山写真
1996年7月30日状況



最近1万年間の火山活動

 新潟焼山火山は、今から3000年前頃に第1期活動始まりその後1000年前に第2期の活動、約650年前に第3期の活動1773年に第4期の活動が始まった。
 第1期活動では、火山灰放出火砕流溶岩流流出が起こった。第2期の活動は新潟焼山における最大規模活動で、日本海にまで達す火砕流長さ6.5kmの溶岩流出した。第3期の活動でも火山灰放出火砕流流出起こりこのとき火砕流海まで1.5kmの地点にまで達した。この活動最後に現在の山頂である溶岩ドーム形成された。第4期の活動のうち、1773年活動爆発的噴火始まりその後に火砕流流出したが、先の2つ時期流出した火砕流よりは小規模であった。この噴火以降にはマグマ噴火は起こっていないが、19世紀中頃には大量硫黄噴出その後20世紀に入っても小規模水蒸気爆発発生している (早津,1994) 。



記録に残る火山活動


日本活火山総覧第3版)(気象庁2005)による。>



火山観測

気象庁では,地震計設置し,新潟焼山の火山活動監視観測を行っています。



火山活動解説資料

気象庁実施した火山観測データ解析結果や,火山活動診断結果掲載します。毎月1回,上旬公表します。


新潟焼山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 02:35 UTC 版)

新潟焼山(にいがたやけやま)は、新潟県西部の糸魚川市妙高市にある頸城山塊標高2,400 m活火山。通常「焼山」と呼ばれ[2][5][6][7]同名の山と区別する際に「新潟焼山」の名称が用いられることがある[注釈 1]気象庁が24時間体制で観測を行う全国47の常時観測火山の一つである[8]


注釈

  1. ^ 新潟県には、焼山 (新潟県新発田市・阿賀野市)と焼山 (新潟県小千谷市・長岡市)の同名の山がある。

出典

  1. ^ a b c 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2013年3月22日閲覧。
  2. ^ a b c 日本の主な山岳標高(新潟県の山)”. 国土地理院. 2013年3月22日閲覧。
  3. ^ a b 火山噴火予知連絡会による活火山の選定及び火山活動度による分類(ランク分け)について (PDF)”. 気象庁 (2003年1月21日). 2013年3月25日閲覧。
  4. ^ a b c 新潟焼山の火山活動解説資料(平成25 年2月) (PDF)”. 気象庁 (2013年2月). 2013年3月25日閲覧。
  5. ^ a b コンサイス日本山名辞典 (1992)、526頁
  6. ^ a b c d e f 日本三百名山 (1997)、200頁
  7. ^ 妙高・戸隠を歩く(2000)
  8. ^ 気象庁サイト 地図参照 「火山監視・情報センターにおいて火山活動を24時間体制で監視している火山(常時観測火山)
  9. ^ 上信越高原国立公園の西部の区域図 (PDF)”. 環境省. 2013年3月25日閲覧。
  10. ^ 日本の主要第四紀火山の積算マグマ噴出量階段図 新潟焼山火山 地質調査総合センター研究資料集、no.613
  11. ^ 中村浩志『日本動物大百科 鳥類II』日高敏隆(監修)、平凡社、1997年3月、10-11頁。ISBN 4582545548
  12. ^ 新潟焼山(新潟県) 気象庁
  13. ^ 高木奈々子、大場孝信、「新潟焼山の噴火活動と岩石化学的研究」『日本火山学会講演予稿集』 2003巻 (2003) p.76- , doi:10.18940/vsj.2003.0_76
  14. ^ 早津賢二、「新潟焼山火山の中世における火砕流噴火」 『火山.第2集』 1987年 32巻 1号 p.77-80, doi:10.18940/kazanc.32.1_77, 日本火山学会
  15. ^ a b c d e f 早津賢二 (1993). “新潟焼山火山の歴史時代のマグマ噴火 古記録と噴出物との対応関係” (PDF). 地學雜誌 (公益社団法人東京地学協会) 102 (5): 611-613. https://doi.org/10.5026/jgeography.102.611. 
  16. ^ a b c 新潟焼山火山噴火緊急減災対策砂防計画(概要版) (PDF)”. 新潟県 (2013年1月16日). 2013年3月25日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i 新潟焼山 記録に残る火山活動”. 気象庁. 2013年3月25日閲覧。
  18. ^ 「焼山、25年ぶり噴火 山ろく、灰に埋まる」『朝日新聞』昭和49年(1974年)7月29日朝刊、13版、19面
  19. ^ a b c 山と高原地図 (1992)、20-21頁
  20. ^ 焼山火山って何だろう”. 糸魚川市. 2013年3月25日閲覧。
  21. ^ 伊藤英之、早津賢二、鈴木浩二、「新潟焼山1997年〜1998年の小規模噴火活動」 『火山』 2000年 45巻 3号 p.181-186, doi:10.18940/kazan.45.3_181, NAID 110003041190, 日本火山学会
  22. ^ 新潟焼山の火山活動(2016 年1月~2016 年5月) 気象庁地震火山部火山課 火山噴火予知連絡会会報 第124号
  23. ^ 気象庁サイト 地図参照 「火山監視・情報センターにおいて火山活動を24時間体制で監視している火山(常時観測火山)
  24. ^ 新潟焼山の状況 (PDF)”. 新潟県. 2013年3月25日閲覧。
  25. ^ 新潟焼山、焼岳及び伊豆東部火山群に噴火警戒レベルを導入します 気象庁
  26. ^ a b c d 焼山登山案内”. 新潟県 (2009年7月21日). 2013年3月25日閲覧。
  27. ^ a b 日本登山図集 (1986)、114-117頁
  28. ^ a b 山と高原地図 (1992)、地図表面
  29. ^ 『山と溪谷2011年1月号付録(山の便利手帳2011)』山と溪谷社、2010年12月、112頁、ASIN B004DPEH6G。
  30. ^ 高谷池ヒュッテについて”. 妙高市観光協会. 2013年3月25日閲覧。
  31. ^ 『妙高・戸隠・雨飾』昭文社〈山と高原地図2011年版〉、2011年3月。ISBN 9784398757586


「新潟焼山」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新潟焼山」の関連用語

新潟焼山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新潟焼山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新潟焼山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS