鶴見岳とは?

鶴見岳・伽藍岳(大分県)

1375m 北緯331712秒 東経1312547秒 (鶴見岳)
1045m 北緯331903秒 東経1312539秒 (伽藍岳) (世界測地系

鶴見岳写真鶴見岳・伽藍岳地図



概 要

 別府市背後東西にのびる別府地溝内に,南北 5kmにわたり溶岩円頂丘群が連なり,鶴見岳はその最南端。火山群岩石安山岩デイサイト(SiO2 5763%)。鶴見岳は厚い溶岩流累積からなる山頂北側に噴気孔があり,また火山群北端伽藍岳には強い硫気孔活動がある。火山群東麓扇状地別府温泉群があり,特に扇状地南北縁,山地との境界部には多数沸騰泉・硫気孔等が分布する。


最近1万年の火山活動

  鶴見岳を構成する山体大半アカホヤ火山灰(約6300 年前)に覆われ(第四紀火山カタ ログ委員会,1999)、最新溶岩流である山頂溶岩も、これ以前噴出物である。アカホヤ 火山灰堆積以後に、鶴見岳を起源とする火山灰噴出が起きているが、詳細年代はわ かっていない伽藍岳は、約9500 年前より若干古い時代生成し、伽藍岳- 3 火山灰噴出した( 沢,2002)。千数百前には、2~ 3 回の変質物を主体とする火山灰放出した(星住ほ か,1999,藤沢,2002)が、「日本三代実録」に記録されている西暦867 年噴火が、伽藍岳 のこの水蒸気爆発にあたる可能性が高い。伽藍岳山頂部の径300m円弧状の火口地形内側では、1995 年新たな泥火山生成するなど、現在でも活発な噴気活動続いている。


記録に残る火山活動


867(貞観 9)年 3月 4日 噴火
鳴動噴石黒煙降灰砂,川魚被害

1949(昭和24)年 2月 噴気
山頂北西500mの標高1,100m付近面積302楕円形内の多数噴気孔から高さ約10mの白色噴気噴気温度95

1974年12月昭和49噴気
1949年同地点で噴気,高さ約 150m,周囲に小噴石飛散

1974(昭和49)年12月~1975(昭和50)年 5月 噴気活動
地獄谷赤池噴気孔から高さ100150mの噴気

1995(平成 7)年 7月11月 伽藍岳泥火山形成
伽藍岳珪石採取場跡で泥火山形成された。初め直径約1mの大きさであった噴気孔が,7月末頃から次第大きくなり,11月中旬頃には,土手の高さ約1m,火口長径10m,短径約7m,深さ4m楕円状の泥火山となった。

1999(平成11)年12月2021日
山頂の東約3km深さkm付近震源とする地震増加最大深度3(震度1以上37回)。



<「概要」、「最近1万年活動」、「記録に残る火山活動」については日本活火山総覧(第3版)(気象庁編、2005)および最近火山観測成果による。>




鶴見岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 06:16 UTC 版)

鶴見岳(つるみだけ)は、大分県別府市にある活火山。標高は1,375m。日本三百名山のひとつ。東側山麓の扇状地には別府温泉別府八湯)が広がる。






「鶴見岳」の続きの解説一覧



鶴見岳と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鶴見岳」の関連用語

鶴見岳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鶴見岳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2020 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鶴見岳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS