累積とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 累積 > 累積の意味・解説 

るい せき [0] 【累積】

( 名 ) スル
次々重なり積もること。次々積み重ねること。 「 -する赤字


累積

★1.類似の出来事状況などが次々連なり重なる。

荘子山木篇」第20 荘周禁苑遊び栗林止まる大きな弾弓で射ようと狙う。自分身の危険に気づかず、葉陰螳螂を取ろうとする。螳螂もまた背後の危険を悟らず、木陰を狙う。このさまを見た荘周はぞっとして、弾弓捨て逃げ出す禁苑番人怪しんで追い咎める

医者落語) 腹にをわかせた患者がいた。医者患者を呑ませて退治すると、患者両手をついてのごとき姿になった。を呑ませて退治すると、患者蛇のようにグニャグニャになった。雉を呑ませて退治すると、患者羽ばたき始める。書生鳥刺し格好をして患者体内入り、雉を捕らえて出てくる。ところが鳥刺しの竿を体内忘れたため、患者身体はつっぱってしまった。

*→〔入れ子構造〕1aの『続斉諧記』・〔交換〕4・5a関連記事

★2.吉事凶事連なり重なる。

淮南子人間訓」第18 辺境の塞(とりで)近くに住む翁の馬が逃げて、胡の地へ去った。翁は「この災難が福になろう」と言った数ヵ月後、逃げた馬が胡地駿馬連れ帰り、翁の家は良馬恵まれた。翁は「これが災いの種になろう」と言った。翁の息子が馬を乗り回し落馬して腿の骨を折った。翁は「これが幸運になろう」と言った1年後、胡族が攻め入り大勢戦死したが、翁の息子跛者ゆえ召集されず、無事であった。

ドラえもん藤子・F・不二雄)「サイオー馬」 不運を嘆くのび太に、ドラえもんが縄を見せて「幸・不幸はこのようにからみ合っている」と教えサイオー馬を与える。悪いこと良いことがあった時、この馬に蹴飛ばされればたちまち逆転し、悪いあとには良いこと、良いあとには悪いことが起きる。ドラえもん言葉どおり、のび太次々幸運災難見舞われる

列子「説符」第8 ある家で黒牛が白い仔牛産み孔子が「これは吉祥だ」と言う。しかし1年ほどして、その家父親盲目になるその後また黒牛が白い仔牛産み、再び孔子が「吉祥だ」と言い今度息子盲目になる。まもなく戦争起こり大勢戦死するが、父親息子盲目ゆえ召集されず、しかも戦争が終わると眼疾も治ってしまった。

★3.寒さ暑さ連なり重なる。

最高のぜいたく星新一盗賊会社』) 財産家アール氏の新居に「私」は招かれる。そこは北国季節は冬で、「私」は凍える。しかしアール氏の邸宅ドームにおおわれ、1歩入ると熱帯同様で、「私」は目まいをおこす。部屋の中は冷房が効いてぞくぞくし、暖炉のそばへすわれば汗が流れる。アール氏は冷たいビールをすすめ、「私」は、「最高のぜいたくとはこのようなものかもしれない」と思う。




累積と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「累積」の関連用語

累積のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



累積のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2019 物語要素事典 All rights reserved.

©2019 Weblio RSS