優先株とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > 優先株の意味・解説 

ゆうせん‐かぶ〔イウセン‐〕【優先株】

利益配当残余財産分配などについて、普通株より優先的地位認められる株式代わりに議決権制限されるなど、経営関わりにくいという面がある。⇔後配株


優先株(ゆうせんかぶ)

配当残余財産などの分配優先して受けられる株式

株式配当を受け取ったり、企業解散したときの残余財産分配したりする場合に、普通株より優先して権利与えられる。その代わり株主総会において議決権行使できない

通常普通株比べ上乗せされた配当が受けられるので、投資家にとっては高利回り期待できる。一方で、優先株には議決権がないので、企業経営に対して口出しされることはない。したがって、買い占めによる乗っ取りなどを心配せずに、企業は必要とする資本増やすことができる。

優先株を発行するには、株主総会定款変更し、発行形式金額などを定め必要があるバブル経済崩壊後、多額不良債権処理自己資本減少した大手銀行中心に、優先株が発行されるように

なった。

金融危機が高まった1998年3月には、大手銀行発行する優先株を政府買い上げ公的資金による資本注入が行われた。しかし、2001年9月期中間決算において、低迷する株式市場影響を受けて、中間配当を見送る銀行が目立っている。

公的資金受け入れ銀行は、事前に決められた配当できない場合、国に議決権発生する。すなわち、その銀行が国の管理下に入ることを意味するので、金融庁市場にある憶測打ち消しに走った格好だ。

関連キーワード「配当

(2001.09.10更新


優先株

普通株式株主優先して、配当金残余財産分配を受ける権利認められた株式
確かに普通株式株主優先して、配当金などを受け取る権利認められていますが、一方で株主総会出席して議決権行使する権利付与されていないなど、配当金受け取り優先権引き換え一定の制限があるのも事実です。ただし、日本国内で発行される優先株は、配当金などの支払いが滞った場合には、議決権認められるのが普通であり、その意味では完全な無議決権株としての優先株は存在しないことになります

優先株式

(優先株 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 02:33 UTC 版)

優先株式(ゆうせんかぶしき)とは、利益もしくは利息配当または残余財産の分配およびそれらの両方を、他の種類の株式よりも優先的に受け取ることができる地位が与えられた株式である(会社法108条1項1・2号)。優先株式は、普通株式よりも低リスクで社債よりも高リスクであり、そのようなメザニン・ファイナンスを好む投資家向けに発行されることとなる。これに対して、上記の場合に劣後的取扱いを受ける株式を劣後株式後配株式)といい、標準となる通常の株式を普通株式という。




「優先株式」の続きの解説一覧



優先株と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「優先株」の関連用語

優先株のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



優先株のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2021 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの優先株式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS