預託証券とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 証券用語 > 預託証券の意味・解説 

よ たくしょうけん [4] 【預託証券】 〔depository receipt〕

企業海外資金調達する際、株券本国銀行預けておき現地現物様式特定機関預託し、それと引き換え発行売買される代替証券DR

預託証券

外国自社株式を売買させるための方法1つ
英語「Depositary Receipts」の略で、「DR」とも言います。日本企業では、ソニー初めニューヨーク証券取引所に預託証券を上場させました。海外市場株式上場する場合日本証券取引所売買されている株式そのまま上場することは、海外各国法制度などの面で困難がつきまとう場合あります。そこで、株式そのまま上場するのではなく現地銀行信託銀行などに株式預託し、その株式権利を表した証券発行して、それを海外証券取引所上場するという方法が取られることがあります。この証券が「預託証券」です。預託証券が発行される市場によって、米国預託証券ADR)、欧州預託証券(EDR)、ドイツ無記名証券GBC)などがありますが、なかでもADRが最も有名です。

預託証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/12/26 14:18 UTC 版)

預託証券(よたくしょうけん、英:Depositary Receipt)とは、代替証券の一種で、信託銀行等が海外企業が本国で発行した株式の預託を受けて、発行するものである。これを証券取引所に上場することにより、海外企業は直接上場せずに、第三国での資金調達が可能となる。投資家にとっては、自国の証券取引所において自国通貨によって、海外企業の株式を取得するのとほぼ同じ権利(配当の受取や議決行使権)享受したり、それを売買することが可能となる。各国において株式に関する規制や制度が異なり、海外からの上場が難しい場合や資金調達を容易に行いたい場合などに、用いられる手段である。




「預託証券」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「預託証券」の関連用語

1
56% |||||

2
52% |||||



5
30% |||||

6
30% |||||

7
30% |||||


9
12% |||||

10
12% |||||

預託証券のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



預託証券のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2019 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの預託証券 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS