日本預託証券とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本預託証券の意味・解説 

日本預託証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/20 03:39 UTC 版)

有価証券信託受益証券(ゆうかしょうけんしんたくじゅえきしょうけん)とは、第一項有価証券を信託財産とする有価証券発行信託の受益証券であって、受益者が当該第一項有価証券を実質的に保有するのに等しい仕組みを有するものをいう(金融商品取引法施行令第2条の3第3号)。いわゆる日本版預託証券ないし日本型預託証券であり、実務上はJDR(: Japanese Depositary Receiptの略)と呼ぶことが多い。海外企業の株式やETNなどを日本において上場する際に、当該株式やETNを直接上場することが何らかの事情で困難である場合に用いられる。




「日本預託証券」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本預託証券」の関連用語

日本預託証券のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本預託証券のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本預託証券 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS