後配株とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 株式 > 後配株の意味・解説 

こうはい‐かぶ【後配株】

利益または利息配当もしくは残余財産分配について、普通株より劣位にある株式劣後株。⇔優先株


後配株

配当など利益配分への参加順位が普通の株式より劣っている株式
劣後配」とも言います。商法定め株式1種で、利益あるいは利息配当残余財産分配について、普通の株式より劣位にある株式指します。会社が後配株を発行するには、後配株の発行、その内容数を定款定めなければなりません。後配株が発行されるケースとしては、(1)会社設備拡充目的新株発行する際、旧株配当低下させないために設備稼動するまでの期間、新株を後配株とする、(2)政府出資特殊会社において、民間所有株式対す配当一定の率に達するまで、政府持ち株を後配株とする――などがありますが、実際発行例は非常に少ないようです1929年地方鉄道法により、地方鉄道会社路線延長のための資金調達限ってその発行認められ、38年商法改正では、一般会社発行できるようになりました。反対語は「優先株」です。



後配株と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「後配株」の関連用語

1
4% |||||


後配株のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



後配株のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2021 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS