改正とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 変化 > 改正 > 改正の意味・解説 

かい‐せい【改正】

読み方:かいせい

[名](スル)不適当なところや不備な点を改めること。主に、規則・規約法令などについて使う。「校則を―する」「料金―」


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 03:58 UTC 版)

ウィキペディアには「改正」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「改正」を含むページの一覧/「改正」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「改正」が役に立つかもしれません。

関連項目



改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 21:01 UTC 版)

ジュネーヴ条約」の記事における「改正」の解説

以後、以下のように改正されている。 傷病者の状態改善に関する第1回赤十字条約1864年傷病者の状態改善に関する第2回赤十字条約1906年傷病者の状態改善に関する第3回赤十字条約1929年

※この「改正」の解説は、「ジュネーヴ条約」の解説の一部です。
「改正」を含む「ジュネーヴ条約」の記事については、「ジュネーヴ条約」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/26 14:27 UTC 版)

三振法」の記事における「改正」の解説

過去20年犯罪歴のない所帯持ち男性些細な万引き、あるいは大麻所持などで終身刑言い渡されるような事例存在し、このことから「(杓子定規的に厳格すぎる」との反対意見がある。こういった反対意見をうけていくつかの州で三振条件緩和したり、課する刑を軽くしたりする法改正なされており、三振法自体の定義も、「重罪前科が2回以上ある者が3度目重罪による有罪判決をうけた場合には通常より重い刑を科されるとする法律」と改められる状況である。 マイケル・パルデュー事件においては殺人罪有罪とされ終身刑受けたが、その罪について無罪証明され冤罪だったにも関わらず3度脱獄三振法適用され、再び終身刑言い渡された(後に多数抗議などにより、仮釈放認められた。ただし、これは脱獄の罪が無効になったためではない)。

※この「改正」の解説は、「三振法」の解説の一部です。
「改正」を含む「三振法」の記事については、「三振法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 02:14 UTC 版)

1975年庶民院資格剥奪法」の記事における「改正」の解説

1975年制定された法ではイギリス連邦以外の立法府議員による庶民院議員就任資格剥奪していたが、ベルファスト合意に伴う2000年資格剥奪法(英語版)により、アイルランド立法府ウラクタス)の議員については除外された。 1801年庶民院(聖職者資格剥奪)法(House of Commons (Clergy Disqualification) Act 1801)により、聖職者庶民院議員資格有さず、1975年庶民院資格剥奪法では第10条により聖職者に関する規定維持されたままだったが、これは2001年庶民院(聖職者資格剥奪規定除去)法(英語版)により廃止され貴族院議員である聖職貴族のみ庶民院議員資格有さないことになった1975年庶民院資格剥奪法附則官職の新設廃止公共団体設立解散民営化などによりしばしば改正される。この改正は庶民院議決に基づき枢密院勅令によって行われる第5条)。たとえば、ブリティッシュ・ガス英語版)の従業員1975年立法時点では庶民院議員資格有さなかったが、民営化に伴い1986年ガス法(Gas Act 1986)で資格剥奪廃止された。

※この「改正」の解説は、「1975年庶民院資格剥奪法」の解説の一部です。
「改正」を含む「1975年庶民院資格剥奪法」の記事については、「1975年庶民院資格剥奪法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/28 08:18 UTC 版)

私立学校令」の記事における「改正」の解説

私立学校令の改正は以下の通り明治44年勅令218大正8年勅令第19号 大正12年勅令381昭和16年勅令156

※この「改正」の解説は、「私立学校令」の解説の一部です。
「改正」を含む「私立学校令」の記事については、「私立学校令」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 06:33 UTC 版)

女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」の記事における「改正」の解説

女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約では、締約国条約実施のためにとった立法司法行政上その他の措置およびそれらの措置によってもたらされ進歩報告するよう義務付けている。しかし、締約国増加に伴い委員会報告検討業務遅滞生じ事態となった。この問題を解決するため、1995年8回締約国会議において委員会会合の期間を一定の条件の下、締約国会合において決定できるようにする改正案採択され1995年第50回国連総会採択された。 第20条1の改正内容は、次のとおりである。 改正前-「委員会は、第18条規定により提出される報告検討するために原則として毎年二週間を超えない期間会合する。」 改正後-「委員会は、第18条規定により提出される報告検討するために原則として毎年一回会合する委員会会合の期間は、国際連合総会承認条件としてこの条約締約国会合において決定する。」 1995年5月22日ニューヨークで作成された。 日本の状況次のとおりである。 2003年5月14日 国会承認 2003年6月12日 受諾寄託

※この「改正」の解説は、「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」の解説の一部です。
「改正」を含む「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」の記事については、「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/06 07:03 UTC 版)

不動産登記令」の記事における「改正」の解説

民法一部改正する法律の施行に伴う関係政令整備に関する政令平成17年政令37号)第18条により、本令に記載されている民法条文番号改められ不動産登記法等の一部改正する法律の施行に伴う関係政令整備に関する政令平成17年政令337号)第1条により第21条第2項が追加され不動産登記法149第1項図面内容示された 信託法及び信託法施行に伴う関係法律の整備に関する法律の施行に伴う法務省関係政令等の整備に関する政令平成19年政令207号)第42条により、信託登記に関する変更事項示された 借地借家法一部改正する法律の施行に伴う関係政令整備に関する政令平成19年政令390号)第3条により、本令に記載されている借地借家法条文番号改められ不動産登記令一部改正する政令平成20年政令第1号)により附則第5条追加され電子情報処理組織使用する方法により登記申請をする際には添付情報一部書面で提出することができる旨示された 信託法施行に伴う関係法律の整備に関する法律一部施行に伴う関係政令整備に関する政令平成22年政令第4号第3条により、受益証券発行信託受益権一部につき受益証券から株式等振替制度移行したことに伴い別表添付情報追加された。 高齢者の居住の安定確保に関する法律等の一部改正する法律の施行に伴う関係政令整備に関する政令平成23年政令237号)第4条により、本令に記載されている高齢者の居住の安定確保に関する法律条文番号改められ非訟事件手続法等の施行に伴う関係政令整備に関する政令平成24年政令197号)第46条により、本令に記載されている非訟事件手続法条文番号改められた。

※この「改正」の解説は、「不動産登記令」の解説の一部です。
「改正」を含む「不動産登記令」の記事については、「不動産登記令」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/26 04:53 UTC 版)

九七式普通実包」の記事における「改正」の解説

1940年昭和15年2月24日付の陸軍技術本部長の上申では、弾薬統制のため、九七式普通実包、九七式実包、九七式徹甲実包の名称がそれぞれ九二式普通実包、九二式実包九二式徹甲実包へと変更されている。なお、この改正の際に銃の機能良好とするため、薬莢縁部外径が12.0mmから12.1mmへと変更されている。これにより九二式普通実包には半起縁式の旧来の物と、無起縁式の新式品が混在することになった当初は新製品である無起縁式の九二式実包に対する専用標識存在していたが、1941年昭和16年3月頃には、旧製品である半起縁式の九二式実包に対して、紙函および運搬箱に「有起縁」を意味する「(○の中に)有」と標識し、かつ雷管底面全周青色塗料セラックワニス混和)を塗抹する様、関係各所に通牒された。 無起縁式の九二式実包改正された七式実包)は、九二式重機関銃九七式車載重機関銃九九式軽機関銃九九式短小銃共用できた。

※この「改正」の解説は、「九七式普通実包」の解説の一部です。
「改正」を含む「九七式普通実包」の記事については、「九七式普通実包」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/07 00:15 UTC 版)

BVI事業会社法」の記事における「改正」の解説

本法は、制定後比較間もないが、すでに幾度もの改正を経ている。微調整のための改正もあれば、新たな特徴例え少数株主権など)を導入するための改正もあったが、ほとんどの改正は経過措置による問題点修正する必要によるものであった担保権登録手続は特に解決困難であった

※この「改正」の解説は、「BVI事業会社法」の解説の一部です。
「改正」を含む「BVI事業会社法」の記事については、「BVI事業会社法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 18:41 UTC 版)

日露修好通商条約」の記事における「改正」の解説

日本政府ロシア政府との交易業務の便宜を図るため、1867年12月ロシア全権委任大使のコンスルコルレジスキー、ツウェツニク、エウゲニー、ビューツォフと外国奉行加賀守江連堯則とのあいだの協議江戸で行われ、「魯西亞新定約書慶応3年11月18日1867年12月11於江調印交換)」が調印された(即日施行)。

※この「改正」の解説は、「日露修好通商条約」の解説の一部です。
「改正」を含む「日露修好通商条約」の記事については、「日露修好通商条約」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 15:12 UTC 版)

皇室典範」の記事における「改正」の解説

1949年昭和24年) - 総理府設置法制定等に伴う関係法令整理に関する法律総理庁総理府に、宮内府宮内庁に、それぞれ組織改編されることに伴い、「宮内府」を「宮内庁」に改めた2017年平成29年) - 天皇の退位等に関する皇室典範特例法皇室典範改正し附則に、「皇室典範特例として天皇退位について定める『天皇の退位等に関する皇室典範特例法』は、皇室典範と一体を成すものである」との規定追加した附則4項)。この法律皇室典範明記されていない天皇退位」を、第125代天皇明仁1代限りにおいて可能とし、この退位のみに伴う「上皇」と「上皇后」の地位新たに皇嗣となる皇族など、その他の事項定めた特例法律であって皇室典範本則改正したものではないが、天皇の譲位憲政史初め実現した明仁から徳仁への皇位継承)。なお、2021年令和3年現在に至るまで、この法律以外に皇室典範と一体を成すような特例法律制定されてない為、『皇室典範特例法』と略称されることが多い。

※この「改正」の解説は、「皇室典範」の解説の一部です。
「改正」を含む「皇室典範」の記事については、「皇室典範」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 16:26 UTC 版)

商標法条約」の記事における「改正」の解説

2006年3月に、シンガポールにおいて、電子出願普及等の技術革新への対応や手続きさらなる簡易化等のために、改正商標法条約採択するための外交会議開催された。外交会議での議論の結果商標法条約の改正ではなく新たな条約作成を行うことが合意され3月27日商標法に関するシンガポール条約採択された。

※この「改正」の解説は、「商標法条約」の解説の一部です。
「改正」を含む「商標法条約」の記事については、「商標法条約」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/10 02:26 UTC 版)

高等学校令」の記事における「改正」の解説

第二次高等学校令は、以下の勅令によって改正されている。 高等学校令中改正ノ件(昭和16年3月1日勅令153号) 高等学校令中改正ノ件(昭和18年1月21日勅令38号中等学校令中改正等ノ件(昭和21年2月23日勅令102号) 高等学校令一部改正する勅令昭和22年2月13日勅令49号)

※この「改正」の解説は、「高等学校令」の解説の一部です。
「改正」を含む「高等学校令」の記事については、「高等学校令」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 05:21 UTC 版)

行旅病人及行旅死亡人取扱法」の記事における「改正」の解説

16条、19条、20条は、いずれも削除された。16条は行旅病人行旅死亡人所持物件遺留物品についての規則内務大臣定める旨規定19条は東京市京都市大阪市などの大都市市町村長設置されていない市町村についての規定20条北海道沖縄県に関する特例規定であった

※この「改正」の解説は、「行旅病人及行旅死亡人取扱法」の解説の一部です。
「改正」を含む「行旅病人及行旅死亡人取扱法」の記事については、「行旅病人及行旅死亡人取扱法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 15:35 UTC 版)

環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約」の記事における「改正」の解説

条約の改正1984年1992年過去2度検討されたが、2013年11月現在改正はなされていない国連欧州連合本部ジュネーヴ)の記録によると、2002年まで次回再検討会議招集しない場合について、1992年再検討会議行われた合意に基づき国連事務総長は、2013年3月20日付けで各締約国書簡送付書簡では、条約の規定第7条3項)により、三分の一あるいは10か国招集応じた場合は、第2回再検討会議開催する旨を通知し条約締約国に対し2013年5月1日までに回答することを求めた

※この「改正」の解説は、「環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約」の解説の一部です。
「改正」を含む「環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約」の記事については、「環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 13:29 UTC 版)

放送法」の記事における「改正」の解説

廃案となった主要な改正案についても記載する

※この「改正」の解説は、「放送法」の解説の一部です。
「改正」を含む「放送法」の記事については、「放送法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/11 08:22 UTC 版)

独立行政法人日本学生支援機構法」の記事における「改正」の解説

第193回国会 成立ニッポン一億総活躍プラン」や「未来へ投資実現する経済対策の方針を受け、給付型奨学金創設等がとなっている。 目的・業務追加 機構の目的及び業務に「学資給付」を追加 給付対象 学資給付対象者について「特に優れた学生であって経済的に極めて修学に困難がある認定された者」とする ※ただし学生等の学業著しく不良となったの場合には、学資支給金返還させることができる 学資給付基金創設 学資給付にあたりその費用について基金をもって充てる

※この「改正」の解説は、「独立行政法人日本学生支援機構法」の解説の一部です。
「改正」を含む「独立行政法人日本学生支援機構法」の記事については、「独立行政法人日本学生支援機構法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/11 06:32 UTC 版)

ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」の記事における「改正」の解説

2012年5年間の延長決定2017年には第193回国会において平成39年8月6日までの10年間延長決定

※この「改正」の解説は、「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」の解説の一部です。
「改正」を含む「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」の記事については、「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 17:55 UTC 版)

工業所有権の保護に関するパリ条約」の記事における「改正」の解説

パリ条約数回の改正を繰り返しており、パリ条約同盟国はいずれかの改正条約加盟している(現在、全ての同盟国ヘーグ改正条約からストックホルム改正条約いずれかに加盟している)。異なる改正条約締約国の間では、共通する最新の改正条約適用される27条)。また、新規に加盟する場合は、最新の改正条約加盟しなければならない23条)。日本は、最新のストックホルム改正条約加入している。 ブラッセル改正条約1900年12月14日ワシントン改正条約1911年6月2日ヘーグ改正条約1925年11月6日ロンドン改正条約1934年6月2日リスボン改正条約1958年10月31日特許出願対象の一部についても優先権主張認める。 ストックホルム改正条約1967年7月14日発明者制度優先権との関連本条約に導入する以上の改正から、ストックホルム改正条約正式名称は、「千九百十二月十四日ブラッセルで、千九百十一六月二日ワシントンで、千九百二十五年十一月六日ヘーグで、千九百三十四年六月二日ロンドンで、千九百五十八十月三十一日リスボンで及び千九百六十七年七月十四日ストックホルム改正された工業所有権保護に関する千八百八十三年三月二十日パリ条約となっている。

※この「改正」の解説は、「工業所有権の保護に関するパリ条約」の解説の一部です。
「改正」を含む「工業所有権の保護に関するパリ条約」の記事については、「工業所有権の保護に関するパリ条約」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/17 05:40 UTC 版)

臨時通貨法」の記事における「改正」の解説

1942年昭和17年)から1981年昭和56年にかけて8度にわたり改正された1942年昭和17年)、大東亜戦争呼称ヲ定メタルニ伴フ各法律改正法律(昭和17年2月18日法律第9号)により、附則第二項の「支那事変」を「大東亜戦争」に改めた1946年昭和21年)、昭和二十年勅令第五四十二「ポツダム」宣言ノ受諾ニ伴ヒ発スル命令ニ関スル件ニ基ク国有財産法中改正等ノ件(昭和21年3月14日勅令142号)により、附則第二項の「大東亜戦争」を「今次戦争」に改めた

※この「改正」の解説は、「臨時通貨法」の解説の一部です。
「改正」を含む「臨時通貨法」の記事については、「臨時通貨法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/17 08:19 UTC 版)

ヨーク・アントワープ規則」の記事における「改正」の解説

規則万国海法会により国際海上輸送実務実情に合わせて改正作業が行われる。戦後行われた改正作業以下の通り1950年ヨーク・アントワープ規則1948年アムステルダム国際会議1974年ヨーク・アントワープ規則1974年ハンブルク国際会議1994年ヨーク・アントワープ規則1990年パリ国際会議1994年シドニー国際会議2004年ヨーク・アントワープ規則2004年バンクーバー国際会議

※この「改正」の解説は、「ヨーク・アントワープ規則」の解説の一部です。
「改正」を含む「ヨーク・アントワープ規則」の記事については、「ヨーク・アントワープ規則」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 02:39 UTC 版)

日本・タイ経済連携協定」の記事における「改正」の解説

協定附属書2(品目規則)の改正が、2020年7月5日両国の間で合意され、2022年1月1日により発効する。この改正は協定171条2の規定により両国政府合意のみで行われる内容主な内容は、HSコードバージョンがHS2002からHS2017に変更すること、及び品目規則記載を「CC」、「CTH」等の符号用いた簡易な表記変更することである。

※この「改正」の解説は、「日本・タイ経済連携協定」の解説の一部です。
「改正」を含む「日本・タイ経済連携協定」の記事については、「日本・タイ経済連携協定」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 07:44 UTC 版)

メキシコ憲法」の記事における「改正」の解説

1917年憲法は現在も使われているが、制定以来多くの改正が加えられている。2019年まで240改正されており、OECD加盟国ではもっとも改正回数が多い。とくに1992年重要な改正が行われた。 1926年の改正によって、大統領任期連続してなければ何度でも再選できるように改められた。これによって元大統領アルバロ・オブレゴン1928年大統領再選された(が、就任前暗殺された)。この改正は1934年破棄された。 大統領の任期4年だったが、1927年6年延長された。ラサロ・カルデナス大統領がはじめて6年間の任期つとめた(1934-1940年)。 27条は政府大土地所有制を解体してエヒード設立するために使われたが、1927年改正され農民女性エヒード自分の名前で取得する権利制約した。これによって女性エヒード所有者別のエヒード所有者結婚した場合自身のエヒード権利を失うことになった。「基本的に土地家族資産考えられ1つ家族エヒード1人にのみ与えられた。」1971年農地改革法(Ley de Reforma Agraria)によってこの制約除去された。 1917年憲法規定されていた政治からの教会排除ベヌスティアーノ・カランサアルバロ・オブレゴン大統領時代には具体的に実施されなかったが、プルタルコ・エリアス・カリェス大統領時代1926年教会排除強化しようとした。これによって政治宗教対立激化しクリステロ戦争引きおこされた。学者によっては当時憲法を「敵対的政教分離」に分類している。クリステロ戦争1929年終結したが、憲法改正されることはなかった。1934年12月13日にはさらに社会主義的教育を行うように3条改正されたが、1946年にこの改正は除去された。実質的にはマヌエル・アビラ・カマチョ時代1940年に反教会的な条文強制終了していた。憲法教会建物外で礼拝を行うことを禁じており、したがっ1980年1990年教皇ヨハネ・パウロ2世メキシコ訪問して屋外でミサその他の宗教的祭儀実施したことは違憲だが、政府見て見ぬふりをした。反教会条文1992年憲法改正まで存在していた。 カルロス・サリナス・デ・ゴルタリ大統領政党企業教会との関係更新する構造改革によるメキシコ近代化宣言した彼の改革には憲法の改正含まれていたが、左派のみならず教会自身からも批判された。多くの議論経て立法機関1992年7月政教関係に関する本質的な改正に賛成したこれによって3条5条24条・130条が改正された改正後憲法でも信教の自由完全に確保されておらず、たとえば屋外で礼拝を行うことは政府許可必要とする特別の場合限られ宗教機関印刷所電子媒体配布所を持つことを禁止され宗教的祭儀放送には政府許可を必要とし、聖職者政治の候補者になったり公職につくことは禁止されている。 1992年の改革ではまた新自由主義的な経済構造改革北米自由貿易協定交渉のために27条が改正されたこれによってエヒードほかの形態小規模農家に対する憲法による支援失われた27条改正によってエヒード私有地への転換売却可能になり、これが1994年チアパス州での武装蜂起サパティスタの反乱)の直接の原因になった2005年に14条と22条改正しメキシコ領土内において死刑禁止した2011年食料への権利英語版)を保証するように4条と27条を改正した

※この「改正」の解説は、「メキシコ憲法」の解説の一部です。
「改正」を含む「メキシコ憲法」の記事については、「メキシコ憲法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 16:49 UTC 版)

新貨条例」の記事における「改正」の解説

新貨条例定められた貨幣形式その後の太政官布告により幾度か改正され補助銀貨量目変更貨幣直径模様変更された。また貿易一圓銀貨については、通用に関して重大な変更が行われた。また流通不便の五銭銀貨および二銭銅貨代わり、五銭白銅貨制定された。 明治4年9月13日太政官布告462条文中の違算及び誤写訂正する明治5年2月5日太政官布告34貨幣の圧印作業問題により一圓金貨模様を龍図から「一圓の文字改める。 明治5年3月8日太政官布告74貨幣の圧印作業問題により五銭銀貨模様を龍図から「五錢」の文字改める。 明治5年11月14日太政官布告341貨幣製造技術上の問題から十圓五圓、二圓、一圓金貨幣および五十銭、二十銀貨幣直径縮小する。また補助銀貨量目増加し貿易一圓銀貨に対し額面による比例とする。しかし銀貨のうち発行されたのは五十銭のみで、しかも現存する直径変更され五十銭銀貨幣の量目は12.5グラム変化はない。 明治6年2月10日太政官布告46号国際化配慮して五十銭、二十銭、十銭、五銭銀貨幣模様改め額面算用数字およびローマ字との併記とする。 明治6年8月29日太政官布告308二銭銅貨加え銅貨二銭一銭半銭一厘四種とし、額面表記算用数字およびローマ字との併記とする。 明治7年3月20日太政官布告34貿易一圓銀貨模様改め額面表記算用数字およびローマ字との併記とする。 明治8年2月28日太政官布告35号貿易一圓銀貨国際的な流通促進するため量目420ゲレイン増量し額面表記を「貿易銀」に改める。 明治8年6月25日太政官布告108新貨条例条文一部改正し「貨幣條例」として改め公布された。ここでは「新貨幣例目」の項目は「貨幣例目」に改められ江戸時代貨幣新貨幣との価格に関する説明削除された。また貿易銀および量目増加した補助銀貨量目公差表に追加された。 「新貨幣通用制限」の項目は「貨幣通用制限」に改められ、「定位銀貨幣」は「補助銀貨」に、「定位銅貨」は「補助銅貨」にそれぞれ改められた。さらに開港場貿易使用する一圓銀」は「貿易銀」と改められ条文見直された。 明治9年3月4日太政官布告27貿易一圓銀貨100円金貨100円等価とする。 明治11年1月19日太政官布告第2号通用貨幣溶解又は毀損禁止定める。 明治11年5月27日太政官布告第12号開港場使用一圓銀貨公私取引授受可とする明治11年11月26日太政官布告35号貿易銀表記銀貨量目416ゲレイン、「一圓表記明治7年制定のものに復帰する明治21年11月6日勅令74小型で流通不便の五銭銀貨代わり五銭白銅貨定める。白銅貨法貨としての通用制限1円とされた。

※この「改正」の解説は、「新貨条例」の解説の一部です。
「改正」を含む「新貨条例」の記事については、「新貨条例」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 03:08 UTC 版)

公認野球規則」の記事における「改正」の解説

アメリカ野球規則委員会 (THE OFFICIAL PLAYING RULES COMMITTEE) の行う "Official Baseball Rules" の改正は独自で行われ、これに際して例え日本の意見を聞くといったことは無く、改正時期世界同時にしようという考えも無い。したがっ通常は、アメリカでの改正に追従する形で翌年に(日本の公認野球規則反映される。 つまり、アメリカにはアメリカの、日本には日本のルールがあり、たまたま後者前者大い参考としたが、どちらもあくまでその国固有のルールである。アメリカでは必要があればルール改正をするが、そのこと積極的に国外へ通知することも無ければ(ただし最新ルールWeb上で一般に公開されている)、ましてや同様の改正を他国強制するわけでもない日本日本の判断アメリカ追従した方がよいとして、やや遅れて改正を行っているだけである。 とはいえ一部ルール(5.06(b)(4)(H)規則説明】。当時2015年版以前)は、7.05(h)付記】)は日本での改正(1957年を機にアメリカで採用1975年)されたものも存在する

※この「改正」の解説は、「公認野球規則」の解説の一部です。
「改正」を含む「公認野球規則」の記事については、「公認野球規則」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 14:33 UTC 版)

師団司令部令」の記事における「改正」の解説

師団司令部令は、1941年昭和16年)と1943年昭和18年)に改正された1941年の改正は、軍令第19号として7月28日制定29日公布8月1日施行された。内容は、師団司令部兵務部を置くこと、司令部将校規定を除くことである 1943年の改正は、軍令第14号として6月26日制定7月1日公布8月1日施行された。同日制定の軍令第15号朝鮮師管廃止したことにともない朝鮮師団管区を「軍司令官定め地域」とした。また、朝鮮の師団司令部兵務部を置かないことも定められた

※この「改正」の解説は、「師団司令部令」の解説の一部です。
「改正」を含む「師団司令部令」の記事については、「師団司令部令」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 09:44 UTC 版)

ベラルーシ共和国憲法」の記事における「改正」の解説

1994年大統領に就任したアレクサンドル・ルカシェンコは、すぐに大統領権限強化の方向で憲法を改正する意向述べた1995年国民投票において、四つ質問のうち一つ議会法律違反した場合大統領議会解散できることとすることの当否問われた。これには反対する最高ソビエト議員がいたが、77%の支持得た

※この「改正」の解説は、「ベラルーシ共和国憲法」の解説の一部です。
「改正」を含む「ベラルーシ共和国憲法」の記事については、「ベラルーシ共和国憲法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 19:17 UTC 版)

国家総動員法」の記事における「改正」の解説

国家総動員法成立後廃止されるまでの間に3回改正されている。最初1939年4月2回目1941年3月3月3日公布3月20日施行)、3回目1944年3月である。改正毎に法律統制範囲拡大し以後日本の敗戦まで威力を発揮した。 このうち1939年1944年の改正は小規模なのだったに対して2回目1941年の改正は全50条のうちの25条を改正するという大規模なのだった。この2回目大幅改正は、1940年(昭和15年)の帝国議会1940年12月24日召集12月26日開会1941年3月25日閉会)で行われた改正の理由は、「従来規定では統制できるものは「総動員物資」に限られており、これでは不十分である」という議論現れたほか、「罰則が軽いため罰よりも利益求めて違反する者が後を絶たないから罰則強化せよ」との主張出てきたためである主な改正点は、次の4つである。まず、統制対象の大幅拡大である。改正前の対象は「総動員物資であったものが、改正後は単に「物資」と改められた。これによりあらゆるもの統制対象となった次に、この対象拡大対応して政府統制命令できる事業を総動員事業」から一般事業拡大したことである。また、従来労働統制雇用主限定されいたものを、一般労働者に対して直接命令できるようにした。最後に罰則の強化で、従来罰則が「三年以下ノ懲役又ハ五千円以下ノ罰金であったものを、「十年以下ノ懲役又ハ五万円以下ノ罰金」へ変更したことである。 帝国議会では他にも重要法案として産業団体法案(産業別統制団体作るための法案)があったが、この内容は国家総動員法吸収された。

※この「改正」の解説は、「国家総動員法」の解説の一部です。
「改正」を含む「国家総動員法」の記事については、「国家総動員法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 01:25 UTC 版)

介護保険法」の記事における「改正」の解説

以下、介護保険法およびその関連法含めた改正について述べる。

※この「改正」の解説は、「介護保険法」の解説の一部です。
「改正」を含む「介護保険法」の記事については、「介護保険法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 06:45 UTC 版)

児童の権利に関する条約」の記事における「改正」の解説

締約国は、第44条において、条約において認められる権利実現のためにとった措置権利享受についての進捗状況児童権利に関する委員会報告することを義務付けられているが、締約国増えるに従って報告の数が増し委員会報告審査業務遅滞生じようになった。そこで、この問題解消するべく、1995年委員会委員数を10人から18人に増やす第43条2の改正案採択され第50回国連総会において採択された。

※この「改正」の解説は、「児童の権利に関する条約」の解説の一部です。
「改正」を含む「児童の権利に関する条約」の記事については、「児童の権利に関する条約」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 02:33 UTC 版)

利息制限法」の記事における「改正」の解説

貸金業の規制等に関する法律等の一部改正する法律」(平成11年12月17日法律155号)によって、本法律4条1項遅延損害金制限利率が、利息制限利率2倍から1.46倍に引き下げられた(平成12年6月1日施行)。

※この「改正」の解説は、「利息制限法」の解説の一部です。
「改正」を含む「利息制限法」の記事については、「利息制限法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 18:35 UTC 版)

暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」の記事における「改正」の解説

2008年5月2日改正され同日一部施行8月1日に完全施行された。

※この「改正」の解説は、「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」の解説の一部です。
「改正」を含む「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」の記事については、「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 14:59 UTC 版)

ヨーロッパの運転免許」の記事における「改正」の解説

9つ指令と2回の加盟国増加によって法令の改正なされている。たとえばプラスチックカードによる免許証1996年7月23日指令 96/47/ECによって追加されている。

※この「改正」の解説は、「ヨーロッパの運転免許」の解説の一部です。
「改正」を含む「ヨーロッパの運転免許」の記事については、「ヨーロッパの運転免許」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 07:17 UTC 版)

インド憲法」の記事における「改正」の解説

この憲法は、制定以来何度も修正経ている。最新の改正は2019年8月5日行われたもので、第370条(英語版)で保障されていたジャンムー・カシミール州の特別自治権剥奪しジャンムー・カシミール州分割してラダック連邦直轄領ジャンムー・カシミール連邦直轄領からなる2つ連邦政府直轄領新設するという内容だった。

※この「改正」の解説は、「インド憲法」の解説の一部です。
「改正」を含む「インド憲法」の記事については、「インド憲法」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 06:03 UTC 版)

民事連帯契約」の記事における「改正」の解説

PACS1999年導入された後、細かな改正が行われたが、その中で2006年6月23日の改正で、PACSの法技術的な不備運用上の不都合修正するといった比較的大きな改正が行われた。

※この「改正」の解説は、「民事連帯契約」の解説の一部です。
「改正」を含む「民事連帯契約」の記事については、「民事連帯契約」の概要を参照ください。


改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 05:35 UTC 版)

伊藤修 (参議院議員)」の記事における「改正」の解説

第九十六条両院平等の建前現在のままとすべきである憲法改正について国民投票制度憲法改正不当に困難にさせており、国民政治意識未熟な現状において偶然の支配による嫌いが甚だ多いことを考えるならば、両院三分の二賛成によって仮議決し衆議院解散し改め総議員三分の二上で賛成した場合憲法改正されるとする方法改正されるべきである。第九十六条第二項の規定中「この憲法と一体を成すものとして、」は削除すべきである

※この「改正」の解説は、「伊藤修 (参議院議員)」の解説の一部です。
「改正」を含む「伊藤修 (参議院議員)」の記事については、「伊藤修 (参議院議員)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「改正」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

改正

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 07:33 UTC 版)

名詞

かいせい

  1. 法律規則などの不備改めること。

発音(?)

か↗いせー

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
改正-する

「改正」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



改正と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「改正」に関係したコラム

  • 株式の単元未満株とは

    株式の単元未満株とは、株式の最低売買単位である1単元未満の株式のことです。1単元は銘柄ごとに異なりますが、100株や1000株であることが多いようです。1単元が100株の銘柄では、単元未満株は1株から...

  • 株365の取引のリスクは

    株365の取引を行う際のリスクには次のようなものが挙げられます。▼価格変動によるリスク株365の銘柄の価格変動による損失のリスクがあります。また、株365ではレバレッジを使った取引のため、差し入れた証...

  • 海外のFX業者一覧

    海外のFX業者とは、日本に現地法人を設立していないFX業者のことです。海外のFX業者と日本国内のFX業者との大きな違いは、日本国内の法律が適用されるかどうかです。日本国内のFX業者の場合は「金融商品取...

  • FXの信託保全とは

    FX(外国為替証拠金取引)の信託保全とは、FX業者が、顧客から預託された保証金を保全するために金銭信託することです。顧客から預託された保証金は、「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「改正」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



改正のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの改正 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジュネーヴ条約 (改訂履歴)、三振法 (改訂履歴)、1975年庶民院資格剥奪法 (改訂履歴)、私立学校令 (改訂履歴)、女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約 (改訂履歴)、不動産登記令 (改訂履歴)、九七式普通実包 (改訂履歴)、BVI事業会社法 (改訂履歴)、日露修好通商条約 (改訂履歴)、皇室典範 (改訂履歴)、商標法条約 (改訂履歴)、高等学校令 (改訂履歴)、行旅病人及行旅死亡人取扱法 (改訂履歴)、環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約 (改訂履歴)、放送法 (改訂履歴)、独立行政法人日本学生支援機構法 (改訂履歴)、ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法 (改訂履歴)、工業所有権の保護に関するパリ条約 (改訂履歴)、臨時通貨法 (改訂履歴)、ヨーク・アントワープ規則 (改訂履歴)、日本・タイ経済連携協定 (改訂履歴)、メキシコ憲法 (改訂履歴)、新貨条例 (改訂履歴)、公認野球規則 (改訂履歴)、師団司令部令 (改訂履歴)、ベラルーシ共和国憲法 (改訂履歴)、国家総動員法 (改訂履歴)、介護保険法 (改訂履歴)、児童の権利に関する条約 (改訂履歴)、利息制限法 (改訂履歴)、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 (改訂履歴)、ヨーロッパの運転免許 (改訂履歴)、インド憲法 (改訂履歴)、民事連帯契約 (改訂履歴)、伊藤修 (参議院議員) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの改正 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS