量目とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 目方 > 量目の意味・解説 

りょう‐め〔リヤウ‐〕【量目】

はかりにかけてはかった物の重さはかりめ。りょうもく。「—が不足する


重さ

(量目 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 02:55 UTC 版)

重さ(おもさ、weight)または、重量(じゅうりょう、weight)には文脈により2つの意味があり、物体の質量(mass)を意味する場合と、物体に働く重力の大きさ、すなわち(force)を意味する場合がある。かつては工学分野においては、物体の質量とそれが及ぼす力(または荷重)を厳密には区別せずに議論や計算を行っていた(重力単位系)が、現在では厳密に区別している。


注釈

  1. ^ NIST SP 330(SI)2019年版 p.46, 下欄 Editors' note: In the United States the term “weight” is used to mean both force and mass. In science and technology this declaration is usually followed, with the newton (N) the SI unit of force and thus weight. In commercial and everyday use, and especially in common parlance, weight is often (but incorrectly) used as a synonym for mass, the SI unit of which is the kilogram (kg). 訳:米国では、「weight」の語は、force(力)とmass(質量)の両方の意味で用いられる。科学技術分野においては、この宣言(1901年のCGPM)は通常守られている(単位はforce(力)したがってweight(重さ)のSI単位であるニュートン(N)を用いる)。商業上の使い方と日常の使い方では、特に俗用としては、weight の語は、しばしば(しかし間違って) mass(質量) の同義語として使われている(SI単位はキログラム(kg)である)。
  2. ^ NIST SP330(1981)p.18, 3d CGPM 1901, USA Editors' note. "In the USA, ambiguity exists in the use of the term weight as a quantity to mean either force or mass. In science and technology this declaration (CGPM(1901)) is usually followed, with the newton the corresponding unit. In commercial and everyday use, weight is often usedn in the sense of mass for which the SI unit is the kilogram." 訳:米国では、量を表す「weight」の語の使い方には、force(力)を意味するのか、mass(質量)を意味するのかについて曖昧さが存在する。科学技術分野においては、この1901年のCGPM声明は通常守られている(単位はニュートン)。商業上の使い方と日常の使い方としては、weight の語は、しばしば mass(質量) の意味で使われている(単位はキログラム)。
  3. ^ この定義は、2018年の第26回国際度量衡総会(決議1)によって廃止された。
  4. ^ この gn の値は、現在は排除されている単位であるキログラム重を計算するための協定参照値である。

出典

  1. ^ 有馬朗人ほか70名、(中学校教科書)理科の世界1、p.183 「くらしの中では,「重さ」を質量という意味でも重力の大きさという意味でも使うことがあるよ。でも理科では重さと質量はちがう意味で使うよ。」、2020年3月2日検定済、大日本図書ISBN 978-4-477031750
  2. ^ 「質量」をどう教えるか - ニュートンの質量の定義に戻って - 吉埜和雄・興治文子、新潟大学教育学部研究紀要第10巻第2号、p.127、6.重力と質量を区別しなくとも日常生活では不自由しない、2017年10月23日受理
  3. ^ 有馬朗人ほか58名、「たのしい理科3年」、p.166、もののしゅるいと重さ、「重さは, グラムというたんいで表され・・・」、2019年3月5日検定済、大日本図書、ISBN 978-4-477-03122-4、2021年2月5日再版発行
  4. ^ The American Heritage Dictionary, Second College Edition, p.1371, Houghton Mifflin Company, 1982, ISBN 0-395-32943-4 1)A measure of the heaviness or mass of an object. 2)The gravitational force exerted by the earth or another celestial body on an object, equal to the product of the object's mass and the local value of gravitational acceleration.
  5. ^ [1] BIPM 著、産業技術総合研究所 計量標準総合センター 訳 『国際単位系(SI)第9版(2019)日本語版』産業技術総合研究所 計量標準総合センター、2020年3月、126-127頁。 



量目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/01 15:34 UTC 版)

小判規定量目は八分八厘(3.30グラム)であり、一分判二分二厘(0.82グラム)である。 多数量の実測値平均は、小判0.88匁(度量衡法基づく匁、3.30グラム)、一分判0.22匁(同0.83グラム)である。 太政官による『旧金銀貨幣価格表』では、拾両当たり量目1.06894トロイオンスとされ、小判1枚当たりの量目は3.32グラムとなる。

※この「量目」の解説は、「万延小判」の解説の一部です。» 「万延小判」の概要を見る


量目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 17:03 UTC 版)

小判規定量目は二匁四分(8.98グラム)であり、一分判六分(2.24グラム)である。 多数量の実測値平均は、小判2.40匁(度量衡法基づく匁、9.00グラム)、一分判0.61匁(同2.29グラム)である。 太政官による『旧金銀貨幣価格表』では、拾両当たり量目2.89010トロイオンスとされ、小判1枚当たりの量目は8.99グラムとなる。

※この「量目」の解説は、「安政小判」の解説の一部です。» 「安政小判」の概要を見る


量目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 17:00 UTC 版)

小判規定量目は元文小判同じく三匁五分(13.09グラム)であり、一分判八分七厘五毛(3.27グラム)である。 多数量の実測値平均は、小判3.49匁(度量衡法基づく匁、13.09グラム)、一分判0.88匁(同3.30グラム)である。 太政官による『旧金銀貨幣価格表』では、拾両当たり量目4.21510トロイオンスとされ、小判1枚当たりの量目は13.11グラムとなる。

※この「量目」の解説は、「文政小判」の解説の一部です。» 「文政小判」の概要を見る


量目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 13:50 UTC 版)

小判規定量目(質量)は四匁七分六厘(17.76グラム)であり、一分判一匁一分九厘(4.44グラム)である。 この規定量目は京目一両すなわち四匁四分を基に下のように導かれものであるとされる小判十両分の素材品位五十二匁二分位として、京目金十両すなわち四十四匁の生粋金に銀八二分加えたものであるから、これより分一金四匁四分差し引くと四十七匁八分となり、吹き減り二分差し引いて四十七匁六分となることによる。すなわち(52.2-4.4-0.2)÷10=4.76である。 また、量目が四十四二分の大判道具値段が八両二分評価されており、十両分では五十二匁となり、金座貨幣鋳造手数料にあたる分一金四匁四分差し引き四十七匁六分となり、一両では四匁七分六厘とする説もある。すなわち(44.2÷8.5-4.4)÷10=4.76である。 小判の量目は四匁七分三厘とする文献もあるが、これは明治24年1891年)の度量衡法一匁=3.75グラム基づ多数量の実測値平均で17.74グラムとなる。江戸時代一匁唐代の3.73グラムに等しい推定されている。一分判実測値平均は1.18匁(度量衡法基づく匁、4.43グラム)である。 太政官による『旧金銀貨幣価格表』では、拾両当たり量目5.67952トロイオンスとされ、小判1枚当たりの量目は17.77グラムとなる。

※この「量目」の解説は、「慶長小判」の解説の一部です。» 「慶長小判」の概要を見る


量目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 03:46 UTC 版)

小判規定量目は慶長小判同じく四匁七分六厘(17.76グラム)であり、一分判一匁一分九厘(4.44グラム)、二朱判は五分九厘五毛(2.22グラム)である。 多数量の実測値平均は、小判4.75匁(度量衡法基づく匁、17.81グラム)、一分判1.19匁(同4.46グラム)、二朱判0.59匁(同2.21グラム)である。 太政官による『旧金銀貨幣価格表』では、拾両当たり量目5.71252トロイオンスとされ、小判1枚当たりの量目は17.77グラムとなる。

※この「量目」の解説は、「元禄小判」の解説の一部です。» 「元禄小判」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「量目」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



量目と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

量目のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



量目のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの重さ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの万延小判 (改訂履歴)、安政小判 (改訂履歴)、文政小判 (改訂履歴)、慶長小判 (改訂履歴)、元禄小判 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS