文献とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 文献 > 文献の意味・解説 

ぶん‐けん【文献】

《「献」は賢人の意》

昔の制度文物を知るよりどころとなる記録言い伝え文書

研究上の参考資料となる文書書物。「参考文献


参考文献

(文献 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 10:47 UTC 版)

参考文献(さんこうぶんけん、: reference, works cited, bibliography など)は、記事書籍・学術論文執筆など、著述を行う際に参考にした図書や文献、新聞記事、または、その書誌事項を記したもの。また出典(しゅってん、: source, citation など)は、故事、引用語などの出所(でどころ)、ないしそれと考えられるなどのこと[1]


  1. ^ 三省堂『新明解国語辞典』による。
  2. ^ CiNii. “論文詳細表示画面の使い方”. CiNii マニュアル. 2020年3月6日閲覧。
  3. ^ Howard 2012, pp. 199-220.
  4. ^ 村上 2019, pp. 31-79.
  5. ^ 村上 2019, pp. 167-182.


「参考文献」の続きの解説一覧

文献

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 22:52 UTC 版)

名詞

ぶんけん

  1. 制度文物を知るための記録
  2. 参考となる書物文書

発音

ぶ↗んけん

関連語




文献と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「文献」の関連用語

文献のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



文献のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの参考文献 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの文献 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS