思文閣出版とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 思文閣出版の意味・解説 

思文閣出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/25 01:48 UTC 版)

思文閣出版(しぶんかくしゅっぱん)は、京都府京都市左京区にある出版社。美術商思文閣の出版部で、人文系・美術系の書籍を刊行している。絶版となった古書や花道、歴史、国文、芸術などのオリジナル企画書を刊行している。ベストセラーにならなくても、命の長い本を出版していく方針を取っている[1]。所在地同ビルに企画展をメインとする美術館思文閣美術館(しぶんかくびじゅつかん、2011年4月10日より休館中)、京都市東山区古門前通大和大路東入元町386にぎゃらりぃ思文閣を運営する。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f [こんな出版社]思文閣出版 命の長い本作る 読売新聞 2007年9月27日 大阪夕刊7頁
  2. ^ 女性史青山なを賞決定 本賞に今井けい氏「イギリス女性運動史」読売新聞 1992年7月13日 東京夕刊15頁
  3. ^ 93年下半期 読書委員の選んだ「私の一冊」 1993年12月20日 東京朝刊7頁
  4. ^ 1994年度 思想・歴史部門”. サントリー文化財団. 2014年7月6日閲覧。
  5. ^ 第2回徳川賞に愛大の遠藤講師 読売新聞 2004年10月2日 中部朝刊30頁
  6. ^ 2006年 読書委員が選ぶ「今年の3冊」読売新聞 2006年12月24日 東京朝刊21頁
  7. ^ 産業技術の歩み詳説 幕末―1980年代、事典刊行 読売新聞 2007年8月17日西部朝刊12頁
  8. ^ 正倉院シンポ1冊に 専門家ら、著書を刊行 読売新聞 2008年11月6日 大阪夕刊5頁
  9. ^ 最上義光 VIP扱いの“光”「賦何舩連歌」315万で山形市購入 読売新聞 2012年6月27日 東京朝刊31頁
  10. ^ 「最上義光等連歌巻『賦何舩連歌』一巻」について”. 最上義光歴史館 (2012年6月26日). 2014年7月6日閲覧。
  11. ^ 来年の大河ドラマ 関連本 ヒロインの実像に迫る 読売新聞 2012年11月19日 東京夕刊9頁
  12. ^ サントリー学芸賞決まる 読売新聞 2013年11月12日 東京朝刊37頁


「思文閣出版」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「思文閣出版」の関連用語

思文閣出版のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



思文閣出版のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの思文閣出版 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS