名語記とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 辞書 > 名語記の意味・解説 

みょうごき〔ミヤウゴキ〕【名語記】

鎌倉時代辞書。経尊著。初稿6巻本文永5年(1268)、増補10巻本建治元年(1275)成立当時口語俗語音節数によって分類いろは順配列して問答体語源説明したもの。


みょうごき ミャウゴキ 【名語記】

鎌倉時代辞書全一〇巻。経尊著。初稿巻本文永五年(一二六八成立増補巻本が、建治元年一二七五北条実時献上された。現存本は著者自筆本で、巻一を欠く。「名」はほぼ体言を意味し、「語」は用言などを意味する。当時通用語を音節数によって分類したものをさらにいろは順配列し、問答体語源説明加えたもの。多く延約相通仮名反しをもってし、独断も多いが、品詞分類萌芽見え類書先駆をなす。旧金沢文庫捺印があり、国重要文化財


名語記〈自巻第二至第十/(金沢文庫本)〉

重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  古謡集  史記  史記巻第二十九河渠書第七残巻  名語記  吾妻鏡  吾妻鏡  吾妻鏡

名語記

読み方:ミョウゴキ(myougoki)

分野 語源辞書

年代 鎌倉中期

作者 稲荷法橋経尊


名語記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 14:13 UTC 版)

名語記(みょうごき)は、鎌倉時代に作られた語源辞書である。






「名語記」の続きの解説一覧



名語記と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「名語記」の関連用語

名語記のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



名語記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2022 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名語記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS