節用集とは?

せっちょうしゅう〔セツヨウシフ〕【節用集】

せつようしゅう(節用集)


せつようしゅう〔セツヨウシフ〕【節用集】

室町中期成立した国語辞書編者未詳。語をいろは順分け、さらに天地時節草木などの門を立て意義によって分類配列したものまた、江戸時代にはこれを改編増補した多種多様の節用集が刊行され、やがてはいろは引き国語辞書代名詞のようにもなった。近世初期までに書写刊行された諸本を特に古本節用集という。せっちょうしゅう


せっちょうしゅう セツヨウシフ 【節用集】

(「せつようしゅう」の連声) ⇒せつようしゅう(節用集)


せつようしゅう セツヨウシフ 【節用集】

室町時代には「せっちょうしゅう」とも)

1 室町中期用字集、国語辞書文明年間(一四六九‐八七)以前成立編者未詳だが、建仁寺の僧かとする説がある。語の頭字イロハ順と意味分類とで用字検索する。用字には必要に応じて語義語源などにも触れことがある各種写本板本を生み、本書名は類書総称の観すら呈する至り昭和初年まで刊行をみた。慶長以前のものは、「い」部天地門の初出の語が、「伊勢」で始まる伊勢本、同じく印度」で始まる印度本、乾坤初出の語が「乾」で始まる乾本(いぬいぼん)の三種分けられる。主な諸本に、黒本(くろもと)本(写本)、天正一八年本・饅頭屋本・易本(以上板本)、書名異にする伊京集・和漢通用集(以上写本)などがある。

吉川家文書別集‐(年未詳)(室町二月二七日吉川元長自筆書状近比御六ケ敷儀にて候へ共、節用集を遊候て給候はば可祝着候」

浮世草子西鶴織留(1694)一「節用集(セツヨウシウ)に見えわたらぬ難字を、庄屋殿より度々たづね給ふに」

2 実用的教養書、雑学集。

婦人文庫(1914)三「本書婦人文庫第三巻節用集として、女学範和漢筆道手習指南教訓歌絵都風俗化粧伝当流節用料理大全四季漬物早指南、菓子船橋の七部十巻を収む

[語誌](1)節用」の意味については、「時々要(い)る」の意(俚言集覧橋本進吉)とも、「論語‐学而」の「節用而愛人」から出た(中田祝夫)ともいわれるが、後者の説が妥当か。
(2)近世では、乾本系のものが行なわれたが、一八世紀以降教養全書風の付録挿絵併載されるようになり、一九世紀には最盛期をむかえた。近代になると、(二)用法で使われることが多くなり、辞書部分のない教養全書が「節用(集)」と称されるにいたる。
(3)一八世紀後半には、イロハ二重引き、特殊仮名濁音撥音引音)の有無で引くものなどが考案されたが、イロハ・仮名数引きの早引節用集が他を圧するようになる。ただし、明治中期から、近代的国語辞書小型判が刊行されるにしたがい淘汰された。


節用集

読み方:セツヨウシュウ(setsuyoushuu)

室町時代日常語用字語源語釈などを記した国語辞典総称


節用集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/28 00:53 UTC 版)

節用集(せつようしゅう、せっちょうしゅう)は、室町時代から昭和初期にかけて出版された日本の用字集・国語辞典の一種。漢字熟語を多数収録して読み仮名をつける形式をとっている。






「節用集」の続きの解説一覧



節用集と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「節用集」の関連用語

節用集のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



節用集のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの節用集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS