茶道とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > 茶道の意味・解説 

さ‐どう〔‐ダウ〕【茶道】

読み方:さどう

ちゃどう(茶道)

茶頭(さどう)」に同じ。

「茶道」に似た言葉

ちゃ‐どう〔‐ダウ〕【茶道】


さどう 【茶道】

→ 茶道

茶道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 00:48 UTC 版)

茶道(さどう、ちゃどう)は日本伝統の湯を沸かし、を点(た)て、茶を振る舞う行為(茶の儀式)。また、それを基本とした様式と芸道


  1. ^ 日本政府観光局公式サイト
  2. ^ 裏千家公式サイト
  3. ^ 表千家公式サイト
  4. ^ 「仏教儀礼と茶-仙薬からはじまった-」茶道資料館、2017
  5. ^ ヴィクター・H・モア、アーリン・ホー著 忠平美幸訳『お茶の歴史』(河出書房新社、2010年)pp92-103
  6. ^ a b 明治前期の「貴紳の茶の湯」: 『幟仁親王日記』および『東久世通禧日記』に見る喫茶文化の状況廣田吉崇、日本研究、45pp.185 - 236 , 2012-03-30 , 国際日本文化研究センター
  7. ^ 岡倉覚三 The Book of Tea(『茶の本』)第1章
  8. ^ 加藤恵津子『<お茶>はなぜ女のものになったか』 紀伊国屋書店、2004年。ISBN 4314009721、p.77-87
  9. ^ a b 李錦東「「韓国における主要3茶産地形成期のリーダーの役割 -寶城郡、河東郡、済州道を事例に-」 (『佐賀大学農学部彙報』第99号、 2014年) p.1-20
  10. ^ a b c d e (茶)한국민족문화대백과 (韓国民族文化大百科事典
  11. ^ 伊藤亜人『もっと知りたい韓国』第1巻(弘文堂、1997年)68ページ



茶道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/27 14:34 UTC 版)

安藤信友」の記事における「茶道」の解説

詳細は「御家流 (茶道)を参照 信友始め織部流だったが、後に米津田盛次男田賢の門人となり、千利休からそのまま形で細川三斎一尾伊織 → 田賢へと伝授されといわれる三斎流一尾流)を学んだその後三斎流基本として織部流組み合わせることで独自の流儀確立させた。これが安藤家で、「御家流」として代々伝えられ今日に至る。

※この「茶道」の解説は、「安藤信友」の解説の一部です。
「茶道」を含む「安藤信友」の記事については、「安藤信友」の概要を参照ください。


茶道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 05:25 UTC 版)

上田秋成」の記事における「茶道」の解説

寛政6年1794年)、『清風瑣言』(せいふうさげん) - 匙指導書歴史から、種類作法道具など。特に「煎茶」の茶道に特化した教本文化4年1807年)、『茶瘕酔言』(ちゃかすいげん、さかすいげん) - 『清風瑣言』の続篇

※この「茶道」の解説は、「上田秋成」の解説の一部です。
「茶道」を含む「上田秋成」の記事については、「上田秋成」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「茶道」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

茶道

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 11:11 UTC 版)

名詞

さどう ちゃどう

  1. 日本芸道一つで客を招いて茶器入れた抹茶をたてて楽しんで上で礼式作法加えたもの。

発音(?)

さ↘どー
ちゃ↘どー

翻訳


「茶道」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



茶道と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

茶道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



茶道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの茶道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの安藤信友 (改訂履歴)、上田秋成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの茶道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS