お花とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > お花の意味・解説 

お花

読み方:おはな

  1. かみばな紙花)の条を見よ。〔花柳語〕
  2. かみばな紙花)のこと。〔花柳界

分類 花柳界花柳


お花

読み方:おはな

  1. 女学生間にて寵愛せらるる者の事をいふ。「S子さんはT先生のお花よ」などいふ。〔情事語〕
  2. 女学生間で寵愛さるる者のことをいふ。『HさんはA先生のお花よ』などの類。〔学生
  3. 女学生間にて寵愛せらるる者の事をいふ。「S子さんはT先生のお花よ」などいふ。
  4. 〔隠〕女学生用語。寵愛する事又は寵愛する者。両手に花の意から出た語。
  5. 女学生用語、寵愛すること、寵愛するもの。
  6. 女学生間にて先生或は上級生贔負(ひいき)される事を云ふ。花を分析すれば「ヒイキ」となるから。
  7. 寵愛又は贔屓にされる事を云ふ。花と云ふ字を分析すれば「ヒイキ」となる故。「FさんはねT先生のお花よ」と云へば「FさんさT先生御気に入りよ」の意。
  8. 贔負寵愛を意味する。「Sさんは先生のお花」と云へば「先生贔負を意味する」。元来花と云ふ字を分析すればサイヒとなりヒイキとなる。〔女学生語〕
  9. 女学生用語。寵愛する事及び寵愛する者を意味する。「両手に花」の意味より出ず。教師間にも使用さるることあり。第一場合は「……子さんは……先生のお花よ」といふが如し。又、第二場合は「……さんは私のお花ですから、そのお積りでお引立を願ひます」などと云ふ言葉が交へられるが如きそれである。尚ほ、このお花は名詞のみならず「お花にする」「お花になる」等と動詞的にも用ゐらる。
  10. 女学生間で寵愛されるもののことをいふ。「春子さんは吉田先生のお花よ」。
  11. 寵愛すること、又は寵愛する者。主に女学生仲間で使う。
  12. ひいき、寵愛を意味する。花という字を分解すると「ヒイキ」となることから。

分類 女学生女学生語、学生情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

お花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/26 08:01 UTC 版)

お花(おはな)とは、お祝いやお供えとして出される金品のこと。御花代とも。




「お花」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「お花」の関連用語

お花のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



お花のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのお花 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS