贔屓とは?

ひい‐き【××屓/×負】

[名](スル)《「ひき(贔屓)」の音変化》気に入った人を特に引き立てること。後援すること。また、引き立てる人。「同郷力士を―にする」「弟のほうを―してかわいがる」「―の客」「―筋」


贔屓

読み方:ヒイキ(hiiki)

気に入った人に特に目をかけ世話をすること


贔屓

読み方:ヒイキ(hiiki)

作者 正宗白鳥

初出 大正15年

ジャンル 随筆


贔屓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/16 17:15 UTC 版)

贔屓(贔屭、ひき、拼音:Bìxì)は、中国における伝説上の生物。石碑の台になっているのは亀趺(きふ)と言う。




  1. ^ 鎌田正、米山寅太郎『新版 漢語林』大修館書店、1999年4月1日(原著1994年4月1日)、六版、1049頁。ISBN 4469031070


「贔屓」の続きの解説一覧

贔屓

出典:『Wiktionary』 (2019/03/21 00:26 UTC 版)

名詞:ひき

贔 屓ひきびし

  1. 力を入れること。
  2. 亀の姿に似た中国古代伝説上の霊獣重きを負うことを好むといわれ、そのため古来中国においては石柱石碑土台装飾に用いられることが多かった。


名詞:ひいき

贔 屓ひいき :別表記:贔負、「引き」の当て字ともいわれる

  1. 自分気に入った者を特別扱いして、力を添えること。扱いをつけて、愛情を注ぐこと。

活用

サ行変格活用
贔屓-する

関連語

類義語

対義語

翻訳




贔屓と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「贔屓」の関連用語

贔屓のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



贔屓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの贔屓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの贔屓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS