宇都宮市とは? わかりやすく解説

うつのみや‐し【宇都宮市】

読み方:うつのみやし

宇都宮


宇都宮市

読み方:ウツノミヤシ(utsunomiyashi)

所在 栃木県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

宇都宮市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/13 22:18 UTC 版)

宇都宮市(うつのみやし)は、栃木県のほぼ中央に位置する。栃木県の県庁所在地および人口が最多の市で、中核市に指定されている。周辺市町を含め宇都宮都市圏構成する。明治29年1896年4月1日市制施行




  1. ^ ただし宇都宮城二の丸御殿は、19日(旧暦)に新政府軍が城を脱出する時に自焼したものである。
  2. ^ 4月19日(旧暦)午前11時ごろに簗瀬村付近で戦闘開始。旧幕府軍は城下の各所に放火しつつ侵攻。昼12時には土方歳三ら新選組と桑名藩兵は宇都宮城東南の城下町に侵入し、町に放火して下河原門に迫った。また会津藩士の秋月登之助が隊長を務める伝習第一大隊は城北側の大手門に迫り、午後2時過ぎには二荒山神社の社殿が炎上した。火災は強い東南の風で町中に燃え広がり、午後4時ごろには城下町も城内も至る所が火災となって籠城も困難となっていた。まず宇都宮藩前藩主・戸田忠恕らが新里村(現・宇都宮市新里町)を経て館林へ脱出した。次いで香川敬三ら城内に残った新政府軍も、会津藩兵ら旧幕府軍が今市方面や鹿沼方面からも宇都宮に迫るとの情報が入る中、二の丸御殿を自焼して古河へ脱出した。薄暮に宇都宮城に入城した旧幕府軍も、宇都宮の大火を避けて刑部蓼沼の付近まで後退して宿営し、翌20日まで宇都宮城は空城となった。
  3. ^ 明治13年11月の陸軍行軍演習において、第1師団騎兵第1大隊長の秋山好古も来宇する。
  4. ^ 明治14年7月の大軍事演習において、第1師団騎兵第1大隊長の秋山好古が再度来宇する。
  5. ^ 明治17年、栃木県第3代県令三島通庸は、奥州街道(陸羽街道)を付け替えて現在の大通りを開通させた。それまでの奥州街道(陸羽街道)は、宇都宮二荒山神社の境内地を避け、伝馬町からオリオン通り、日野町を抜け、上河原から北上するルートを取っていたが、この大通り開通により二荒山神社は街道が境内地を通ることとなった。
  6. ^ 明治22年12月31日時点の居住人口。詳細は市制#1889年(明治22年)の都市人口を参照。
  7. ^ 「321-01xx」地域は元宇都宮南郵便局管轄、「321-03xx」地域は元大谷郵便局管轄、「321-21xx」地域は元徳次郎郵便局管轄。それぞれ、2006年に大谷郵便局、2017年に徳次郎郵便局、2018年に宇都宮南郵便局の無集配局化に伴って宇都宮中央郵便局へ移管。
  8. ^ 「321-04xx」地域は元上河内郵便局管轄。2017年に河内郵便局へ移管。
  9. ^ 2021年2月22日に宇都宮星が丘郵便局から改称・移転[68]
  10. ^ 2020年10月1日より一時閉鎖中[69]
  11. ^ 文科省によれば「広域通信制高校が自校の施設として設置している面接指導・添削指導・試験のための施設(自己所有、借用のいずれかを問わず、他の学校などの校舎施設の一部を借用して自校の教室としているものなども含む。)」とある。
  12. ^ 日々輝学園は単独で宇都宮キャンパスとして、鹿島学園は宇都宮メディア・アーツ専門学校内(メディアアーツは高等課程を持たないため、提携関係ではなく施設の借用)に、それぞれ設置している。
  13. ^ 本科の愛称を「栃木県産業技術大学校(産技大)」としている。
  14. ^ 宇都宮駅の所在地は開設当初は河内郡簗瀬村の村域だった。
  15. ^ 宇都宮市、茨城県水戸市に群馬県の前橋市高崎市を含む。
  16. ^ 中央前橋駅(乗降1,877人/日)、上信電鉄上信線高崎駅(乗車2,052人/日)・鹿島臨海鉄道大洗鹿島線水戸駅(乗車2,134人/日)と比較した場合。
  17. ^ さいたま市には東武野田線が存在するが同線は旧大宮市域および旧岩槻市域を通り、県庁のある旧浦和市域内には大手私鉄の路線が存在しない。なお、大手私鉄以外でも、ほかに該当するのは福島県福島市福島交通飯坂線のみである(国鉄・JRから移管された第三セクター鉄道は除く)。
  18. ^ 上野東京ライン・湘南新宿ラインは宇都宮駅までの運転
  19. ^ ベイマックスの同名キャラクターにはこの設定はない。



宇都宮市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/20 09:24 UTC 版)

栃木県専修学校一覧」の記事における「宇都宮市」の解説

宇陽ドレスメーカー専門学校 インターナショナルビジネスランゲージ専門学校 石山和装専門学校 平手和裁専門学校 和氣和裁専門学校 明美和装専門学校 フローラ編物専門学校 済生会宇都宮病院看護専門学校 財団法人宇都宮市医療保健事業附属宇都宮歯科衛生士専門学校 財団法人宇都宮市医療保健事業附属宇都宮准看高等専修学校 国立病院機構栃木病院附属看護学校 栃木介護福祉士専門学校 簗瀬簿記専門学校 アイ・エフ・シー調理師専門学校 アイ・エフ・シー製菓専門学校 宇都宮美容専門学校 栃木県美容専門学校 宇都宮メディア・アーツ専門学校 宇都宮ビジネス電子専門学校 国際情報ビジネス専門学校 宇都宮日建工科専門学校 専修学校宇都宮書道学校 アイ・エフ・シー栄養専門学校 国際テクニカル理容美容専門学校 - 旧、作新理容美容専門学院生徒教職員継承した宇都宮アート&スポーツ専門学校 国際看護介護保育専門学校 オリオンIT専門学校 国際ファッションビューティ専門学校 国際ペット総合専門学校 国際ティビィシィ看護専門学校 報徳看護専門学校

※この「宇都宮市」の解説は、「栃木県専修学校一覧」の解説の一部です。
「宇都宮市」を含む「栃木県専修学校一覧」の記事については、「栃木県専修学校一覧」の概要を参照ください。


宇都宮市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 07:18 UTC 版)

餃子」の記事における「宇都宮市」の解説

栃木県宇都宮市餃子は、戦時中補充担任宇都宮師管とする大日本帝国陸軍第14師団が、1940年昭和15年8月以降満州国衛戍地としたことに始まり宇都宮周辺地域出身軍人移住者等が、戦後満州国から引き揚げてきた際、満州餃子製法持ち込み広めたのが始まりである。 現在、宇都宮市内には餃子専門店餃子を扱う料理店合わせて300軒あり、一般的な販売価格1人200 - 300程度低廉学生がおやつ代わりに食べることが出来価格帯である。タレは酢だけで食するのが宇都宮スタイルといわれることもあるが、水餃子揚餃子焼餃子スープ餃子など、店舗により様々なスタイル食べ方が存在する1990年平成2年)、前年発生した大谷石採掘場での落盤事故きっかけ観光客激減し大谷代わる町興し繋げられるキーワードを探していた宇都宮市観光課の職員が、総務庁統計局の『家計調査年報』において、1987年昭和62年)の調査開始以降餃子購入額」で同市は常に上位挙がっていることに注目し餃子による町興し提案したのがきっかけで、観光PR力を入れてきた。 1991年平成3年)には、業者団体として「宇都宮餃子会」が発足し行政民間協力して様々な企画仕掛けたことが功を奏し、かつて国際観光都市日光鬼怒川温泉」や那須への通過点だった宇都宮が、餃子という大きな観光資源を得ることに成功した任意団体として発足した宇都宮餃子会は2001年平成13年)に協同組合となり、登録商標宇都宮餃子」の管理組合直営店「来らっせ」3店舗宇都宮2店、東京1店)の運営管理なども行っており、2019年令和元年現在の組合加盟店舗数は90軒を超えている。こうした市内餃子専門店中には市外支店進出させている店もあり、餃子ブームは宇都宮市内に留まらず栃木県内各地への広がり見せている。 またJR宇都宮駅東口広場には、1993年に市とテレビ東京山田邦子司会番組おまかせ!山田商会』とタイアップPR作戦行った際、現代美術家の西鉱二がデザインし地元産出大谷石業者によって無償制作されオブジェ餃子像」が設置されていた。ビーナス餃子の皮に包まれた姿を表現したユニークなもので、観光客人気撮影スポットとなっている。東口駅前整備工事のため2008年10月6日午前、駅の西口バスターミナル仮移転させる作業中に不手際から転倒、脚と胴体部分割れてしまった。落下させた業者負担割れた石の間ボルト通し、セラミックボンドで接着させるなどの修復作業を行うとともに表面全体薄く削り生えた身体シェイプアップさせた。修復され餃子像同月中には西口バスターミナル前への移転設置完了し式典には山田邦子も姿を見せた同時に国鉄駅構内販売機関がその沿革の中で「宇都宮駅駅弁発祥の地」としていたことに因み、「宇都宮餃子駅弁」が企画され現在も地元業者数量限定販売している。また宇都宮駅ホーム立ち喰いそば屋野州そば」には、餃子そばというメニューがあった。2005年平成17年3月廃止され、翌2006年平成18年)の同月閉場となった宇都宮競馬場には、「宇都宮餃子会長賞」という冠レースがあった(廃止直前は「宇都宮餃子会長リーディングジョッキー賞典」、赤字経営だった同競馬場支援する目的)。 秋に宇都宮餃子会を中心とする市民手作りイベント宇都宮餃子祭り」が定例化している。協賛餃子店(みんみんシンフー、青源など)が市街屋台開き1人前1皿100円餃子振る舞われ、また宇都宮ジャズの街でもあることから街角特設会場では同日ジャズ演奏が行われ、その中で一般市民観光客餃子食す。「宇都宮餃子祭り」は毎年 11月初旬土日行われている。 2000年代後期静岡県浜松市が独自調査結果から「餃子消費量日本一都市」を宣言して報道されていたが、2007年平成19年4月浜松市政令指定都市となって総務省統計局家計調査年報』」の調査対象となった結果2009年平成21年)の同調査で宇都宮市と浜松市年間餃子消費量は他の都道府県所在都市および全政令指定都市中で抜きん出て多く、ほぼ同等結果となった(宇都宮市4,187円、浜松市4,137円。以下、鹿児島市2,764円、千葉市2,673円、京都市2,662円、前橋市2,635円等。全国市町村平均は2,055円。)。2011年分の調査では、東日本大震災の影響浜松市抜かれ2位陥落した2018年平成30年)には、餃子店が5店集まる市内通り餃子通り名付け観光振興図っている。

※この「宇都宮市」の解説は、「餃子」の解説の一部です。
「宇都宮市」を含む「餃子」の記事については、「餃子」の概要を参照ください。


宇都宮市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 14:33 UTC 版)

国道408号」の記事における「宇都宮市」の解説

宇都宮市に入ると、上籠谷交差点重複していた国道121号は左に折れる。鐺山町交差点国道123号交差してからは2車線は続くが、幅員狭くなり曲率半径小さカーブ多く、山が道際まで迫る区間もある。宝積寺交差点手前塩谷郡高根沢町に入るとすぐに宝積寺交差点国道4号にあたり終点となる。

※この「宇都宮市」の解説は、「国道408号」の解説の一部です。
「宇都宮市」を含む「国道408号」の記事については、「国道408号」の概要を参照ください。


宇都宮市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 20:43 UTC 版)

基幹バス」の記事における「宇都宮市」の解説

宇都宮市はLRTのほかに東西交通として関東自動車による基幹バス導入構想がある。 導入区間JR宇都宮駅西口から桜通り間と駅東口から芳賀工業団地間の2箇所であり、主な内容は、西方面急行バスを、東方面特急バス運行するほか、連節バストランジットセンター導入するといった具合である。 しかしながら、市は都心部バス交通在り方に関して、「JR宇都宮駅から中心市街地への移動補完する鉄道サブシステム」と位置づけており、大通り所在するバス停を「鉄道駅準じた旅客施設」と捉えているほか、通りにはバスレーン設けられているため、大通り路線のみ事実上基幹バスシステム導入されているといえる

※この「宇都宮市」の解説は、「基幹バス」の解説の一部です。
「宇都宮市」を含む「基幹バス」の記事については、「基幹バス」の概要を参照ください。


宇都宮市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 00:27 UTC 版)

日本のプロテスタント教会一覧」の記事における「宇都宮市」の解説

宇都宮キリスト教会 日本バプテスト連盟(宇都宮市京町宇都宮教会日本基督教団:長老系) - 宇都宮市、1885年吉田信好、井深梶之助らの伝道により誕生宇都宮めぐみキリスト教会 四條町教会日本基督教団) - 宇都宮市西。1885年明治18年)、アメリカ・クリスチャン教会E・Cフライにより創設 宇都上町教会日本基督教団:ホーリネス系) - 宇都宮市富士見が丘1903年明治36年)、アーネスト・キルボルンにより創設

※この「宇都宮市」の解説は、「日本のプロテスタント教会一覧」の解説の一部です。
「宇都宮市」を含む「日本のプロテスタント教会一覧」の記事については、「日本のプロテスタント教会一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「宇都宮市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

宇都宮市

出典:『Wiktionary』 (2010/02/14 16:27 UTC 版)

固有名詞

うつのみやし

  1. 栃木県県庁所在地中核市

「宇都宮市」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宇都宮市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

宇都宮市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宇都宮市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇都宮市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの栃木県専修学校一覧 (改訂履歴)、餃子 (改訂履歴)、国道408号 (改訂履歴)、基幹バス (改訂履歴)、日本のプロテスタント教会一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの宇都宮市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS