職業能力開発促進法とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > 日本の法律 > 職業能力開発促進法の意味・解説 

しょくぎょうのうりょくかいはつ‐そくしんほう〔シヨクゲフノウリヨクカイハツソクシンハフ〕【職業能力開発促進法】

職業訓練職業能力検定内容充実させることによって、労働者職業能力を向上させ、職業安定を図るために定められた法律昭和33年(1958)に職業訓練法として制定され、昭和60年1985)の改正に伴い現名称に改称された。能開法。


職業能力開発促進法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/18 05:07 UTC 版)

職業能力開発促進法(しょくぎょうのうりょくかいはつそくしんほう、昭和44年法律第64号)は、職業訓練及び職業能力検定の内容の充実強化及びその実施の円滑化のための施策並びに労働者が自ら職業に関する教育訓練又は職業能力検定を受ける機会を確保するための施策等を総合的かつ計画的に講ずることにより、職業に必要な労働者の能力を開発し、及び向上させることを促進し、もって、職業の安定と労働者の地位の向上を図るとともに、経済及び社会の発展に寄与することを目的とする法律である。(同法第1条)






「職業能力開発促進法」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「職業能力開発促進法」の関連用語

職業能力開発促進法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



職業能力開発促進法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの職業能力開発促進法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS