雇い止めとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 雇い止めの意味・解説 

雇い止め

読み方:やといどめ
別名:雇止め雇い止雇止

使用者が、労働者との有期労働契約更新せずに、契約期間満了をもって労働者退職させること。

雇い止めは、有期労働契約において生じるものであり、無期労働契約では生じない。また、契約期間中に労働者退職させることは、雇い止めとはいわずに解雇という。

なお、厚生労働省では、『有期労働契約締結更新及び雇止めに関する基準』を策定し、雇い止めによるトラブル防止解決を図っている。

関連サイト
有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準について - 厚生労働省PDF

やとい‐どめ〔やとひ‐〕【雇い止め】

有期労働契約の期間満了時に事業主契約の更新拒否し、一方的契約終了させること。→派遣切り

[補説] 労働者保護観点から、使用者有期契約労働者に対して契約更新有無やその判断基準明示することや、契約更新しない場合には事前予告することなどが義務づけられている。


雇い止め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/16 19:31 UTC 版)

雇い止め(やといどめ)とは、期間の定めのある労働契約において、雇用期間が満了したときに使用者が契約を更新せずに、労働者を辞めさせることである[1]






「雇い止め」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雇い止め」の関連用語

雇い止めのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雇い止めのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雇い止め (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS