圧迫面接とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 面接 > 圧迫面接の意味・解説 

圧迫面接

圧迫面接とは、採用面接において、面接担当者がわざと意地の悪い内容質問厳し批判をしたり、威圧的態度とったりして、受験者受け答え観察評価する面接手法です。仕事上のトラブル顧客取引先からのクレームなどを想定し、受験者緊迫した状況どれだけ対応できるか、ストレス耐性や打たれ強さを見るために行われるといわれます。

圧迫面接

圧迫面接とは、転職活動において選考面接)を受ける際、 面接官から面接者への過度質問指摘威圧感のある 雰囲気面接指し言われます。
圧迫面接かどうか面接を受ける当人判断にもよりますが、 そのような場面においては相手指摘に対して過敏な対応は 避けた方が良いでしょう
圧迫面接を感じ場合には、「確か○○だと思います」「絶対○○です。」 などの表現避けた方が良いでしょう面接官からの質問指摘には 一歩引いて客観的回答し、まずは相手質問に対して誠実に答える という姿勢を貫く事をおすすめします。

圧迫面接

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 04:01 UTC 版)

圧迫面接(あっぱくめんせつ、英語:stress interview)とは、面接で受験者に対して、わざと意地悪な、もしくは威圧的な内容の質問や反論をし、これに対する応答・対応を評価する面接のことをいう。




「圧迫面接」の続きの解説一覧



圧迫面接と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「圧迫面接」の関連用語

圧迫面接のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



圧迫面接のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2022 Net Markers.Inc all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの圧迫面接 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS