早期優遇退職とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 退職 > 早期優遇退職の意味・解説 

早期優遇退職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/20 23:54 UTC 版)

早期優遇退職(そうきゆうぐうたいしょく)とは、事業または事業所における使用者(企業など)がリストラ(人員の削減)の一環として行なわれるものであり、予め使用者が退職における有利な条件(例えば退職金の割増支給)を示すことにより、事業所に雇われている労働者が自らの意思でこれに応じ労働契約の解除をすることを言う。




  1. ^ 例:早期退職優遇制度の実施結果および特別損失の計上に関するお知らせルネサス エレクトロニクス 2012年10月3日)。この例では、退職金の特別加算金や再就職支援等で約850億円の特別損失が発生している。
  2. ^ 早期退職はデキル人から立ち去るプレジデント社 2009年7月24日)
  3. ^ 国家公務員退職手当法施行令の一部を改正する政令について(概要)総務省人事・恩給局(2013年5月)


「早期優遇退職」の続きの解説一覧



早期優遇退職と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「早期優遇退職」の関連用語

早期優遇退職のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



早期優遇退職のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの早期優遇退職 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS