労働基準法による休日とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 労働基準法による休日の意味・解説 

労働基準法による休日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/04 07:14 UTC 版)

労働基準法による休日(ろうどうきじゅんほうによるきゅうじつ)とは、労働基準法等に基づき、労務を提供する労働者に、事業主が与えなければならない休日である。休日においては、労働者労働契約上、当初から労務提供義務が発生しない。休憩時間とは異なり労働者一斉に与える必要はなく、労働者個別に設定可能であるため、事業全体としては「24時間体制」ないし「年中無休」での運営をとることができる。


  1. ^ 野田進「「休暇」概念の法的意義と休暇政策─「休暇として」休むということ」、『日本労働研究雑誌』第625巻、労働政策研究・研修機構、2012年8月、 NAID 40019394013
  2. ^ 神吉知郁子「休日と休暇・休業」、『日本労働研究雑誌』第657巻、労働政策研究・研修機構、2015年4月。
  3. ^ 国民の祝日に労働させること自体は労働基準法違反ではないが、「国民の祝日の趣旨及び労働時間短縮の見地から、労使間の話し合いによって、国民の祝日に労働者を休ませ、その場合に賃金の減収を生じないようにすることが望ましいことはいうまでもないところである。」とされる(昭和41年7月14日基発739号)。


「労働基準法による休日」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労働基準法による休日」の関連用語

労働基準法による休日のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



労働基準法による休日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働基準法による休日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS