ニヒルとは? わかりやすく解説

ニヒル【(ラテン)nihil】

読み方:にひる

形動

虚無的虚無主義的ニヒリスティック。「―な思想

冷たく醒めていて、暗い影のあるさま。「―な男」「―な笑い


ニヒル

名前 NihillNikhil

ニヒリズム

(ニヒル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/27 04:24 UTC 版)

ニヒリズムあるいは虚無主義(きょむしゅぎ、: Nihilism: Nihilismus)とは、今生きている世界、特に過去および現在における人間存在には意義、目的、理解できるような真理、本質的な価値などがないと主張する哲学的な立場である。名称はラテン語: nihil)に由来する。


  1. ^ a b c 小坂国継,岡部英男 編著 『倫理学概説』ミネルヴァ書房、2005年、209頁。 
  2. ^ a b 田尻芳樹、海老根宏・高橋和久(編)「『ドリアン・グレイの画像』におけるニヒリズム」『一九世紀「英国」小説の展開』 松柏社 2014年、ISBN 9784775401910 pp.385-388.
  3. ^ 十代の間に広がる新たな人生観「陽気なニヒリズム」とは?” (日本語). GIGAZINE. 2022年11月27日閲覧。
  4. ^ (日本語) Optimistic Nihilism | Elias Skjoldborg | TEDxHarwoodUnionHighSchool, https://www.youtube.com/watch?v=hmRBzc0o71A 2022年11月27日閲覧。 
  5. ^ Sunny nihilism: 'Since discovering I’m worthless my life has felt precious'” (英語). the Guardian (2019年12月17日). 2022年11月27日閲覧。


「ニヒリズム」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニヒル」の関連用語

ニヒルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニヒルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニヒリズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS