フレキシキュリティとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > フレキシキュリティの意味・解説 

フレキシキュリティ

フレキシキュリティとは、柔軟性を意味するフレキシビリティFlexibility)と安全性を意味するセキュリティSecurity)を組み合わせ合成語で、雇用柔軟性担保しながら同時に手厚い失業保障によって労働者の生活の安定を図る政策のこと。デンマークオランダ失業率改善経済成長効果上げとされることから、雇用政策ブレイクスルーとして注目されています。

フレキシキュリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/25 03:26 UTC 版)

フレキシキュリティ: flexicurity)は、福祉国家における積極的労働市場政策モデル。 1990年代に社会民主党のデンマーク首相ポール・ニューロップ・ラスムセンデンマーク語版により、柔軟性を意味するflexibilityと安全を意味するsecurityを組み合わせた造語。 流動的な経済における労働市場の融通性[1]と、労働者社会保障の二つを組み合わせた政策を指す。




  1. ^ The term flexibility effectively encompasses two different models, on the one hand ‘numerical flexibility’, i.e. the idea of easier to hire and fire contracts as well as ‘functional flexibility’, closely linked to the concept of ‘knowledge society’ or ‘lifelong learning’ (LLL), whereby the European workforce is being prepared for a changing working life, where only a multitude of skills (polivalency) will ensure employment (Crouch, 1999).
  2. ^ See http://www.bm.dk/sw3792.asp. Another widely referred to definition is “… a degree of job, employment, income and combination security that facilitates the labour market careers and biographies of workers with a relatively weak position and allows for enduring and high quality labour market participation and social inclusion, while at the same time providing (2) a degree of numerical (both external an internal), functional and wage flexibility that allows for labour markets’ (and individual companies’) timely and adequate adjustment to changing conditions in order to maintain and enhance competitiveness and productivity.” Wilthagen and Tros (2004: 170)
  3. ^ a b c 東洋経済「デンマークとオランダが先鞭、EUが目指す柔軟な労働市場と雇用保障」
  4. ^ FT_com - Asia-Pacific - Japan ‘should adopt European labour model’
  5. ^ 「List of countries by unemployment rate」
  6. ^ 「国民の幸福度」世界一はデンマーク、日本は97カ国中43位。」
  7. ^ 日本経済新聞』2007年6月24日付 朝刊「労働者保護規制、緩いほど高就業率・OECD24カ国分析」
  8. ^ 若年層の失業者・非正規雇用対策
  9. ^ OECDの若年雇用政策報告書 「日本は若年層が安定的な職に就けるよう更なる対策が必要」
  10. ^ 麻生内閣で初の諮問会議開催、社会保障・税財政改革で年内に道筋
  11. ^ ただし、市場原理に従わない民間非営利セクターが大きな力をもち、福祉機能、すなわち社会を維持する役割を担っている
    雇用環境も福祉も欧米以下!日本は「世界で一番冷たい」格差社会
  12. ^ ジャン=ピエール・セレニ (2009年10月). “デンマーク福祉国家の動揺”. ル・モンド・ディプロマティーク. 2012年2月18日閲覧。
  13. ^ Denmark Unemployment Rate
  14. ^ a b http://www.tradingeconomics.com/denmark/wages
  15. ^ a b c http://homepage3.nifty.com/hamachan/roubenflexicurity.html
  16. ^ a b 内閣府 (2009-07). 平成21年度 年次経済財政報告 (Report). http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je09/09f31100.html. 
  17. ^ http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/bunka/koyou/dai9/siryou3.pdf
  18. ^ プレジデント07年12月号
  19. ^ http://money.cnn.com/gallery/news/economy/2013/07/10/worlds-shortest-work-weeks/
  20. ^ http://money.cnn.com/gallery/news/economy/2013/07/10/worlds-shortest-work-weeks/2.html
  21. ^ http://www.tradingeconomics.com/japan/wages


「フレキシキュリティ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フレキシキュリティ」の関連用語

フレキシキュリティのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フレキシキュリティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2019 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフレキシキュリティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS