労働ビッグバンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 労働ビッグバンの意味・解説 

労働ビッグバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/07 15:57 UTC 版)

労働ビッグバン(ろうどうびっぐばん)とは、第1次安倍晋三内閣において提唱された、労働市場改革の総称である。


  1. ^ a b c 竹中平蔵『「改革」はどこへ行った?―民主党政権にチャンスはあるか―』(東洋経済新報社2009年
  2. ^ 毎日新聞2006年12月19日
  3. ^ 経済財政諮問会議 2007.
  4. ^ a b c d 八代尚宏『労働市場改革の経済学 正社員「保護主義」の終わり』(東洋経済新報社、2009年)
  5. ^ 言論NPO 竹中平蔵氏 第4話:「社会主義を目指して改革を進めているのではない」
  6. ^ 「改革の配当」を活用して持続可能な経済システムの構築を
  7. ^ いまこそ小泉構造改革に学ぶとき―八代尚宏(国際基督教大学客員教授)”. 月刊誌『Voice』 (2012年9月18日). 2012年11月28日閲覧。
  8. ^ 竹中平蔵、幸田真音『ニッポン経済の「ここ」が危ない!―最新版・わかりやすい経済学教室』(文藝春秋社2008年


「労働ビッグバン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労働ビッグバン」の関連用語

労働ビッグバンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



労働ビッグバンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働ビッグバン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS