年功序列とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 年功序列の意味・解説 

ねんこう‐じょれつ【年功序列】

読み方:ねんこうじょれつ

勤続年数年齢が増すに従って地位賃金上がること。「―型賃金

「年功序列」に似た言葉

年功序列

バブル経済崩壊した1990年代以降それまで当たり前とされてきた年功序列や終身雇用あり方問われるようなりました。現在では成果主義との比較において、時代遅れの制度見なされている傾向あります。 しかし、人事制度実状を見ると、完全な年功序列型と成果主義型に二分できているわけではありません安易に年功序列の廃止決め前に自社人事制度抱え本質的な問題見極めることが重要です。ここでは、年功序列と成果主義との比較をはじめ、年功序列のメリット・デメリット、年功序列を廃止する場合注意点見ていきます

年功序列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/18 04:38 UTC 版)

年功序列(ねんこうじょれつ)とは、官公庁企業などにおいて勤続年数、年齢などに応じて役職や賃金を上昇させる人事制度・慣習のシステム。


  1. ^ a b c d e f g 榊原英資「強い円は日本の国益」東洋経済新報社、2008年、112-116頁
  2. ^ a b c d 波頭亮「経営戦略論入門」PHP研究所、2013年、178頁
  3. ^ a b c d 小田切宏之 『企業経済学』東洋経済新報社、2010年、387-394頁。ISBN 978-4-492-81301-0 
  4. ^ 三谷直紀『年功賃金・成果主義・賃金構造』
  5. ^ 逆に言えば、終身雇用よりも中途での転職のほうが一般的であれば、賃金は年齢に依存しなくなる(小田切 (2010))。
  6. ^ a b c 原田泰「人口減少の経済学」PHP研究所、2001年、178頁
  7. ^ 平成22年版労働経済白書p.194
  8. ^ 日本経済新聞』2011年12月25日付「定昇、見直し議論を」経団連、春季交渉で報告案 役割等級制など提示へ


「年功序列」の続きの解説一覧

年功序列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 06:46 UTC 版)

行司」の記事における「年功序列」の解説

三役格・4代木村玉治郎 1974年1月 3代木村正直2代式守伊三郎ごぼう抜きし、立行司昇格幕内格8代式守錦太夫 10代式守与太夫木村筆之助7代式守勘太夫抜き三役格に昇格三役格・8代式守錦太夫 1984年5月2代式守伊三郎抜き立行司昇格した

※この「年功序列」の解説は、「行司」の解説の一部です。
「年功序列」を含む「行司」の記事については、「行司」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「年功序列」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

年功序列

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:47 UTC 版)

名詞

ねんこうじょれつ

  1. 待遇地位付与する折、あげた功績出した成果考慮せずキャリア年齢判断材料する事

対義語


「年功序列」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「年功序列」の関連用語

年功序列のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



年功序列のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの年功序列 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの行司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの年功序列 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS