職業訓練とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 職業訓練の意味・解説 

しょくぎょう‐くんれん〔シヨクゲフ‐〕【職業訓練】

読み方:しょくぎょうくんれん

職業上必要な知識技能身につけさせること。国などが行公共職業訓練と、事業主が行事業内職業訓練とがある。


職業訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/08 19:54 UTC 版)

職業訓練(しょくぎょうくんれん)とは、労働者に対し、職業に必要な技能や知識を習得させることにより、労働者の能力を開発し、向上させるための訓練を言う[1][注 1]


注釈

  1. ^ 職業訓練の定義は、日本の職業訓練等を定める職業能力開発促進法には規定されていない。しかし同法の改名前の職業訓練法(旧職業訓練法)(昭和33年5月2日法律第133号)第二条第二項において【この法律で「職業訓練」とは、労働者に対して職業に必要な技能を習得させ、又は向上させるために行う訓練をいう。】と規定されている。
  2. ^ 職能訓練と呼ばれることもある。

出典

  1. ^ 厚生労働省職業能力開発局編『新訂版職業能力開発促進法—労働法コンメンタール8—』(株)労務行政、108頁、2002年。
  2. ^ a b c 職業能力開発総合大学校報告書 2011, p. 2.
  3. ^ 職業能力開発総合大学校報告書 2011, p. 1.
  4. ^ 「職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、職業能力開発校等の職業能力開発施設は、労働省所管の職業能力開発促進法に基づく訓練施設であり、学校教育法に基づく「学校」とは、全く異なる性格の施設である。(中略)生徒が職業能力開発施設と学校とを混同することのないよう御配慮願いたい。」(文部省生涯学習局生涯学習振興課長・寺脇研、文部省初等中等教育局職業教育課長・福島健郎、平成10年8月14日)
  5. ^ 「キャリア教育」、「職業教育」等の定義(文部科学省キャリア教育・職業教育特別部会(第1回)配付資料、p.49、平成21年1月16日)
  6. ^ ICTの活用による生涯学習支援事業- イギリスにおける実態調査 (Report). 文部科学省. https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/1308670.htm. 
  7. ^ a b 職業能力開発総合大学校報告書 2011, p. 81.
  8. ^ ICTの活用による生涯学習支援事業- フランスにおける実態調査 (Report). 文部科学省. https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/1308670.htm. 
  9. ^ 職業能力開発総合大学校報告書 2011, pp. 176, 182–185.
  10. ^ 天野正治、別府昭郎、結城忠 『ドイツの教育』東信堂、1998年、269頁。 
  11. ^ 職業能力開発総合大学校報告書 2011, pp. 128.
  12. ^ 天野正治、別府昭郎、結城忠 『ドイツの教育』東信堂、1998年、271-273頁。 
  13. ^ 職業能力開発総合大学校報告書 2011, pp. 130.
  14. ^ 天野正治、別府昭郎、結城忠 『ドイツの教育』東信堂、1998年、274頁。 
  15. ^ ドイツのインクルーシブ教育の現状”. 筑波大学附属聴覚特別支援学校. 2019年10月2日閲覧。
  16. ^ 天野正治、別府昭郎、結城忠 『ドイツの教育』東信堂、1998年、276頁。 
  17. ^ 天野正治、別府昭郎、結城忠 『ドイツの教育』東信堂、1998年、277頁。 
  18. ^ a b 天野正治、別府昭郎、結城忠 『ドイツの教育』東信堂、1998年、278頁。 
  19. ^ a b c 諸外国における教育訓練制度”. 労働政策研究・研修機構. 2019年10月2日閲覧。
  20. ^ 職業能力開発総合大学校報告書 2011, pp. 330–331.
  21. ^ 職業能力開発総合大学校報告書 2011, p. 333.
  22. ^ No.118 职业培训券&补偿式……_中国国際放送局”. japanese.cri.cn. 中国国際放送局. 2022年8月22日閲覧。
  23. ^ 厚生労働省職業能力開発局編『新訂版職業能力開発促進法—労働法コンメンタール8—』(株)労務行政、317頁、2002年。


「職業訓練」の続きの解説一覧

職業訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/19 21:19 UTC 版)

IRCAM」の記事における「職業訓練」の解説

一般人対象としたIRCAMソフトウェア講習会週末行われている。Max/MSPOpenMusic、Audiosculpt、Modalysなどの諸機能段階的に学ぶことが出来る。英語による講習一部開設されている。作曲家演奏家サウンドデザイナー音響技術者音響技師舞台関係者などが対象とされているが、受講資格は特に無い。

※この「職業訓練」の解説は、「IRCAM」の解説の一部です。
「職業訓練」を含む「IRCAM」の記事については、「IRCAM」の概要を参照ください。


職業訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 09:55 UTC 版)

山形刑務所」の記事における「職業訓練」の解説

職業訓練のうち、総合訓練を行う総合訓練施設全国に8施設)の一つ指定されており、総合訓練として、電気工事科、農業園芸科、溶接科、情報処理科数値制御機械科自動車科の6種目実施している。また、自庁訓練として、革工芸科線維デザイン科ビル設備管理科、フォークリフト転科4種目を実施している。職業訓練を行う施設として、山形刑務所修了証書授与する場合その他必要があれば出羽技能訓練所の名称を用いることができる。

※この「職業訓練」の解説は、「山形刑務所」の解説の一部です。
「職業訓練」を含む「山形刑務所」の記事については、「山形刑務所」の概要を参照ください。


職業訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 00:05 UTC 版)

武蔵野市」の記事における「職業訓練」の解説

以下は職業能力開発促進法規定された職業能力開発校である。 都立 東京都立多摩職業能力開発センター武蔵野校(旧武蔵野技術専門校

※この「職業訓練」の解説は、「武蔵野市」の解説の一部です。
「職業訓練」を含む「武蔵野市」の記事については、「武蔵野市」の概要を参照ください。


職業訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:58 UTC 版)

日本の刑務所」の記事における「職業訓練」の解説

受刑者等の作業に関する訓令」(法務大臣訓令に基づき30職種以上あり訓練修了者のうち,総合訓練施設において年間1,400時間以上の訓練修了した者には,厚生労働省職業能力開発局長から履修証明書発行されている。職業訓練の希望者多く極めて倍率は高いため、訓練受けられる場合まれであるまた、資格によっては免許証などの交付があるが、それらについては自弁での支払いとなる場合が多い。

※この「職業訓練」の解説は、「日本の刑務所」の解説の一部です。
「職業訓練」を含む「日本の刑務所」の記事については、「日本の刑務所」の概要を参照ください。


職業訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 09:20 UTC 版)

東京都立多摩職業能力開発センター」の記事における「職業訓練」の解説

普通課程(期間:1年自動車塗装精密加工情報制御システム建築設備機械組立技術科 計測制御システム電気工事若年者就業支援科(溶接コース短期課程(期間:6か月住宅リフォーム三次元CAD調理科 造園土木施工ビル管理科 庭園施工管理資格取得課程とも、修了する科目によって資格及び受験資格取得できる

※この「職業訓練」の解説は、「東京都立多摩職業能力開発センター」の解説の一部です。
「職業訓練」を含む「東京都立多摩職業能力開発センター」の記事については、「東京都立多摩職業能力開発センター」の概要を参照ください。


職業訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:12 UTC 版)

横浜市」の記事における「職業訓練」の解説

公共職業能力開発施設として、職業能力開発短期大学校が2校設置されている。 職業能力開発短期大学校 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構港湾職業能力開発短期大学校横浜校 県立神奈川県立産業技術短期大学校

※この「職業訓練」の解説は、「横浜市」の解説の一部です。
「職業訓練」を含む「横浜市」の記事については、「横浜市」の概要を参照ください。


職業訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 03:02 UTC 版)

川越少年刑務所」の記事における「職業訓練」の解説

全国8つある総合訓練施設一つであり、理容科、電気工事科、自動車整備科木工科、金属造形科総合左官科、畳科、情報処理科クリーニング科、建築塗装科、ボイラー転科小型車両建設機械科、フォークリフト転科数値制御機械科14種目実施している。

※この「職業訓練」の解説は、「川越少年刑務所」の解説の一部です。
「職業訓練」を含む「川越少年刑務所」の記事については、「川越少年刑務所」の概要を参照ください。


職業訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 09:37 UTC 版)

奈良少年刑務所」の記事における「職業訓練」の解説

職業訓練のうち、総合訓練を行う総合訓練施設全国に8施設)の一つ指定されており、総合訓練として、板金科、溶接科、配管科、クリーニング科、機械科電気工事科、建築科工芸科ホームヘルパー科、印刷科、左官科理容科、短期理容科、情報処理科農業園芸科、ビルハウスクリーニング科の16種目実施していた。

※この「職業訓練」の解説は、「奈良少年刑務所」の解説の一部です。
「職業訓練」を含む「奈良少年刑務所」の記事については、「奈良少年刑務所」の概要を参照ください。


職業訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/04 08:35 UTC 版)

福井刑務所」の記事における「職業訓練」の解説

職業訓練のうち、総合訓練を行う総合訓練施設全国に8施設)の一つ指定されており、総合訓練として、溶接科、電気通信設備科、内装施工科、農業園芸科、ホームヘルパー科、配管科の6種目実施している。

※この「職業訓練」の解説は、「福井刑務所」の解説の一部です。
「職業訓練」を含む「福井刑務所」の記事については、「福井刑務所」の概要を参照ください。


職業訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/25 04:23 UTC 版)

佐賀少年刑務所」の記事における「職業訓練」の解説

職業訓練のうち、総合訓練を行う総合訓練施設全国に8施設福岡矯正管区内〈九州沖縄地区唯一)の一つ指定されており、総合訓練として、溶接科(期間:1年アーク溶接技術検定ガス溶接技能講習など)、配管科、建築科(期間:1年 労働職業能力開発局長の履修証明書)、左官科(期間:1年 労働職業能力開発局長の履修証明書)、理容科(期間:2年理容師免許電気工事科(期間:1年第2種電気工事士免状消防設備士免許など)、ビル設備管理科、情報処理科(期間:6月基本情報技術者試験)、数値制御機械科(期間:6月)、CAD技術科、ビルハウスクリーニング科の11種目実施している。

※この「職業訓練」の解説は、「佐賀少年刑務所」の解説の一部です。
「職業訓練」を含む「佐賀少年刑務所」の記事については、「佐賀少年刑務所」の概要を参照ください。


職業訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 00:12 UTC 版)

表具」の記事における「職業訓練」の解説

表具表装店の愛知県表具内装組合連合会が運営する認定職業訓練による職業能力開発校として、表具工芸大学訓練校ひょうぐこうげいだいがくくんれんこう)がある。建築内装表具短期課程設置し、主に掛軸表装技能基礎専門知識能力開発実施している。毎年1月に、工芸表装美術訓練展を開催している。 所在地 : 愛知県田原市田原町馬洗 受講分野 : 認定職業訓練建築内装系の訓練 訓練科名・訓練年数 : 建築内装表具普通課程 3年 短期課程 1年 ほかにも、東京表具内装職業訓練校大阪府表具職業訓練校山口県表具内装高等職業訓練学校がある。

※この「職業訓練」の解説は、「表具」の解説の一部です。
「職業訓練」を含む「表具」の記事については、「表具」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「職業訓練」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「職業訓練」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「職業訓練」の関連用語

職業訓練のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



職業訓練のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの職業訓練 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのIRCAM (改訂履歴)、山形刑務所 (改訂履歴)、武蔵野市 (改訂履歴)、日本の刑務所 (改訂履歴)、東京都立多摩職業能力開発センター (改訂履歴)、横浜市 (改訂履歴)、川越少年刑務所 (改訂履歴)、奈良少年刑務所 (改訂履歴)、福井刑務所 (改訂履歴)、佐賀少年刑務所 (改訂履歴)、表具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS