レイオフとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > レイオフの意味・解説 

レイオフ【layoff】

不況による操業短縮などに際し、余剰となった従業員景気回復後に再雇用する条件一時解雇する制度日本では、一時帰休制の意に用いることもある。


レイオフ

「レイオフ」とは、「一時解雇」のことをいいます。業績悪化した際に一時的従業員解雇し、その後業績回復した時に再雇用するというものです。レイオフは主にアメリカカナダなど、北米企業において実施されている人事施策です。似たような用語に「リストラ」や「一時休業」などがあります

レイオフ

別名:一時解雇
【英】layoff

企業が、景気変動不況に伴い業績悪化した際、一時的人件費抑制のために自社都合労働者再雇用前提とした一時的解雇をする事。

・なお、企業業績回復時は、一時的解雇した労働者優先的再雇用する事を前提とするため、勤続年数の短い労働者からレイオフされ、再雇用時には勤続年数長い労働者優先される事が一般的である。また、一次解雇の間、人材流出防止するために、一定の手当支給するケースもある。

企業人件費抑制等の合理化策を実施する際には労働者解雇する事が最も効率的合理化となる。しかしながらあえてレイオフを実施する最も大きな理由は、長年勤務でしか養えない労働者経験やスキル・ノウハウの流出最小限留めることができるためである(そのために再雇用前提となる)。

・従って、レイオフを効果的活用するアメリカなどにおいても、製造業自動車産業等)を中心に活用されており、金融サービス等、スキル・ノウハウが各企業依存する要素の薄い業界では、合理化施策としてはレイオフではなく解雇選択する傾向がある。

日本の企業では、法的規制等、労働者保護観点からレイオフの活用事例少ない(類似施策として一時帰休等を活用する)。

ヨーロッパ諸国企業においても、労働組合労働委員会から賛同を得る事が困難なため、日本同様にレイオフの実施難しい。

関連ページ
人事制度
コミュニケーション領域

レイオフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/16 16:44 UTC 版)

レイオフ英語: layoff)または一時解雇(いちじかいこ)とは、企業の業績悪化などを理由とする一時的な解雇のことである。雇用を継続したまま一時的に出勤を差し止める一時帰休とは区別される。






「レイオフ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レイオフ」の関連用語

レイオフのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レイオフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2021 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2021 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレイオフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS