流出とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 流出 > 流出の意味・解説 

りゅう‐しゅつ〔リウ‐〕【流出】

[名](スル)

流れて外へ出ること。「事故廃液が—する」⇔流入

内部のものが、外部出て行ってしまうこと。「人口の—が著しい山」「優秀な頭脳海外へ—する」


転出(流出)

ある主権国家(305-3)の人口においては出発地(801-4)と到着地(801-5)が国内にある場合国内人口移動 1であり、国境を超え場合には国際人口移動 2である。国外移動 3という用語が後者の意味用いられることもある。国際人口移動は、焦点となる国が目的地出発地かによって入移民 4あるいは出移民 5呼ばれる国内地域分けられる時、各地域内の移動地域内移動 6であり、住居移動 6構成する一方地域間動きは、焦点となる地域移動者目的地であるか出発地であるかによって転入流入) 7あるいは転出(流出) 8呼ばれる移動流 9とは、共通の出発地目的地を持つ移動者集団流れである。二つ地域間大きい方流れ主流 10といい、小さい方の流れ反流逆流) 11という。


流出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 07:36 UTC 版)

流出(りゅうしゅつ)




「流出」の続きの解説一覧

流出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/16 20:10 UTC 版)

オガララ帯水層位置しているグレートプレーンズアメリカ合衆国有数の穀倉地帯である。小麦をはじめ大豆とうもろこし多く生産するこの地域は、しばしば「アメリカパンかご」(Breadbasket of America)と呼ばれるまた、全米有数の畜産地域でもある降水地表水少な乾燥地帯ありながら大規模な農業開発成功したのは、ひとえにオガララ帯水層地下水用いた灌漑よるものである。 この地域における灌漑農業始まったのは1911年のことである。1930年代に入ると電力ポンプ整備され本格的に灌漑が行われるようになった大規模な灌漑1950年代まで続いたこうした大規模な灌漑により、オガララ帯水層からの地下水の流出量は一気増加したオガララ帯水層からの地下水流出の要因として最も大きいものは前述のような灌漑よるものであるが、それに加えて自然に流出する地下水もある。この地域の何本かの川は地下水面よりも低いところを流れているそのため、これらの川に流れ込み結果としてオガララ帯水層への地下水涵養はならず、むしろ帯水層から流出することになってしまう。

※この「流出」の解説は、「オガララ帯水層」の解説の一部です。» 「オガララ帯水層」の概要を見る


流出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 04:58 UTC 版)

戦争時臨時徴兵ができる(ただし足軽部隊時のみかつその戦争につき1回のみ。後述のように籠城戦の場合は回数例外あり)。平時には他勢力下の城の民を自勢力下の城に引き入れる住民流出」が使用可能民衆への施しの際、効果補正掛かる

※この「流出」の解説は、「信長の野望・天翔記」の解説の一部です。» 「信長の野望・天翔記」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

流出

出典:『Wiktionary』 (2021/09/28 11:59 UTC 版)

名詞

りゅうしゅつ

  1. などが流れ出ること。
  2. 金銭などが他へ流れ出ること。

動詞

活用

サ行変格活用
流出-する

関連語


「流出」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



流出と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「流出」に関係したコラム

  • CFDのプラチナ相場の見方

    世界のプラチナ(白金)の年間採掘量は200トン前後です。金の年間採掘産量が4000トンなので、プラチナは金の約20分の1の量しか採掘されていません。下の図は、プラチナの生産量をグラフに表したものです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

流出のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



流出のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの流出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオガララ帯水層 (改訂履歴)、信長の野望・天翔記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの流出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS