灌漑農業とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 農業 > 灌漑農業の意味・解説 

灌漑

(灌漑農業 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 03:15 UTC 版)

灌漑(潅漑、潅溉、かんがい、: irrigation)とは、農地に外部から人工的供給すること。農作物の増産、景観の維持、乾燥地帯や乾期の土壌緑化する際などに利用される。他にも農業生産において、作物を霜害から守る[1]、穀物の畑で雑草を抑制する[2]、土壌の圧密を防ぐ[3]といった用途もある。対照的に直接的な降雨のみで行う農業乾燥農業と呼ぶ。灌漑システムは、塵の飛散防止、下水処理、鉱業などにも使われる。灌漑と排水は組み合わせて研究されることが多い。


  1. ^ Frost protection: fundamentals, practice, and economics – Volume 1 (PDF)”. Food and Agriculture Organization of the United Nations (2005年). 2010年8月24日閲覧。
  2. ^ Williams, J. F.; S. R. Roberts, J. E. Hill, S. C. Scardaci, and G. Tibbits. “Managing Water for Weed Control in Rice”. UC Davis, Department of Plant Sciences. 2007年3月14日閲覧。
  3. ^ Arid environments becoming consolidated
  4. ^ The History of Technology – Irrigation. Encyclopædia Britannica, 1994 edition 
  5. ^ Qanat Irrigation Systems and Homegardens (Iran)”. Globally Important Agriculture Heritage Systems. UN Food and Agriculture Organization. 2007年1月10日閲覧。
  6. ^ Encyclopædia Britannica, 1911 and 1989 editions
  7. ^ Amenemhet III”. Britannica Concise. 2007年1月10日閲覧。
  8. ^ Dillehay TD, Eling HH Jr, Rossen J (2005). “Preceramic irrigation canals in the Peruvian Andes”. Proceedings of the National Academy of Sciences 102 (47): 17241–4. doi:10.1073/pnas.0508583102. PMC 1288011. PMID 16284247. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1288011/. 
  9. ^ Rodda, J. C. and Ubertini, Lucio (2004). The Basis of Civilization - Water Science? pg 161. International Association of Hydrological Sciences (International Association of Hydrological Sciences Press 2004).
  10. ^ Ancient India Indus Valley Civilization”. Minnesota State University "e-museum". 2007年1月10日閲覧。
  11. ^ de Silva, Sena (1998年). “Reservoirs of Sri Lanka and their fisheries”. UN Food and Agriculture Organization. 2007年1月10日閲覧。
  12. ^ China – history. Encyclopædia Britannica,1994 edition 
  13. ^ Needham, Joseph (1986). Science and Civilization in China: Volume 4, Physics and Physical Technology, Part 2, Mechanical Engineering. Taipei: Caves Books Ltd. Pages 344-346.
  14. ^ Needham, Volume 4, Part 2, 340-343.
  15. ^ Needham, Volume 4, Part 2, 33, 110.
  16. ^ Siebert, S.; J. Hoogeveen, P. Döll, J-M. Faurès, S. Feick, and K. Frenken (2006-11-10). “The Digital Global Map of Irrigation Areas – Development and Validation of Map Version 4” (PDF). Tropentag 2006 – Conference on International Agricultural Research for Development. Bonn, Germany. http://www.tropentag.de/2006/abstracts/full/211.pdf 2007年3月14日閲覧。 
  17. ^ 「国民百科事典2」平凡社 p224 1961年4月30日初版発行
  18. ^ Irrigation in Africa in figures – AQUASTAT Survey – 2005 (PDF)”. Food and Agriculture Organization of the United Nations (2005年). 2007年3月14日閲覧。
  19. ^ 点滴灌漑 - 転職ワークペディア(2008年9月21日時点のアーカイブ
  20. ^ ILRI, 1989, Effectiveness and Social/Environmental Impacts of Irrigation Projects: a Review. In: Annual Report 1988, International Institute for Land Reclamation and Improvement (ILRI), Wageningen, The Netherlands, pp. 18 - 34 . On line: [1]
  21. ^ EOS magazine, september 2009
  22. ^ World Water Council
  23. ^ Drainage Manual: A Guide to Integrating Plant, Soil, and Water Relationships for Drainage of Irrigated Lands, Interior Dept., Bureau of Reclamation, (1993), ISBN 0-16-061623-9 
  24. ^ Free articles and software on drainage of waterlogged land and soil salinity control in irrgated land”. 2010年7月28日閲覧。
  25. ^ 農林水産省 かんがい施設遺産
  26. ^ 文部科学省 日本ユネスコ国内委員会 ユネスコ科学局の活動
  27. ^ Irrigators’ tribunals of the Spanish Mediterranean coast: the Council of Wise Men of the plain of Murcia and the Water Tribunal of the plain of Valencia - UNESCO Intangible Heritage
  28. ^ 朝日新聞2010年10月18日
  29. ^ 農林水産省 水土里の文化財
  30. ^ 土木学会選奨土木遺産HP
  31. ^ 機械遺産登録リスト
  32. ^ 全国棚田(千枚田)連絡協議会 『日本の棚田百選』


「灌漑」の続きの解説一覧




灌漑農業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

灌漑農業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



灌漑農業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの灌漑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS