CSRとは? わかりやすく解説

頸椎症性神経根症

読み方:けいついしょうせいしんけいこんしょう
別名:CSR
英語:cervical spondylotic radiculopathy

頸椎神経圧迫することによって炎症を起こす疾患加齢に伴う変形性脊椎症や、椎間板ヘルニアなどが主な原因とされている発生頻度比較的高い疾患だといわれている。

頸椎症性神経根症の主な症状には、首や四肢痺れ痛み脱力知覚過敏などがある。脊髄から2つ伸びる神経根片方圧迫されることが多いことから症状体の片側にのみ現れることが多い。姿勢によって、痛み和らいだり、逆に強くなったりすることもある。

頸椎症性神経根症の治療としては、薬剤投与神経ブロック温熱療法運動療法改善などの保存的な方法とられるのが一般的である。保存的療法自然に症状消失または改善する症例大部分だといわれているが、症状重く日常生活大きな影響をきたす場合には、手術による治療選択されることもある。

企業の社会的責任


CSR Customer Service Representative


CSR

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

CSR 【Corporate Social Responsibility】

企業が、その活動において利潤追求だけではなく法令を遵守社会的倫理尊重等を常に心がけ安全で良質なサービス提供するという「企業の社会的責任」のこと。欧米では、環境法令遵守コンプライアンス)、企業統治(コーポレイトガバナンス)など、幅広くCSRを捉え大企業中心に自主的な取り組み盛んだまた、CSRによる企業ブランド価値上は消費者顧客だけでなく、優秀な人材の確保にも有利であるとされ企業間競争力強化にもつながるといわれている。

企業の社会的責任

(CSR から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 02:56 UTC 版)

企業の社会的責任(きぎょうのしゃかいてきせきにん、: Corporate Social Responsibility; CSR)とは、企業が倫理的観点から事業活動を通じて、自主的(ボランタリー)に社会に貢献する責任のことである。


  1. ^ a b 「特集 - CSRの観点から問い直す市場の役割と責任」 (PDF) 『経済同友』2006年、3月号、経済同友会
  2. ^ CSRは法令遵守そのものや企業倫理PR活動CI活動とは峻別される。
  3. ^ 企業行動憲章 - 経団連
  4. ^ : consumer social responsibility
  5. ^ : citizen social responsibility
  6. ^ : social responsibility、略称:SR
  7. ^ JIS Z 26000 - 社会的責任に関する手引
  8. ^ 企業の社会的責任-欧州調査報告、アンケート調査結果- - 提言・意見書 2003年02月04日 経済同友会
  9. ^ a b 佐久間京子 「欧州レポート(15) EU各国で進むCSRの取り組みの現状と課題」 (PDF) - NIKKEI NET
  10. ^ いわゆる寄付、フィランソロピー、メセナと誤解・誤訳されることもある。これらはステークホルダーとの協業や共同参画を欠いている。実際、多くの大企業では、これら3つを担当していた部署が、そのままCSRを冠する部署になったケースが多い。
  11. ^ a b 日本企業のCSR:進捗と展望-自己評価レポート2006 (PDF) - 提言・意見書 2006年05月23日 経済同友会
  12. ^ 「企業の社会的責任 (CSR)」についてのアンケート調査 - 東京商工会議所
  13. ^ 廣瀬博「CSRを日本企業の「強み」にする」 (PDF) - 『経済Trend』2004年、11月号、60-61頁、日本経団連
  14. ^ 「二重の利を取り、甘き毒を喰ひ、自死するやうなこと多かるべし」「実の商人は、先も立、我も立つことを思うなり」
  15. ^ 「多くをむさぼると紛糾のもととなる」「不心得の一族は協議し、処分せよ」(宗竺遺書)
  16. ^ 「職務に由り自己の利益を図るべからず」「名誉を害し、信用を傷付くるの挙動あるべからず」「廉恥を重んじ、貪汚(どんお)の所為あるべからず」「我営業は信用を重じ、確実を旨とし、以て一家の鞏固隆盛を期す」
  17. ^ 「三方(売り手・買い手・世間)よし」
  18. ^ 「企業の社会的責任(CSR)に関する懇談会」中間報告書 (PDF) - 6-7頁、2004年9月、経済産業省
  19. ^ ISO 26000 – Social responsibility
  20. ^ : social responsibility、略称:SR。
  21. ^ ISO/SR国内委員会 - 経緯年表
  22. ^ : organizational governance
  23. ^ : human rights
  24. ^ : labour practices
  25. ^ : the environment
  26. ^ : fair operating practices
  27. ^ : consumer issues
  28. ^ : community involvement and development


「企業の社会的責任」の続きの解説一覧

CSR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:45 UTC 版)

2009年り地域社会貢献一部として、発展途上国図書館をつくり識字率高め活動ルームトゥーリード」に参加現社長の大串哲史は、経営者塾「創史塾」を立ち上げ後輩経営者学びの場与えている。創業間もない会社伸び悩んでいる経営者しか入れない

※この「CSR」の解説は、「オオクシ」の解説の一部です。» 「オオクシ」の概要を見る


CSR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 06:33 UTC 版)

地域連携センターなどにおいて、地域連携および職業実践教育行っているまちづくり学生参加による〈入間活性化プロジェクト」や「地域ゼミによる総合的キャリア教育」により、実際のまちづくり」を体験する活動が行われている。入間市所在する駿大ふれあいハウス」を地域拠点として、まちおこしイベントメディア制作IT化サポート市場調査インターンシップ保育ボランティアなど地域活性化学生参加行われた事業支援輝け!飯能プランニングコンテスト」が、産学連携事業の一環として始められ飯能地域活性化事業創出プランなどを発表するコンテスト実施された。 駿大の里山 飯能市中世より林業栄えた地域であり「森林文化都市宣言」を行っている大学建設時キャンパス内に森林を残すことを飯能市約しており、同市から無償貸与されている駿大」がキャンパス多く占める。環境省のエコツーリズムモデル事業地区選定文部科学省現代的教育ニーズ取組支援プログラムもあり、このを「駿大の里山」として整備保全する活動が行われている。「癒しの道」などの構築進められこれにより自然の中のランドスケープ形成している。

※この「CSR」の解説は、「駿河台大学」の解説の一部です。» 「駿河台大学」の概要を見る


CSR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:45 UTC 版)

2009年り地域社会貢献一部として、発展途上国図書館をつくり識字率高め活動ルームトゥーリード」に参加現社長の大串哲史は、経営者塾「創史塾」を立ち上げ後輩経営者学びの場与えている。創業間もない会社伸び悩んでいる経営者しか入れない

※この「CSR」の解説は、「オオクシ」の解説の一部です。» 「オオクシ」の概要を見る


CSR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:57 UTC 版)

同社2016年立ち上げた自然災害復興支援基金KiU PROJECT』で、売上げ一部寄付する活動行っているが、これは代表者中村俊也の、「常に天候向き合っている企業だからこそ自然災害が多い日本では、その使命がある」との考え基づく。 2020年4月新型コロナウィルス感染拡大に伴い4月売上げ前年同月80%減の逆境の中、大阪市松井一郎市長呼びかけ応じ、レインジャケットなど2,300着(4,900円のレインギア500着、4,300円のポンチョ1,800着)の無償提供行ったその様子が、5月17日Mr.サンデー報道された。 2020年5月30日日本財団推薦により紺綬褒章受章

※この「CSR」の解説は、「ワールドパーティー」の解説の一部です。» 「ワールドパーティー」の概要を見る


CSR

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「CSR」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

CSRのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CSRのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
テレマーケティングジャパンテレマーケティングジャパン
Copyright (C)TELEMARKETING JAPAN, INC
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCSRの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2022 Sanko-estate,All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの企業の社会的責任 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオオクシ (改訂履歴)、駿河台大学 (改訂履歴)、オオクシ (改訂履歴)、ワールドパーティー (改訂履歴)、三菱地所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS