常連とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 常連の意味・解説 

じょう‐れん〔ジヤウ‐|ヂヤウ‐〕【常連/定連】

読み方:じょうれん

その興行場遊戯場飲食店などに、いつも来る客。常客。「画廊の―となる」

いつも連れだって一緒に行動する仲間。「―と応援出かける

「常連」に似た言葉

常連

作者清水義範

収載図書袖すりあうも他生の縁
出版社角川書店
刊行年月1997.7
シリーズ名角川文庫


常連

作者藤木稟

収載図書酒の夜語り異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2002.12
シリーズ名光文社文庫


常連(じょ、うれ、ん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/11 23:03 UTC 版)

とりきっさ!」の記事における「常連(じょ、うれ、ん)」の解説

喫茶店「とりきっさ」の常連。スズメの姿に濃いすね毛生えた人間の足を持つ羽手種スズメトリビト男性兄弟3羽。店によく来るスズメで、ことあるごとに問題を起こすトラブルメーカー

※この「常連(じょ、うれ、ん)」の解説は、「とりきっさ!」の解説の一部です。
「常連(じょ、うれ、ん)」を含む「とりきっさ!」の記事については、「とりきっさ!」の概要を参照ください。


常連(じょうれん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/27 01:10 UTC 版)

サルビアの海」の記事における「常連(じょうれん)」の解説

さるびあ丸」には先生他に3人常連がいる。一人小太りの男、一人麦わら帽子かぶっており、もう一人自称名人」。自称名人には妻と娘がいる。麦わら帽子の男は26話で「ムギワラ」というハンドルネーム使っていた。

※この「常連(じょうれん)」の解説は、「サルビアの海」の解説の一部です。
「常連(じょうれん)」を含む「サルビアの海」の記事については、「サルビアの海」の概要を参照ください。


常連

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 16:15 UTC 版)

FUTURESCAPE」の記事における「常連」の解説

競争率激しい中、頻繁に投稿採用されるリスナーは『常連』と呼ばれるラジオネームと共に読まれる性別年齢職業出身地家族構成などに加え投稿内容含まれる情報などから、小山柳井を初めとする番組スタッフも、常連のリスナーそれぞれの人間像を持っており、投稿読まれるとき以外のトークにも、しばしば名前が登場する。なお、常連と認定される採用回数頻度に特に規定はいとされている。 小山投稿採用に関して、「常連ばかり採用すると不満が出るかもしれないので、投稿読めない週もあるが、例え番組内読めなくても常連は解ってくれている」という内容発言をしている。それに対してカリスマリスナー「綾瀬市のヒロエ」は「解ってます」と返答互いの絆を確認するとなった

※この「常連」の解説は、「FUTURESCAPE」の解説の一部です。
「常連」を含む「FUTURESCAPE」の記事については、「FUTURESCAPE」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「常連」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「常連」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



常連と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「常連」の関連用語

常連のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



常連のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのとりきっさ! (改訂履歴)、サルビアの海 (改訂履歴)、FUTURESCAPE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS