スズメとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > スズメ > スズメの意味・解説 

スズメ

作者辺見庸

収載図書傷んだハートにこんなスチュウ
出版社世界文化社
刊行年月1992.8

収載図書ゆで卵
出版社角川書店
刊行年月1995.12

収載図書ゆで卵
出版社角川書店
刊行年月1998.10
シリーズ名角川文庫

収載図書銀糸の記憶辺見庸掌編小説集 白版
出版社角川書店
刊行年月2004.9


スズメ

作者内海隆一郎

収載図書だれもが子供だったころ
出版社毎日新聞社
刊行年月1994.6


スズメ

スズメ
スズメ

映像ファイルをダウンロードして再生することができます



読み方:スズメ(suzume)

ハタオリドリ科

学名 Passer montanus


スズメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 08:50 UTC 版)

スズメ、すずめ、学名 Passer montanus )は、スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類の1種。人家の近くに生息する小である。


  1. ^ a b IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2. (Passer montanus)” (英語). IUCN. 2012年1月2日閲覧。
  2. ^ a b 『日本鳥類目録 改訂第7版』日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会、2012年、343頁。ISBN 978-4-930975-00-3
  3. ^ a b c d e f g h i Clements, James (2007). The Clements Checklist of the Birds of the World (6th ed.). Ithaca, NY: Cornell University Press. p. 603. ISBN 978-0-8014-4501-9 
  4. ^ Brazil, Mark (2009). Birds of East Asia. Princeton University Press. p. 446. ISBN 978-0-691-13926-5 
  5. ^ 日本の鳥550 山野の鳥 (2004)、264頁、325頁
  6. ^ a b c d e f 高野伸二 『カラー写真による 日本産鳥類図鑑』、東海大学出版会、1981年、382頁。
  7. ^ a b 野山の鳥 (2000)、149頁
  8. ^ 橋本太郎「農村地帯に於けるスズメ群の生態 第一報 野外個体群の年令及び性の識別について」『鳥』第17巻第79号、日本鳥学会、1962年12月、 163-171頁、 NAID 40018168848
  9. ^ 日本の鳥550 山野の鳥 (2004)、323-325頁
  10. ^ a b c 蒲谷鶴彦、松田道夫 『日本野鳥大鑑 鳴き声333 (下)』、小学館、1996年、136-137頁。
  11. ^ a b スズメの標識回収の検討(1924~'43) 山階鳥類研究所研究報告 Vol.4 (1964-1966) No.5 P397-402
  12. ^ 釣具店で売っているフナ釣り用の練り餌でもよい。
  13. ^ a b 三省堂編修所・吉井正 『三省堂 世界鳥名事典』、三省堂、2005年、290頁。ISBN 4-385-15378-7
  14. ^ a b c d 小海途銀治郎、和田岳 『日本 鳥の巣図鑑 - 小海途銀次郎コレクション』、東海大学出版会、2011年、294-295頁。ISBN 978-4-486-01911-4
  15. ^ 農商務省農務局「雀類ニ関スル調査成績」『鳥獣調査報告 第一號』農商務省、1923年
  16. ^ 松井晋・笠原里恵・三上かつら・森本元・三上修「秋田県大潟村でみつかったスズメの9卵巣」『Strix』27巻、日本野鳥の会、2011年、83-88頁
  17. ^ 広島県にて発見された事例
  18. ^ a b 唐沢孝一 「ねぐら観察の愉しみ」 『BIRDER』 第17巻10号(通巻201号)、文一総合出版、2003年、34-35頁。
  19. ^ 越川重治 「ねぐらを知る愉しみ」 『BIRDER』 第17巻10号(通巻201号)、文一総合出版、2003年、30頁。
  20. ^ Anderson, Ted R. (2006). Biology of the Ubiquitous House Sparrow: from Genes to Populations. Oxford: Oxford University Press.
  21. ^ Torda, G.; Liker, A.; Barta, Z. (2004) Dominance hierarchy and status signalling in captive tree sparrow (Passer montanus) flocks. Acta Zoologica Academiae Scientiarum Hungaricae 50(1): 35–44
  22. ^ Siriwardena, G.M., Baillie, S.R. & Wilson, J.D. 1998. Variation in the survival rates of some British passerines with respect to their population trends on farmland. Bird Study 45: 276-292.
  23. ^ [1]鳥類アトラス
  24. ^ 小林清之介 「スズメの四季」、文藝春秋新社、1963年。
  25. ^ 今井絢子ほか 「都市近郊で繁殖するチョウゲンボウによるスズメの捕食」『群馬県立自然史博物館研究報告』第14号、群馬県立自然史博物館、2010年、 45-50頁。
  26. ^ a b 庭で楽しむ野鳥の本 (2007)、13-14頁
  27. ^ 三上修「日本にスズメは何羽いるのか?」『Bird Research』第4巻、バードリサーチ、2008年、 A19-A29。
  28. ^ 三上修「日本におけるスズメの個体数減少の実態」『日本鳥学会誌』第58巻第2号、日本鳥学会、2009年10月24日、 161-170頁、 NAID 10029858868
  29. ^ a b c ひと目でわかる野鳥 (2010)、223頁
  30. ^ 日本におけるスズメ個体数の減少要因の解明:近年建てられた住宅地におけるスズメの巣の密度の低さ Bird Research Vol.9 (2013) p.A13-A22
  31. ^ 三上修. “スズメの個体数推定、およびスズメの個体数減少に関する情報”. 2012年9月2日閲覧。
  32. ^ 飯田繁「九州における狩猟鳥獣の変化に関する研究」『九州森林研究』第57号、九州森林学会、2004年3月、 34–38。
  33. ^ 三上修「「原著論文」スズメはなぜ減少しているのか? 都市部における幼鳥個体数の少なさからの考察」『Bird Research』第5巻、バードリサーチ、2009年、 A1-A8、 NAID 130000119945
  34. ^ 三上修「スズメを日本版レッドリストに掲載すべきか否か」『生物科学』第61巻2、日本生物科学者協会、2010年2月、 108-116頁、 NAID 40016974373
  35. ^ 池田(1961)日本の野鳥。鳥の生態とハンター・ガイド
  36. ^ 50年前の1/10ってホント?スズメ激減のナゾ
  37. ^ a b スズメが肩にひらり、そのまま家族の一員に 深谷の夫婦宅で飛び回る 埼玉新聞 2016年 1月22日(金)10時35分配信 2016年1月24日閲覧
  38. ^ 路上にスズメのヒナ、「死んでしまう」と保護/すくすく“成鳥”、家族のアイドルに=田代町の貫見君、姉弟と飼育 2004.08.15 朝刊 (全394字) 南日本新聞社
  39. ^ 元警察官・有城さんの半生、児童本に 傷ついた小動物世話=滋賀 2009.07.06 大阪朝刊 26頁 写有 (全833字) 読売新聞
  40. ^ 傷病鳥獣保護ボランティア募集--25日まで申し込み /栃木 2002.06.17 地方版/栃木 23頁 (全474字) 毎日新聞
  41. ^ [ひと紀行・かながわ街物語]野生動物ボランティアセンター=神奈川 2009.10.11 東京朝刊 22頁 写有 (全2,004字)  読売新聞
  42. ^ a b 「巣から落ちたヒナ、どうすればいい?」問い合わせ殺到 危険なければそのままに 1994.05.21 東京朝刊 25頁 多摩 図有 (全1,336字) 産経新聞
  43. ^ 演劇博物館編『国劇要覧』梓書房(1932)
  44. ^ a b 唐沢孝一 『スズメのお宿は街のなか』 中央公論社〈中公文庫〉、1989年、234頁。
  45. ^ Summers-Smith, J. Denis (1988). The Sparrows. illustrated by Robert Gillmor. Calton, Staffs, England: T. & A. D. Poyser. ISBN 978-0-85661-048-6. https://archive.org/details/sparrowsstudyofg0000summ , p.217
  46. ^ 11 肉類」『日本食品標準成分表』編:文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会、2015年12月25日、2015年版(七訂)。ISBN 978-4-86458-118-92017年9月10日閲覧。
  47. ^ 朝チュン(あさちゅん)とは?(意味) 用語集 numan
  48. ^ ナイショの恋の課外授業『全部教えて、先生。』寸止め&朝チュンじゃなくて、ヒミツなシーンも全部見せます!? ダ・ヴィンチニュース
  49. ^ 勇者を孕みたい美女が殺到「世界を救うために亜人と朝チュンできますか?」1巻 コミックナタリー
  50. ^ にしちゅんの部屋西東京バスHP 2016年2月28日閲覧
  51. ^ 仙台市交通局 icsca2016年2月28日閲覧
  52. ^ 中國哲學書電子化計劃字典”. 平成30-09-12閲覧。
  53. ^ a b スズメ”. 日本野鳥の会京都支部. 2017年2月11日閲覧。


「スズメ」の続きの解説一覧

スズメ

出典:『Wiktionary』 (2017/06/10 15:37 UTC 版)

名詞

スズメ

  1. スズメ目スズメ科スズメ属留鳥で、人の居住するところ普通見られる体長14~15cmほど。背中茶色模様少し混ざり、腹部淡い茶色をしており、に黒班がある。欧米では近縁イエスズメがよく見られる学名:Passer montanus


翻訳




スズメと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スズメ」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

スズメのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スズメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
オーエンオーエン
Copyright (C) 2002-2020 Oen Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスズメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスズメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS